« BBQ没メニュー:イカのぽんぽん焼き | トップページ | BBQ没メニュー:ショウガでマリネしたエビの串焼き »

2010年10月28日 (木)

BBQ没メニュー:ポークチャップ

10101004_2

没メニューシリーズ。

ポークチャップは、イギリス料理なのかな?(修正:アメリカ料理でした^^;)
昔は洋食屋のメニューにも良くあったそうですが、最近は減ってるそうです。
北海道旅行したときに、大泉洋ちゃんが勧めてた別海町(知床の方)の喫茶ロマンのポークチャップ食ったら、これが結構旨かったんですよね。
店のHPに焼き方は書いてあったけど、炭火焼したかったんで、オリジナルでw
アメリカのBBQコンテストとかでは、低温で4時間とかじっくり焼くらしいんで、長時間焼いてみたかったんだようw

【下準備】
今回はロースブロック400g
ナツメグ、胡椒、セージ、タイムをすりこんでラップして冷蔵庫でしばらく寝かしました。

【ソース】
玉ねぎ1/4、リンゴ1/4、ニンニク1/2片をすりおろしてバターで炒め、トマト缶1/2、塩胡椒砂糖ケチャップを加えて煮詰めました。

【焼く】
強火(炭を寄せて)で各面を焼き固め、後は炭をスプリット2ゾーンにして弱火にし、アルミホイルで包み焼き3時間。

【感想】
マズくはないんだけど。柔らかくは焼けたけど。
なんかパサついた。やっぱ焼きすぎかw肉汁が抜けちゃった感じ。
アメリカのBBQコンテストは、焼いた肉をコールスローと一緒にサンドイッチにするとか言ってたから、肉だけ食うんなら真似しちゃイカンのかも知れん。

焼き方を改良したら、良くなるかも。

« BBQ没メニュー:イカのぽんぽん焼き | トップページ | BBQ没メニュー:ショウガでマリネしたエビの串焼き »

BBQレシピ:没メニュー」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ウチの母親は「ポーク・チャップ」と呼んでいました。
何故なら薄切りのバラ肉をケチャップで炒めてたから。
なモノで、ホントは「ポーク・チョップ」だと知った時
にはかなりな衝撃だったりしました。
あのいーかげんなレシピは一体どこからわいて出たんだ?
イギリスのは「ラム・チョップ」が正式で、ポークは代用
だったような気がします。

調べなおしてみたら、イギリス料理じゃなくて、アメリカ料理でした^^;
http://kotobank.jp/word/ポークチョップ
デジタル大辞泉によると骨付きって事ですが、それだとスペアリブになる気がするんだけどなあ。。
porkchop、発音もpórk chòpなので、本来は「ポークチョップ」なのは確かですが、なぜ「チャップ」になったのかは、ぐぐってみたけど良くわかりませんでした。
ケチャップの「チャップ」だという説は有力みたいですが、違うと言い切る人も居るようです。
でもま、やっぱケチャップから来てそうな気はしますね。

関係あるかどうか。

「ポーク・チョップ」として料理になる前のカット
された生肉状態を「チョップド・ホッグ」と呼ぶそうで。
それは昔『チョッパー』ってバイクの語源だそうです。

で。
チョップされる「ホッグ」ってのは、ハーレーの
『エレクトラグライド』のことだったり。
豚をぶった切って作るから『チョップド・ホッグ』
なんだな。
チョッパーはどう考えても最悪なバイクなんだが……。

さらに関係あるかどうか知らないけど。
ロードサイドのダイナー(食堂)で、フライドチキン
がメニューにあるところだと。お約束のようにケチャップ
がでかいボウルに並々と用意されているとか。
それでチキンを食っているのだかケチャップを食って
いるのだか判らない連中は「ケチャッパー」と呼ぶ
ようになったとかならないとか……。

へ~へ~!
知らない事だらけでした^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39488152

この記事へのトラックバック一覧です: BBQ没メニュー:ポークチャップ:

« BBQ没メニュー:イカのぽんぽん焼き | トップページ | BBQ没メニュー:ショウガでマリネしたエビの串焼き »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト