« 魚介BBQ:鰹のタタキ | トップページ | BBQ番外編:あの肉・その肉 »

2010年9月26日 (日)

BBQその他:チーズ

普通のチーズは焼くと溶けてしまいますよね。
でも、熱を加えても溶けない、熱に強いチーズもあります。
とはいえ、もしも溶けちゃったら網が汚れるので、下にアルミホイル等を敷くことをおすすめします。

・こんがり焼けるチーズ 小岩井
 発売されたのは割りと最近だと思いますが、スーパーでも売ってるので比較的手に入れやすいと思います。
 焼いても全然溶けません。
 味自体は比較的普通の国産プロセスチーズです。

・グリルチーズ
 ドイツ製のプロセスチーズですが、熱に強く殆ど溶けません。
 まあ味はプロセスチーズですが。
 チーズ専門店でもあまり売ってないです。某チェーンのチーズ専門店で「グリルチーズありますか?」と聞いたら、店員さんに「グリュイエルチーズですか?」と何度も聞き返されて閉口したことあります^^;
 私は世界チーズ商会(大阪本店、東京にも支店あり)で買いました。

・ハルミ(ハロウミ)
11010501
 キプロス原産の、羊乳と牛乳で作るチーズで、もう全く溶けません。
 独特のキュッキュッとした歯ごたえが面白いです。
 チーズ専門店でもあまり売ってないです。
 これも世界チーズ商会で買いました。

・スカモルファ(スカモルツァ)
 ひょうたん型のチーズ。
Img_0706
 焼いて食べたりしますが、基本的には溶けるので、アルミホイル必須です。
 スライスして、オリーブオイルしいた上で焼いて、コショウ振りかけたり。

Img_0713

 燻製したものはスカモルファ・アッフミカータで、こちらの方が個人的には好きです。
 チーズ王国でも売ってたりします。

・カチョカバロ
 これもひょうたん型のチーズですが、こちらの方がメジャーでしょうか?
 やはり基本的には溶けるので、スライスしてアルミホイルの上で焼きます。

・ラクレット
Img_0654

 スイス地方のチーズで、こいつを溶かしたところを削ってジャガイモに絡めたりして食べる料理も、同名です。
 というとピンと来る人があるでしょうが、ハイジでおんじが暖炉で溶かして食ってたのは、このチーズじゃないかと言われてます。
 本場ではラクレットを溶かす専門の調理器具がありますが、私なんかはちょっとずつオーブントースターに入れて溶かしてます。
 BBQでやるなら、網だとくっついちゃいますから、串に刺して焼けば大丈夫です。

« 魚介BBQ:鰹のタタキ | トップページ | BBQ番外編:あの肉・その肉 »

BBQレシピ:その他」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39488118

この記事へのトラックバック一覧です: BBQその他:チーズ:

« 魚介BBQ:鰹のタタキ | トップページ | BBQ番外編:あの肉・その肉 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村