« 水槽作り3(10/15)流木とか | トップページ | 水槽作り5(10/17)仕切り »

2013年10月22日 (火)

水槽作り4(10/16)マツモとウィローモス

エビはヤマトヌマエビかミナミヌマエビにしようと思うんですが、どっちにするかで迷って飼育のしやすさを調べてたら、エビって失敗する人少なくないらしい。
知人に言われて思い出したんですが、エビのような節足動物は開放血管系です。動脈と静脈の間が毛細血管でつながってなくて組織に直接血管が開いてるので、臓器に直接ダメージ行くんですね。水質変化にはとても弱いみたいです。
それで基本的に水替えもせず、外にほっといて水減った分だけ足してやる、的なのが一番良いみたい。

ヤマトヌマエビの繁殖には汽水が必要らしいけど、ミナミヌマエビはマツモとかと一緒にほっとけば勝手に増えるみたい。
んで、水質が似てる事がプラス要件なのか雑に育てると強くなるのか、そうやって育てたエビを水槽に入れてやれば、上手く育つとのこと。

屋外飼育は猫にやられたりせんかちょっと心配だけど、大丈夫なもんらしいです。

エビは水草についてる農薬にもすこぶる弱いらしいので、とりあえずまたアクアフォレストでマツモ買ってきて、「水草その前に」て薬で農薬抜きしました。
せっかくだから水槽にもマツモ入れてみて記念撮影w

2013102201

写真撮ったあと、マツモはすぐに取り出して、とりあえずバケツに。

2013102202

とりあえずはバケツ栽培で、週末にはミナミヌマエビも投入してみようと思います。

んで水槽本体。
流木や溶岩にはモスを定着させて、苔むした感じにしたいすよね。
植物どこまで増えたらCO2添加が必要になるのか、わかってないっすけども。

てことでウィローモスも買ってきて、流木や溶岩に巻きつけ。

2013102203

黒の木綿糸で巻きつけとけば、定着する頃には木綿糸は腐敗して溶けてなくなるらしい。
まだ分かりにくいけど、良く見ると緑のものが^^;

2013102204

« 水槽作り3(10/15)流木とか | トップページ | 水槽作り5(10/17)仕切り »

アクア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/53626606

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽作り4(10/16)マツモとウィローモス:

« 水槽作り3(10/15)流木とか | トップページ | 水槽作り5(10/17)仕切り »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト