« 口蹄疫4 | トップページ | 口蹄疫6 »

2010年5月23日 (日)

口蹄疫5

---農水省のHPより5/21確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場4件(合計1,350頭)、児湯郡高鍋町の農場3件(合計127頭)、児湯郡新富町の農場2件(合計191頭)、児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(884頭)、及び、西都(さいと)市の農場2件(合計201頭)、で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---
西都市と木城町は初。西都市はエース級6頭の移動先の市です。
エース級6頭の内の1頭に陽性反応が出て処分決定、残り5頭は経過観察中です。

5/22にはワクチン接種が始まりました。
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=26618&catid=74&blogid=13
20万5千頭対象で3~4日とは、結構早いですね。

血清と混同してるのか、治療と勘違いしてる人も居るようですが、ワクチンは予防措置です。
で、ワクチン接種後は全頭処分です。あくまで一時的な処理です。

ワクチン接種対象エリア(=発生農場から半径10km。移動制限エリア)はこちら。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/hassei22.pdf
このエリアの中の牛豚は、全て処分です。

マピオンの地図
http://www.mapion.co.jp/map/admi45.html
と合わせてみると、川南だけでなく、都農・高鍋・木城・新富もほぼ全滅ですね。

殺処分はワクチン接種完了後の作業でしょうが、こちらは埋却地がまだ決定してないので、それ次第でしょうか。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100522-OYT1T00168.htm
>埋却場所について、知事は高鍋町の県立農業大学校敷地の活用を表明。山田副大臣は新富町の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地を検討していると述べた。

航空施設のある場所に埋めるのって、防疫の観点からは如何なものか。

--- 農水省のHPより5/22確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場7件(合計1,182頭)、児湯郡高鍋町の農場2件(合計1,803頭)、及び、児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(合計269頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

5/22発生分の内
>児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(合計269頭)
の詳細は
>126例目の農場から南約1km
126例目というのは川南だけど、まあいずれにせよ木城町では、昨日の1件目に続き2例目なので、エリアが拡大したのは間違いないです。

twitterで情報発信してくれてる農水省の方に聞いてみたところ、ワクチン接種対象頭数はやはり増えているとのこと。
ある程度の増加は見込んでいると思いますが、これが予想を超えると、新聞報道にあった「3~4日」というスケジュールがずれ込む可能性もあるので、昨日からの発生情報には特に注目しています。

とりあえず、ふるさと納税ってのをやってみようかと思ってます。
正確には納税ではなく、任意の自治体に寄付すると、確定申告や住民税から控除されるというものらしいですね。
実質的な負担なく万単位の寄付が出来るということみたいです。
出身者じゃなくても出来るらしいですよ。

参考:川南町のふるさと納税説明ページ
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/sogoseisakuka/zaisei/furusatonouzei.jsp

« 口蹄疫4 | トップページ | 口蹄疫6 »

口蹄疫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39488038

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫5:

« 口蹄疫4 | トップページ | 口蹄疫6 »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村