BBQレシピ:その他

2012年11月19日 (月)

トルティーヤチップス

トルティーヤチップス自体は買ってきてますので、実際に作ってるのはソースだけです。
超適当レシピです。。
BBQで焼きあがるまでの一品にどうでしょう。

12111901

■サルサソース。
チビが食べられるように、辛くしてません。
【材料】
・ニンニク1欠け
・玉ねぎ1
・トマト2
・ピーマン1
・塩適量
・コショウ適量
・チリパウダー適量
・クミン適量
【作り方】
・ニンニク、玉ねぎはみじん切り、トマトとピーマンは細かめのサイの目に切ります。
・オリーブオイルでニンニクを香りが立つまで熱します。
・玉ねぎを投入して、透き通った感じになるまで熱します。
・トマトを投入して、くたっとしてくるまで熱します。
・ピーマンを投入して、ちょっとしなっとするくらいで塩やスパイス類を投入して、火を止めます。
【ポイント】
ピーマンは食感残るくらいの方が良いかなと思ってます。
冷めて味が薄く感じるようなら、後から塩少し足してやれば良いと思います。

■アボカドディップ
【材料】
・アボカド(好きな量)
・レモン汁適量
・塩適量
・マヨネーズ適量

【作り方】
・アボカドを縦に2つに割り、タネを取りだして皮を外します。
 良く熟してれば、皮はペロンと剥けると思います。
・レモン汁かけます。アボカドは空気に触れると色が悪くなるので、それを止める為。
・フォークで潰しながら、塩とマヨネーズを混ぜます。

2011年8月 4日 (木)

炊飯器プリン改

11073008

前回作った時に、ウチの5.5合炊き炊飯器にまだ余裕があったので、更にでかいものを作りました。
ウチの炊飯器になみなみとしたものが出来ましたw

続きを読む "炊飯器プリン改" »

2011年7月22日 (金)

BBQオードブル:クリームチーズ味噌漬け

11071708

味噌をみりんで伸ばしてやわらかくしてから、クリームチーズを漬け込んだものです。
サランラップ使って、チーズの周りに味噌塗って、ラップ閉じて冷蔵。一週間くらいで食べられます。
味噌から汁が出たりすることがあるので、皿とかに載せて冷蔵した方が良いと思います。

信州味噌でやると、ちょっと辛いかなという感じもあります。
そういう方は、西京味噌使うと良いかと。
なんかキャラメルにも似た甘みがあって、美味しいです^^

2011年7月15日 (金)

BBQオードブル:ソフトスモークサーモン改

11071501

子供用に少しレシピ変更しました。
アルコール飛ばすようにしたのと、塩少なくしただけで、基本的にはそんなに変わってませんが。
前レシピはこちら

【材料】
サーモン(生食用)
漬け込み液(サーモン400gとして)
 赤ワイン200ml
 白ワイン200ml
 塩20g
 砂糖10g
 ローレルなどハーブ適当
太白油(無ければサラダ油でも)

【作り方】
1.漬け込み液の材料を混ぜ、沸騰させてアルコールを飛ばして、冷やしておきます。
2.サーモンを1.に漬け込み、冷蔵庫で1日寝かせます。
 途中何度か取り出して置き方変えてみると均等に漬かりますが、別にほっといても大丈夫。
3.2.を取り出し、キッチンペーパーで水気を取り、キッチンペーパーでびっちり包んでバットの上におき、上から太白油をかけて冷蔵庫で1日寝かせます。
 ジップロックとかバットに鮭と油を入れても良いですが、そのやり方だと大量に油使っちゃいます。
4.バットの上に網をおき、その上で1日冷蔵庫で寝かせて乾燥させます。
5.冷燻で数時間。
6.燻製後は、冷蔵庫で数時間から1日冷蔵して落ち着かせます。

夏は冷燻は難しいです。
大きめの下が密閉されてない(比較的熱のこもらない)スモーカーを持ってますので、これに更に中に保冷剤入れて、上からも保冷剤で冷やしながらやりました。

11071502

2011年5月 8日 (日)

炊飯器プリン

今までにネットでバケツプリン買った事はあったんですが、自分で作ってみようかなと思いました。
でも、まあ大体自作の場合はプリンの素使ってるんですね。
熱入れるの大変ですからねえ。
とかやってたら、All Aboutで炊飯器プリンのレシピ見つけました。
http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=1&sqi=2&ved=0CC0QFjAA&url=http%3A%2F%2Fallabout.co.jp%2Fgm%2Fgc%2F73812%2F&ei=UpnFTb6zL5C8vQOa662RAQ&usg=AFQjCNGmIVekIYq3p71lni5dHUtWZLzAMQ&sig2=d4pNrWFzti1k4cfekDpCGg
まあ、基本はこの倍の量作ったんですけどw

カラメールソースはレシピ通りx2に、本体プリン液は量増やしたので自重でつぶれないように、牛乳は2倍より100cc減らしました。

熱入れるのが結構大変でした。
元レシピには再加熱機能の事も書いてあるのですが、ウチの炊飯器では再加熱機能が上手く動きませんでした。説明書読んでみると、元の温度が低いと動作しないらしい。
という事で、炊飯と保温を繰り返す事にしました。

23:50頃:炊飯開始
00:05頃:一旦止めて様子みたけど、まだまだぬるい感じがしたので、更に5分、更に5分。
00:15頃:さすがに焦げるのが怖くなってきて、保温モードに移行
01:15頃:保温1時間経過したところで、再度炊飯5分
01:43頃:なかなか固まる気配を見せないので不安になり、再加熱機能起動。
01:53頃:なかなか固まらないのでしびれを切らして、内釜を取り出してヘルシオで蒸し物(弱)で20分
02:15頃:ようやく固まって来たので、更に保温モード
02:30頃:竹串さしてみると、いい感じだけど、念のためもう少し保温
03:00頃:取り出して、氷水で冷やしながら就寝。

朝起きてから冷蔵庫に移して冷やしておきました。
で、出来上がり。

11050703_2

素直に最初からヘルシオ使えばよかったw
でも、その後の保温モードは有効な気がしますね、これだけデカいと。
味の方は、大好評でございました。まあ、料理としてはシンプルなので、普段使いよりも良い卵と牛乳は使ったんですけどねw牛乳少な目にしたのが、濃厚な感じになって旨かったと思います。
炊飯器の容量(ウチのは5.5合炊き)的には、まだこの1.5倍サイズが作れそうな気がしますので、またチャレンジしてみますw

2010年12月23日 (木)

BBQその他:焼きブリ

Img_0711_2 

ブリと言っても魚の鰤ではなく、チーズのブリです。ブリーと表記されている場合もありますね。
今回はブリを使ってますが、もちろんカマンベールでもOK。
カマンベールやブリのような、白カビが皮のようになっているチーズを弱火で炙って、皮をそのまま器代わりにした簡単チーズフォンデュが出来ます。
サンタンドレでも出来るかもしれないけど、ちょっと勿体ないかな?^^;バラカは、形が円柱じゃないから無理ですねw

ブリというのは、カマンベールの先祖みたいなチーズです。
ブリの製法がカマンベール村に伝わってカマンベールが出来たそうです。
ブリの中ではモー村のブリ・ド・モーが有名です。

作り方は、上の皮を切り取って焼くだけ。
くつくつと溶けてきたら、パンや野菜など好きなものに絡めて食べます。
上の皮が切りづらかったら、少し炙ってからひっくり返せば、柔らかくなって切りやすいかと思います。
もしも破れた時に大惨事にならない様に、一応アルミホイル敷いてます。

ブリはサイズがさまざまで、大きなものはカットされて売られていますが、そういうものは今回みたいな使い方は不向きですね。

2010年12月16日 (木)

BBQその他:炭火焼ラクレット

Img_0654

以前、BBQその他:チーズで、炭火焼はやったことないと言いながら紹介したラクレットですが、改めて炭火焼きでやってみました。(既にリンク先の記事も、修正済みです)

串を刺して炙り、溶けてきたところからナイフでこそげとって皿等にとっていきます。
こそげとったチーズは、ジャガイモ等に付けて食べます。
ハイジの気分を味わいたかったら、パンでw

2010年10月10日 (日)

BBQオードブル:ソフトスモークサーモン

温度が上がって火が通ると別物になってしまうので、冷燻にします。
燻製中級者以上向けですね。
スーパーで売ってるようなのとは、明らかに別次元の美味しさです。

【材料】
サーモン(生食できるもの)
 国産はアニサキスが居ます。
 マイナス20度以下24時間以上の冷凍で一応大丈夫ではありますが、生食用として売っているものを買ってくるのが安全だと思います。
 トラウトサーモンでも出来ますが、アレはマスであってサーモンではありません。
 出来れば、アトランサーモン等が脂が乗ってて美味しいです。
漬け込み液
 水500ml
 赤ワイン250ml
 白ワイン250ml
 塩80g
 ローレルなど
太白油

【作り方】
1.水とワインを混ぜ、塩を溶かし、ハーブを入れます。
 赤だけだと身にタンニンが付着するし、白ワインだけだと白ちゃけてしまうので、混ぜてます。
 多少は色が付きますが、切ってしまえば気にならない程度です。
2.鮭を1.に漬け込み、冷蔵庫で1日寝かせます。
 途中何度か取り出して置き方変えてみると均等に漬かりますが、別にほっといても大丈夫。
3.2.を取り出し、キッチンペーパーで水気を取り、キッチンペーパーでびっちり包んでバットの上におき、上から太白油をかけて冷蔵庫で1日寝かせます。
 ジップロックとかバットに鮭と油を入れても良いですが、そのやり方だと大量に油使っちゃいます。
4.バットの上に網をおき、乾燥のためにその上で1日冷蔵庫で寝かせます。
5.冷燻で数時間。
6.燻製後は、冷蔵庫で数時間から1日冷蔵して落ち着かせます。

スライスしてクリームチーズやケッパーと併せたり。
ブロック上に切ってサラダに入れたり。
ウチでは、イクラと水菜と、出汁に醤油入れたものをゼリーで柔らかめに固めたモノを使って、冷製パスタにしたりもします。

スライスするときは、2時間ほど冷凍庫に入れてソルベ状にすると切りやすいです。
冷蔵庫に切れちゃう冷凍機能があれば、それ使っても良いですね。

2010年10月 9日 (土)

BBQオードブル:タコ燻

461498896_119s

これも簡単です。

【材料】
ゆでタコ
醤油
スモークウッドなど

【作り方】
1.茹でタコにハケで醤油塗って冷蔵庫の中で乾燥。
 数時間かけて何度か醤油塗ります。
2.燻製します。温度上がりすぎて火が通らないように。温冷燻で数時間。
3.冷蔵庫でしばらく寝かせて、適当にブツ切りでサーブします。

2010年10月 8日 (金)

BBQオードブル:スモークカマンベールチーズ

段々、BBQレシピというより、燻製レシピになってきたなあw
カマンベールの燻製は珍しがられますので、面白いと思いますよ。

【材料】
カマンベールチーズ
スモークウッドなど

【作り方】
1.カマンベールチーズをそのまま燻製します。
 切れてる奴じゃダメです。
 チーズの燻製で最も多い失敗は、温度上がりすぎて溶けてツララみたいになっちゃう事ですが。
 カマンベールチーズの場合、白カビの皮があるので溶け出しません。
 温度や時間は適当で大丈夫ですが、冷燻ではなくある程度は温度上がった方が、次の2.が楽です。
2.燻製終わったカマンベールを、スプーンなどでぐちゃぐちゃにします。
 燻製成分が皮でとどまっていますので、混ぜちゃいます。
 元々カマンベールが入ってた容器の内側にラップを敷いて、その中でやると良いと思います。
3.冷蔵庫で冷やしておきます。
4.適当に切ってサーブします。

より以前の記事一覧

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村