« 水槽グッズ | トップページ | 水槽作り7(10/19)フィッシュレス・サイクリング法2 »

2013年10月25日 (金)

水槽作り6(10/18)フィッシュレス・サイクリング法1

昨日の仕切りは、前面をもっと低く奥を高くするために若干作り直して、砂入れてみました。

2013102403

ついでに、砂みたらちょっとジオラマぽくしたくなって、3POとR2を置いてみましたw

話が前後しますが、新しく水槽立ち上げるには、まずはバクテリアを育てる事が課題となります。
生物ろ過てやつで、何種類かのバクテリアの働きで、魚たちの出す糞から発生するアンモニアを無害化してやるわけです。これが出来てないと、頻繁な水換えが必要になります。
で、アンモニアを分解するバクテリアを育てるにはアンモニアが必要なわけで、当初丈夫な魚を少量入れてあげることで環境を整えていく、この導入魚をパイロットフィッシュと呼びます。

でもこのパイロットフィッシュは最悪死ぬ事が前提だし、最終的に飼いたい魚とは違ったりします。
で、フィッシュレス・サイクリング法というのを知りました。
直接アンモニアを添加することでバクテリアを育てる、パイロットフィッシュを使わないやり方です。
詳しくはぐぐればいろいろ出てきますが、アンモニア水をいれつつ試験紙などで水質調査していくことになります。

で、とりあえず会社帰りにドラッグストアでアンモニア水買って来ました。300円くらい。
水1Lに一滴入れるらしい。ウチの水槽は20L台のはずなので、とりあえず10滴添加してみました。
バクテリアが安定するまではエアレーションも必要ということなので、エアも入れてます。

2013102301

一方、屋外で育てる事にしたエビは、発砲スチロールの箱がよいらしいです。
温度変化の影響を受けにくいって事なんすかね。
スーパーや市場でもらえるらしいですが、良く考えたらウチにひとつ転がってたので、これを水道水で水洗いした上で、熱湯ぶっかけて消毒して、これでやってみることにしました。

2013102302

« 水槽グッズ | トップページ | 水槽作り7(10/19)フィッシュレス・サイクリング法2 »

アクア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/53671107

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽作り6(10/18)フィッシュレス・サイクリング法1:

« 水槽グッズ | トップページ | 水槽作り7(10/19)フィッシュレス・サイクリング法2 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト