家探し

2008年3月11日 (火)

物件探し20:義父母のチェック

物件探し19:銀行ローン相談の続きです。

■2007年11月17日(土)
10時に設計士のNさん、義父母と待ち合わせて、10時半より一緒に物件の内覧をしてもらいました。

結果、義父母にも大変気に入って頂けました!^^
この中古物件を購入してリフォームという流れで進めることにしました。
今回で「家探し編」は終了として、次回より「リフォーム編」にしようと思います。

これまで名前出してなかった設計事務所と設計士さんの名前を、これ以降実名で書いていきます。
設計事務所は川越設計事務所、設計士は中川さんです。
元大手HMのベテランの方です。


昼食の後、13時半に地元信金にアポを取っていたので話を聞いてきました。
リフォーム分も一本のローンに出来ると言ってんだけど、ホントかな〜。
関西アーバン銀行は営業エリアがネックになりそうなので、まあとりあえずりそなと、相見積もりじゃないけど、条件比べながら進めることにしました。

更に16時に晴海デザインセンター(現:住まいづくりナビセンター)でファイナンシャルプランナーのアポ取ってたんでまた移動です。
まあ資金計画に無理はないでしょうとお墨付きは頂きました。
が、一本化した場合にも不動産とリフォームで支払時期が違う(リフォーム工事に入るのは2008年になってから)ので、一括じゃなく分割実行される事になった場合、、年内に融資が終わってない事になると2007年では住宅ローン減税が受けられない可能性がある旨指摘されました。
なるほど、ココは要確認です。

リフォーム工事1:住宅ローン事前審査1へ続きます)

2008年3月 9日 (日)

物件探し19:銀行ローン相談

物件探し18:中古物件の続きです。

■2007年11月14日(木)

第一候補の中古物件をベースに、銀行にローンの相談をしに行ってみました。
初めから予算は低めに設定してましたので、金額的には問題なさそうです。

今回のケースの問題点は、リフォームを伴う点です。
不動産屋でリフォームしたものを買うのなら問題ないんですが、今回は自分でリフォームするので、リフォームのローンも住宅ローン減税の対象にするには「一旦中古物件を買ってそこに居住してからリフォームを行う」という形を取らなければいけないようです。
ということで、基本的には2本立てになるはずです。
そして、リフォームローンの利率は高めみたいなので、自己資金は主にリフォーム費用に投入するんだろうと思われます。

もう一点、この物件には売主がまだ住んでいるので、実際に引き渡されるのは年明け1月になります。
住宅ローン減税の条件には、「年末の時点で居住してること」というのがあるので、普通に考えたら今年は適用されません。
居住の事実が無くても住民票写せるのかというとやっぱ、普通に考えたら「良い」か「悪い」かで考えたらダメなんでしょう。
2007年か2008年かで住宅ローン減税合計最高控除の限度額が40万も違うんで、何とかなるものなら何とかしたいですが。。

で、今回行ってきたのは下記2つの銀行です。

○りそな銀行
現在の給与振込み口座があって財形貯蓄もやってます。
ここの場合、中古物件のローン申請をして、その後でリフォームローンの申請をすることになると思われます。
説明はしたのだけど、リフォームローンの話はあまり聞けませんでした。

○関西アーバン銀行
こちらは、調べた限り唯一「中古物件+リフォーム」のセット商品があります。
中古物件ローンの本審査のときにリフォームローンの仮審査をして、先にリフォーム分の枠だけは確保できるということの様です。
2本立てになることは変わり無いけど、手続きが多分楽にはなと思います。印紙代くらいは浮くのかな?
「リフォームローン通らなかったらどうしよう」という心配も完全フリーと言えると思うので、安心感がありますね。
但しこちらの銀行は東京には日本橋と新宿にしか店舗がなく、今回の物件に適用できるかどうか(営業エリアと判断されるかどうか)は微妙なラインです。

この他にも、設計事務所に候補として上げて貰ったのは、地元密着の信用金庫。
こちらはまだ直接話してません。

ちょっと聞いてみたら、優遇とか入った後の実際の利子は、本審査に至らないと分からないような事を言われました。
利子をどんだけ勉強してくれるかで相見積もり取りたいんですけどね〜

いずれにせよ、どれも元利金等払い(支払額が均等で、当初は利子分が大きいのでなかなか元金が減らない。総返済額は大きい。)になるっぽいです。
元金均等払い(元金を均等に減らすので最初の支払い額は大きいが、総返済額は小さい)が選べる銀行自体少ないみたいです。

物件探し20:義父母のチェックへ続きます)

2008年3月 8日 (土)

物件探し18:中古物件

久し振りの更新です^^;

物件探し17:中古物件への続きです。

物件探し17で書いた【中古住宅2】について。

スペックも少し書きますと、

  • 土地:40坪弱
  • 建築面積:50平米弱
  • 延床面積90平米弱

延床は広いとは言えないかもだけど、まあ賃貸暮らし長いし、こんくらいで良いんじゃないかと思ってます。
いくばくかの庭が確保できてることが重要です^^

1Fは10畳超のLDKと6畳キッチン、2Fは6畳洋室2つと和室が一つ。
1FLDKは希望よりちょっと狭めなので、和室を減らして更に「リビングの中に和風スペースがある」みたいな感じにしたいなと思いました。
風呂場が0.75畳、いわゆる「1612」で狭いので、これは広くしたい。

価格的には、建物ぶっ壊して土地だけで売っててもそれくらいするんじゃないか、という値段と思います。

南側、庭の向こうは畑ですが、肥料の匂いは大丈夫じゃないかという話。
ただし虫は出るでしょうとの事だけど、まあ誘蛾灯とかアースノーマットとかで対応するのかな。
そういや実家でも夏になると誘蛾灯使ってた頃があった気がする。

周りは住宅地で、新興じゃない土地のはずだけど、なぜか町並みはそんなに古い感じはしません。
周りの家も同時期、つまり14年前に同じ会社で建てられたみたいです。でも建売というか注文住宅に近かったみたいで、見た目は全然揃ってません。これは私的にはプラスポイント^^

まだ売主が住んでるので内覧した際に会ったんですが、親よりも高齢のじいさんでした。
ちょっと酒が入ってたみたいでそのせいもあったんでしょうが、元気の良い爺さんで結構気に入りましたw
なんで売る気になったのかも気になるところですが、どうも支払いが滞ってるらしい。その年齢でなんで13年前に建てたのかは分かりませんが、安く感じたのは急いでるのが原因かも知れません。

中古の場合、はがしてみたら土台が痛んでたなんてことになると予算が跳ね上がるんじゃないかと心配してましたが、設計士さんにも一緒に内覧してもらった感じでは、工事自体はしっかりしてるとのこと。売主の話ではベタ基礎らしいし、ちょと不安は軽減されました。

まだ売主が住んでいるために、最速でも引渡しは1月。
そしてリフォームにも住宅ローン減税を適用させるには、一旦住んでからリフォームするという形を取らねばならない為、住宅ローンは2本立てになります。

次の土曜に義父にも見てもらうことにしました。
義父が気に入ってくれると良いんですが。

物件探し19:銀行ローン相談へ続きます)

2008年2月26日 (火)

物件探し17:中古物件へ

物件探し16:再開の続きです。

■2007年11月10日(土)
午前中は、晴海デザインセンター(現:住まいづくりナビセンター)に「住まいの計画書作り」の最終回を受けに行きました。
(2回目の記録が残ってないんですが^^;多分10月末くらいに行ってるはずだと思います^^;)
最終回ということで、いろいろまとめの言葉を頂きました。
自分達の志向を簡潔にまとめると、「食と音楽を楽しめる明るい家」という事になるようです。
食と音楽はまあ自覚あったけど、言われてみれば日当たりもかなり重視してるなあと自覚させられました。この後間取りとか考えるのに影響を受けました。
「完成して、さあ住んで下さい、という家よりも住みながら手を入れて行くのが好きなんじゃないですか」という言葉が印象的でした。外溝とか細かい棚とかは後で自分でやればいいか、と思う様になりました^^

午後からは、前回(物件探し16:再開)書いた2つの物件、【中古住宅2】と【中古住宅3】を見に。
この2つを比べると、【中古住宅2】の方が開けたエリアで治安的にも安心感があります。
【中古住宅2】にはまだ売主が住んでいましたが、設計士のNさんと一緒に内覧させてもらいました。
Nさんにあちこちチェックしてもらいました。
外から見た感じでも築年数の割りに綺麗だと思ってましたが、中からみてもかなりしっかりしててフローリングの軋みとか傷も見当たらず、好印象です。

【中古住宅2】は2週間以上前に見つけて内覧は始めてで、結構時間経ってます。
良く「不動産との出会いは結婚みたいなものだ」と言われますが、ビビっと来た訳でもないし、運命的な出会いでもないしw
まあ、嫁との出会いも別にビビっと来てないし、こんなものでしょうかw
ということで、今度はこの物件を第一候補として検討することにしました。

物件探し18:中古物件へ続きます)

2008年2月24日 (日)

物件探し16:再開

物件探し15:断腸の思いの続きです。

■2007年11月8日(木)
平日夜ですが、10日ほど開いてこの日久しぶりに物件を見に車で出かけました。

・【中古住宅2】
駅から2キロくらい(物件探し12:買付証明どうする?2参照)
ここにするなら、中古のままリフォームする方針。

・【中古住宅3】
【中古住宅2】とは駅反対側の比較的暗いエリアだけど、大きな道からちょっと入ったところで、そんなに暗くない。
駅からの距離は2キロと、【中古住宅2】と同じくらい。両隣は家建ってるけど南側の奥は畑になってて開放的なのもと共通。畑越しに大きな店が煌々と光っていてなんとなく夜も安心感がある。
ここにするなら、壊して新築で立て直す方針。。

・【土地8】
【中古住宅2】とは同じ側だけど駅から4キロ。安いから一応行ってみました。
広々として燻製やBBQには良さそうでしたが、さすがに遠すぎ&暗すぎでした^^;

物件探し17:中古物件へへ続きます)

2008年2月20日 (水)

物件探し15:断腸の思い

物件探し14:魅惑の変形地の続きです。

■2007年10月27日(土)
連日、朝から【土地7】へ。
休日昼間の交通量は、私的には全く問題ありません。
今日はちょっとしたお菓子を持って隣の総菜屋さんへ突撃インタビュー。(昨日も顔は出したけど、不動産屋にも相談した上で手ぶらで行ってました)

  • 排気ガスに関しては、洗濯物は普通に干せてる
  • 高圧線について、テレビは共通アンテナから引けるから電波障害とかはない
  • 昼間の交通量は平日は週末より多い

私は平日昼間は家に居ませんが、その時間帯の交通量に関して家内が気になるというなら、まあ折れるべきなのかも知れません。

昼に義父と待ち合わせ、一緒に【土地7】を見てもらいました。
そしたら、予想以上の猛反対を受けました^^;

  • 変形地
  • 交通量

について指摘されました。
川と変形地に関しては、反論しようと思えば出来たんですが、交通量に関しては感覚の問題なので。。
後々気持ち良く遊びに来てもらいたいし、議論にはしたくなかったのでご意見は大事に受け止めてキャンセルする事にしました。
今となってみれば家内は後ろ向きというより嫌がってたかと思いますので、無理に進めずに止めて良かったと思っています。

が、当時内心では不満でしたし、落胆もしました。

この一ヶ月ちょっとの間に随分駆けずり回りましたが、家内にしてみれば急な展開だし、休日殆ど引きずり回されてかなり疲れて居たようです。
ということで、ちょっと一息入れてペースダウンして続けようと話し合いました。
この日は2人だけでプチ打ち上げをしました。

物件探し16:再開へ続きます)

2008年2月17日 (日)

物件探し14:魅惑の変形地

物件探し13:【土地7】の続きです。

■2007年10月26日(金)
現在トップ候補の【土地7】についてのメリット/デメリットは以下の通り。
メリット

  • 変形地
  • 川に面している
  • 坪単価が回りより安い

デメリット

  • 変形地
  • 川に面している
  • 上を高圧線が通っている
  • バス通りに面していて交通量が多い

うーん、こうして書き出してみるとデメリットの方が多いみたいですが^^;
「不動産に掘り出し物はない」と言いますが、「他の人のデメリットが自分にとってデメリットでない」場合、自分にとっては掘り出し物になり得る、と考えています。
この場合、川と変形地ってのが私にとってこれに当たっていると思います。

デメリットの中で最大の問題は、交通量です。
仕事の休みを取って、朝の交通量を確認しに出かけました。
私的には想定の範囲内でしたが、家内にとっては予想以上の交通量だったみたいで、気にしています。
夕方に改めて、K設計事務所のNさんと、取り扱ってる不動産屋と4人で現地を確認しました。
雨が降っているせいもあり、夕方も結構交通量があります。
私は、実家が田舎ながらにバス通り沿いだったのでそんなに抵抗ないんですが、家内はやはり気にしています。

更に、ネットで調べた結果、斜め向かいのコンビニはまもなく閉店する事が分かりました^^;
まあ数百メートル行けば他のコンビニがありますが。

物件探し15:断腸の思いへ続きます)

2008年2月16日 (土)

物件探し13:【土地7】

物件探し12:買付証明どうする?2の続きです。

■2007年10月25日(木)
前回(物件探し12:買付証明どうする?2)書いた【土地7】の買付証明が切れて、交渉権を獲得!
この時点で、【土地7】が私の中で一番上位になりました。
そこで、買付証明を出していた【新築建売1】について、まだ期限には2日ほどありますが、もう夜だったのでとりあえず不動産屋Aさんに丁寧にお断りのメールを出しました。

実は【新築建売1】について一番ネックになっていたのは、共有の私道部分でした。
経験者にもいろいろ話を聞いたりした上で、「お隣が良い人だったら良いけど、変な人が来ちゃったらこういう境界の曖昧なスペースはやっかいな事になるリスクがある」、という考えになりました。
この物件を諦めた時点で、新築建売の線は消えました。逆に言えば、実際それ程迄に気に入って居ました。
私は元々似たような家の並んでる住宅地には抵抗があったのですが、家内は世代の近い人が住んでいるであろうという点で前向きでした。ですが、この物件で共同の私道がネックになった点から、この後の土地探しにおいても新しく造成した宅地はほぼ候補から外れました。
私達の家探しの、大きなターニングポイントでした。

ということで、新しい要望が加わりました。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
・最寄駅は譲れない。駅までは自転車通勤でも構わないので、目当ての駅に2キロまで。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。
・共有の私道のような土地が無いこと

実は前日のウチに、【新築建売1】を紹介してくれていた不動産屋Aさんには正直に迷いが有る旨メールしていました。
その為でしょう。本日のメールを送信したばかりのタイミングで、不動産屋Aさんが上司の方と一緒に私の自宅に来られました。
土地の目星付けてる事は伏せましたが、注文住宅を含めて検討しなおしたいので、キャンセルして一旦白紙に戻したいと腹を割ってお話しました。
買付証明キャンセルでのトラブルって言うのもタマにあるみたいですが、紳士的に話し合いできました。
この後2−3のメールのやりとりはありましたが、直接Aさんに会ったのはこの日が最後になりました。
熱心に物件探しにお付き合い頂いて、今でも感謝しています。

物件探し14:魅惑の変形地へ続きます)

2008年2月14日 (木)

物件探し12:買付証明どうする?2

物件探し11:買付証明どうする?の続きです。

■2007年10月24日(水)
またまた平日なのに夜に車で物件見て来ました。
K設計事務所の設計士Nさんと探した新しい候補2つを、私達2人だけで下見です。
買付証明を出してる【新築建売1】より良い物が見つからなければ、もう【新築建売1】に決めるつもりで、最後のあがきです。

【中古住宅2】
建蔽率50%、容積率80%。築13年。
南側が田んぼになっていて開けています。
ロケーション的にも問題ないです。

【土地7】
建ぺい率50%、容積率200%、古屋あり。第一種中高層住居専用地域。
今の候補の中では駅に一番近いです。
三角形の変形地で南西はバス通りに、南東は川に面しています。
斜め向かいはコンビニです。
後になって気づいたのですが、高圧線が上を通っていました。
変形地なのは上手くすれば面白いと思うし、燻製やBBQやるのに川っぺりというのは非常〜に魅力的です。

川沿いのメリットとしては、
・少なくともそこに他の建物が建って日当たりが悪くなる事はない
・夏に川を渡ってきた風が入れば気持ち良さそう

逆にデメリットとしては
・最大のリスクは増水
・川が綺麗じゃない場合(将来的なリスクも含め)匂いの問題が出る可能性がある
・湿気、地盤に問題が有る可能性がある、というか地盤改良はおそらく必要でしょう

見た感じは結構綺麗な川で匂いは大丈夫そうです。調べた限りでは水が出たことも長い事無さそうです。
この市は治水に今力を入れているみたいですから、悪化する事は無さそうな気がします。
私はかなり惹かれました。
但し、この物件には他の人の買付証明が入っており、期限が明日一杯らしく、結果待ちです。

物件探し13:【土地7】に続きます)

物件探し11:買付証明どうする?

物件探し10:買付証明の続きです。

■2007年10月23日(火)
悩んでいた【土地4】はやはり夜道の暗さと距離がネックとなり、止めることにしました。将来子供が出来た時に夜道が心配だ、という家内の意見に打たれた結果です。
これにより、駅からの距離は2キロまで、と要望が変更になりました。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
・最寄駅は譲れない。駅までは自転車通勤でも構わないので、目当ての駅に2キロまで。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。

一方【新築建売1】については、不動産屋からキッチンやバスが同仕様の建築済物件の内覧が出来ると連絡があり、私は平日は仕事でさすがに無理なので、この日家内が行ってきました。
結果、バスは合格との事でした。
但し、キッチンはやや難あり。ビルトインの機能が無いのはまあ一長一短だから良いとして、トップが薄めの人造大理石でチープ感があるのと、トップとシンクとのつなぎ目が気になってる模様です。
更にマイナス要素として、130平米だと思ったら私道部分が含まれてたので実質はほぼ100平米だという事が判明。まああの辺りの土地でウチの予算では妥当な広さではあるけど、ちと狭い気はします。

物件探し12:買付証明どうする?2へ続きます。)

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村