« STRIDERカスタムその9(マスキング開始) | トップページ | インデックス »

2011年6月16日 (木)

STRIDERカスタムその10(プラサフ開始)

塗装始める前に、まずはホームセンターで端材買って来て、作業台作りました。
触らずに立てておけるようにする為です。
端材はそれぞれ一本50円とか100円とかなので、費用は数百円程度です。
立てておくための突起(両側に白く見えてる部分)は、下から突き出した釘にティッシュペーパーを輪ゴムで巻きつけました。

11060304

前回マスキングしたハンドルとフォークを、食器用洗剤で洗ってキッチンペーパーで拭いて、作業台に立てて乾燥させました。
糸くずとか付くと面倒なので、こないだサビ取りしたときは不織布使ったんですが、拭き取り力に疑問があったので今回の拭き取りはキッチンペーパーにしました。
ティッシュペーパーは紙くずが出るんでダメだと思います。
キッチンペーパーは普段燻製作りとかでも使ってますが、紙くずがくっつくことは、まずないです。
コツとしては、かならず2重にして使う事ですね。

次に、塗料が乗りやすくなるように、表面を少し荒らしてやります。
足付けと呼ばれる作業です。
これやらないと、塗料が剥がれやすいらしいです。

まずは400番のペーパー(紙やすり)かけて。

更に800番ペーパーで水研ぎ(ペーパーを水で塗らしてからかける)して、水洗いしてキッチンペーパーで拭いて。
乾いたらシリコンオフ吹いてキッチンペーパーで拭き取って、また乾燥させました。

11060308

次はいよいよプラサフ(プライマーサーフェイサー)を吹きます。
ちょっとあっためてやると、ガス圧が上がって細かい霧が吹けるらしいです。
もちろん高温は危険なので、4-50度で湯煎しました。

11060309

薄く何度も、角度変えてチェックしながら、吹きました。
ポイントは、まず吹き始めや吹き終わりは均一でないので、塗る対象の外側で吹き始め、通り過ぎるだけ。
次に、近すぎたりゆっくり過ぎたりして、一度に厚く塗らない。一度に厚く塗ると、垂れちゃいます。焦らず、少しずつです。

11060311

11060312

このまま乾燥させます。

しかし、チビが予想以上に塗装の邪魔w
変わった事やってるもんだからソバに来たがるけど、シンナー臭いから来て欲しくない。
日の光で確認しながらやりたいから、夜やる訳にもいかないしね〜^^;

« STRIDERカスタムその9(マスキング開始) | トップページ | インデックス »

STRIDER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/40254646

この記事へのトラックバック一覧です: STRIDERカスタムその10(プラサフ開始):

« STRIDERカスタムその9(マスキング開始) | トップページ | インデックス »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト