« グリーンカーテン経過その11 | トップページ | 川越百万灯夏祭り »

2011年8月 1日 (月)

鳥肉BBQ:チキンチャルガ

11073006
写真には他のものも写ってますがw

基本的にほぼタンドリーチキンと同じです。
要は、タンドリーチキンの丸焼きです。

【材料】
・鶏中抜き(モミジ、頭、内臓、毛などの処理をしたもの)
 小さいもので1kgくらい、大きなもので2kgくらい。
 大きなものは、男女混合なら大人5-6人に1つで十分でしょう。
 ネットでも買えますし、スーパーでも売ってる事もありますが、お肉屋さんで数日前までに頼んでおけば、仕入れてくれます。

・塩:鳥の重量比2.5%
・ニンニク:小3片
・ショウガ:小3片
・ヨーグルト:大さじ6
・スパイス類
 クミン:大さじ1
 カルダモン:大さじ2
 コリアンダー:大さじ1
 フェネグリーク:大さじ1
 シナモン:大さじ1弱
 パプリカ:大さじ1
 ターメリック:大さじ1
 ガラムマサラ:適量
 コショウ:適量
(スパイスは適当。クミン/カルダモン/コリアンダー各大さじ1をベースに、好みで変更してください。自分はカルダモン好きなので、カルダモン多めになってます)
・ケチャップ:適量
・レモン汁:適量
・サラダ油:適量

【下準備】
1.まず鶏の内股、モモの付け根の皮を包丁で切り開きます。
Img_0262
 解体するときにもどうせ真っ先に切るところだし、一番火も通りにくいところなので、先に切っちゃいます。

2.浸み込みやすいように、鶏中抜きの裏表をフォークなどでブスブスと刺します。

Img_0264_3
 力かけると肋骨が折れそうで、私は「たまねぎホルダー」ってやつで刺してます。
 本来はたまねぎを刻む時にバラバラにならないように刺しとくキッチンウェアです。

3.塩をすり込み、2時間寝かせます。
 ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。
 買ったときに入ってた袋を使うと良いかと思います。
 水分が出てくるので、口をキチンと閉じた方が良いです。難しければ袋を2重3重にするとかしてください。

4.肉を寝かせてる間に、パプリカとターメリック以外のスパイスをフライパンに入れ、適量のサラダ油を混ぜてペースト状にしながら、中火か弱火でゆっくり加熱します。
 焦がさないように。香りが立てばOK。
 加熱しなくても出来ると思いますが、一旦加熱したほうが香りが立つと思います。

5.ヨーグルトに、4.とニンニクショウガすりおろし、ケチャップとレモン汁を入れ、パプリカとターメリックも入れて混ぜます。
 パプリカやターメリックも加熱したって良いんですが、これらは色づけだと思ってるんで、加熱しなくても良いかと。

6.肉(3.)に、漬け込みダレ(5.)を揉みこんで、冷蔵庫で一晩寝かせます。
 モモは、切り開いた所に重点的に。
 ムネも、切り開いたとこから手を突っ込んで、皮と肉の隙間にも塗りこみます。

【焼く】
焼く前に、余計な漬けダレをキッチンペーパーで拭い取ります。
そのままだとヨーグルトが焦げます。
2時間をめどに、じっくり焼きます。

【解体】
解体については、スモークした鶏の丸焼きを参照してください。
ササミにはどうしてもスパイスが染み渡らないので、解体しながらあまったペーストを塗りつけながら焼くと良いかも。

« グリーンカーテン経過その11 | トップページ | 川越百万灯夏祭り »

BBQレシピ:鳥肉」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

炭で焼くと焦げ色がたまりませんね。
う~ん、おいしそう。

炭で丸焼きすると、遠赤外線効果で中は柔らかく焼けるのもポイントです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/41038342

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥肉BBQ:チキンチャルガ:

« グリーンカーテン経過その11 | トップページ | 川越百万灯夏祭り »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村