« 2015夏休み旅行後半記3 | トップページ | ランドセル2 »

2015年8月19日 (水)

ランドセル1

夏休みに入って、友達がもうランドセル決め始めてます。
10年以上前はクリスマスやお正月がランドセル最大の商戦だったのが、年々早まってるそうです。
今年はGWには商戦始まってて、ピーク予想は8月らしい。

ランドセル商戦が早くなってる理由は幾つかあるんでしょうけど。

・個性化が進んで製造に時間がかかるようになった
(既製品よりオーダーメイド・セミオーダーメイドが好まれるようになってきた・凝った作りのモデルが増えてきた)
・多様化して、それぞれのロット数が少なくなって、早く買わないと売り切れるというあせりが出てきた
(ていうか、実際人気のものは早く売り切れる)

とかなんですかね?

ちょっと検索してみると、もう鞄工房山本は8月頭時点で2016年モデル完売ですと!?
これちょっと急がないと、好きなもの買えなくなるかも?←まんまと煽られているw

という事で、調べ始めました。
最初はイオンとか百貨店とかで色々見て、既製品の中から気に入ったの買えば良いかな、くらいに思ってたんですが。
てか実際、イオンに行った時にちらっと見たりした事はあるんですけども。

ちょっと調べただけの付け焼刃なので、誤認とかあったらごめんなさい。

■製造元による違い
販売ルートも異なる何種類かのタイプがあるようです。

1.イオンやニトリなどがオリジナルで作ってるモデル
2.テレビCMやってる大手メーカー製(フィットちゃんとか天使の羽とか)
3.他業界メーカのもの(コラボ含む。ナイキやプーマなど)
4.鞄店が作ってるもの(土屋鞄製造所、池田屋カバン店など)
5.百貨店のオリジナルブランド(っても、工房にOEMしてるらしい。高級品は海外生産のも。)
6.小規模なランドセル専門工房

イオンとかで見られるのは、123あたりかな。
百貨店だと345あたりがメインになるんでしょうか。←結局行ってない^^;
6は、探してみると意外と各地にありますね。
4と6は、ネームバリュー以外に決定的な差は無いような気がします。
(もちろんそれぞれに品質や性能の差はあるでしょうが)

■リンク
話が前後するものも混じってるけど

ニトリ 1万円台から
イオン 下は3万円くらいから、上は税込み10万超えも。

フィットちゃん
天使の羽(セイバン)

ナイキ
プーマ 天使の羽とのコラボで、百貨店モデルとか量販店モデルとか
サンリオ
ミキハウス

土屋鞄製造所
池田屋カバン店
鞄工房山本 8月時点で既に売り切れ

高島屋
三越伊勢丹 以前は吉田カバン(PORTER)とのコラボもやってたみたいだけど、2016年モデルは見つからない。ニュースによると17万のもあるとか。

榮伸オンラインショップ(旧・武田産業) ドラグーンランドセルとか派手
萬勇鞄 百貨店のOEMやってるらしい
ガルソンランドセル さいたま市の工房
ファーべ 横型のドイツ製オーダーメイドの販売


■概況
最近の流れとしては、教科書が大型化(A4)してるのでランドセルも大型化。
でも昔より重量は軽くなっているらしい。
6年保障は大体どこでも付いてるので、どれを選んでもアフターサービスに大きな差は無さそう。
色は昔より多様化。2001年にイオンが24色を売り出して、一気に色が多様化したらしい。
形はスタンダードなものが主流みたいだけど、横型とかもあったり、外国製の個性的なものをチョイスする人も居るみたい。
レリーフみたいというか、材質の厚み変えて模様作りこんでたり、刺繍とかラインストーン使ってたりとか、装飾性の高いのもありますが、おっさんから見ると、ちとDQNぽいかなあ。6年も使ったら飽きそうだし。
大手メーカは背負いやすさや、重く感じないようにとか、高機能が売りですね。

■材質
おおざっぱに言って、合皮(クラリーノなど)のは安くて軽い。
本皮は比較的高くて丈夫で重い。(皮の種類もあるけど割愛)
本皮は比較的雨や傷には弱いけど、皮の加工技術の向上で以前ほどの差ではないとか。

■性能
材質とも被るけど、重さと、雨や傷に対する強さに違いがある。
サイズ・容量は形が似てても、製造元によって微妙に差がある。A4用紙が入るか、A4クリアファイルが入るか。給食袋なども入れられるかとか。
ポケットの作りやサイズにも個性あり。チャックがあるかとか。
通気性、特に背あての部分。
肩ベルト、持ち手、金具などでも差別化されている。

■オプション
製造元によって違うけど、オートロック(パチンとはめると、レバー?が自動で回転する)とか安全ナスカン(横にかける金具が、一定以上の力がかかると外れる。ランドセルにかけた袋が車にひっぱられたりするのを防ぐ)とかが多いのかな。
金具が換えられたりもする場合もあるみたい。
防犯ブザーを取り付ける為の金具を、肩ベルトに付けとくオプションがあるとこもあるみたい。
後付というか取り外しできるようなオプションパーツで、女の子の髪挟まないようなものや、夏用の背中通気シートとかもある。
あとはカバーとか笛入れとかのおまけ類でも差別化してる模様。
防犯ベルぶら下げ金具や反射板がオプションだったり、持ち手を付けられたりするのもあるらしい。

■値段
一般的に、ランドセルで多く選ばれてるのは3~5万円くらい、らしいです。
ランドセルで一番人気の価格帯は?

下はニトリの1万円台の、上はイオンでも10万超あるし、三越伊勢丹に行くと17万のもある。

ホントにピンキリですなあ。

« 2015夏休み旅行後半記3 | トップページ | ランドセル2 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/61242363

この記事へのトラックバック一覧です: ランドセル1:

« 2015夏休み旅行後半記3 | トップページ | ランドセル2 »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村