« 通塾について | トップページ | SAPIXの長期休みと講習 »

2019年5月13日 (月)

SAPIXの宿題

事前に聞いてはいましたが、宿題(復習)の量は結構多いです
が、これは正しいと私は思います。
学生時代の塾講師や家庭教師のアルバイトの経験上、週7日付きっ切りで教えて貰うのでない限り、塾に居る時間よりも家庭学習の時間の方がどうしたって長い。
もしも、塾に居る間だけの勉強で成績何とかしようなんて考えてる人が居るとしたら、それは甘いと考えています。
家庭で如何に学習するかこそが最も重要なのだと思います。

逆に、週7日付きっ切りで教えて貰って合格したところで、入学後の授業に付いて行けなくて、学校の授業に付いていく為の塾通いをする事になるのではないでしょうか。
自宅で学習する習慣を付けること、教えて貰う受け身の体制ではなく、主体的に学習する姿勢を身に付ける事が大事なんだと思います。
勉強する事が苦にならなくなれば、むしろそれこそが受験で得られる一番の財産になるように思います。

SAPIXのある日は宿題をやる時間はないので、残りの5日間で宿題をこなすことになりますが、国語・算数・理科・社会の4教科で毎日合計2時間以上掛かっています。
集中してやればもっと短縮できそうなもんですが、まだそんなに集中力が続かないようです。
まだ自分で時間管理やペース配分が出来ないので、時間割を作ってやり、平日2P週末3Pといった感じでペース配分も指示しました。
宿題の答え合わせをして解説もしてやろうとすると、親も時間取られます。分からないと質問されたりもするし。
私がいつも見てやれればいいのですが、平日は時間的に厳しいので、妻に見てもらってます。
妻は家事しながらになるので、負担かけてしまってます。
経験者は分かると思うのですが、中学受験の算数は特殊で、方程式使えば簡単に出せる答えを方程式を使わずに解いたり、三平方の定理使えばすぐ解ける問題を補助線一発で解いたりなど、閃きを要求されるようなところがあります。
中学受験未経験の妻では教えきれない場合もあるようで、そういう場合は私が補足します。

息子の通う小学校は公立なのに名門と呼ばれてる歴史のある学校で、その為か宿題も多いんです。
漢字や計算のドリルだけでなく、音読・読書・体育の宿題などもあるので、SAPIXの宿題もあることを考えると宿題が多くてちょっと可哀そうにも思いますが、だからと言って「学校の宿題はやらなくて良い」という訳にも行きませんのでね。。
もしもこの先、息子にとってあまりにレベルの低い宿題が大量に出るような事があれば、先生に相談するかも知れませんが。。

« 通塾について | トップページ | SAPIXの長期休みと講習 »

中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通塾について | トップページ | SAPIXの長期休みと講習 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト