« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

口蹄疫11

---5/28発生分(農水省HP)
本日、宮崎県児湯(こゆ)郡において、川南町の農場2件(合計63頭)、及び、高鍋町の農場1件(2,716頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

---5/27までの殺処分(東国原知事ブログ)
殺処分対象152,403頭。ワクチン殺処分対象は約12万頭。
本日までの殺処分終了は91,846頭。
昨日の殺処分5,856頭。
---

発生は落ち着いたまま。
殺処分は1日5000以上なので、移動制限エリア内全て(ワクチン対象含む)の殺処分には、なんと1ヶ月以上かかる計算ですね。
てことは、移動制限が解除になるのは、早くて7月下旬か。。

風評被害は運送業でも深刻化してきたようです。
■「宮崎ナンバーお断り」 運送業者、県外で被害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000016-maiall-soci

そんな中、
■農水相不信任案を提出=4野党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000120-jij-pol
不信感があるのは確かだけど、このタイミングでこんな事やってて、更に動き悪くならないのか心配。。

宮崎応援イベント

佐野プレミアムイタリアンさんが、宮崎出身の飲食店を集めたイベントやってくれます。

・内容
宮崎県出身オーナーのお店・5店舗で終日、500円均一の宮崎メニュー&ドリンクを準備し、出入り自由で思う存分食べて下さい。
全てキャッシュオンデリバリー

・日時
6月6日16時開始、各店舗営業終了時間まで

・備考
予約は必要ありません。
500円では食べられないメニューを用意致します。

・宣伝
ミクシ各コミュ
ミクシ各個人日記(転写お願いします。)
宮崎県人会
各店舗宣伝ポスター・チラシ

・参加店舗
<渋谷界隈>
①深い森
渋谷区円山町22-12
03-6809-0690http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13058296/

②おじゃったもんせ
渋谷区道玄坂1-17-12
03-3780-6737
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13003411/

③故宮
渋谷区道玄坂2-23-13
03-3462-6051
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13030381/

<南青山界隈>
④おやっとさ(新店舗)
南青山2-27-26 吉田ビル地下
03-5786-0675
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.666235&lon=139.71997389&ac=13103&az=26.2.27.26&v=2&sc=3

⑤宇野笑店(新店舗)
南青山3-8-3
03-3401-4601
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.664285&lon=139.71862972&ac=13103&az=26.3.8.3&v=2&sc=3

2010年5月27日 (木)

口蹄疫10

---
本日、宮崎県児湯(こゆ)郡において、川南町の農場2件(合計36頭)、及び、都農町の農場1件(10頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

確実にワクチンの効果が出てきたと言って良いのではないでしょうか。

昨日の時点での殺処分の進捗は、東国原知事のツイートによると
---
殺処分対象152357頭。
昨日の殺処分5408頭。
これまでの殺処分終了85990頭。
防疫措置終了75695頭。
---

以前父に「口蹄疫の出た施設は5年間使用できない」と聞いたんですが、農水省の方に確認したところ、これはデマとのこです。
移動制限が解ければ家畜導入は可能とのこと。
但し、移動制限が解ける条件は最後の殺処分完了後3週間だが、殺処分の完了の目処は立っていない模様。

残念ですが。。
東国原知事、県所有の種牛49頭の処分に同意
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00178087.html

事業主の方、口蹄疫被害に対する義援金が法人税及び所得税の優遇措置の対象になりますので、よろしくお願いします。
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h22/kouteieki/02.htm

2010年5月26日 (水)

口蹄疫9

---
本日、宮崎県児湯(こゆ)郡において、川南町の農場6件(合計1,389頭)、及び、都農町の農場1件(当該農場118頭)、高鍋町の農場2件(合計2,842頭)で、口蹄疫の疑似患畜を確認しました。

本日判明分を含めた合計頭数は、152,357頭(牛22,438頭、豚129,903頭、山羊8頭、羊8頭)です。

口蹄疫発生に伴う関連対策の一つとして、殺処分家畜等に対する家畜伝染病予防法に基づく手当金の概算払を実施することとしております。申請書の受付を25日より開始しており、同日申請があったものについては、本日、県に対し、概算払を実施しましたので、申請者には、27日中に県から支払いが実施される見込みです。
---

本日分は、頭数は多いものの件数は少ないですね。エリアも広がってなさそうです。

ワクチン接種も終わりましたので、これからは殺処分の進捗に注目したいと思います。
---
・1~39、41~48、50~54、57~59、61~75、77、78、80、81、83、86、89、90、93、95、97、108、111、119、124、131、136、138、153、154、166、171例目については、防疫措置(農場の家畜を殺処分して埋め、農場を消毒する)を完了。
・91、100、118、141、163、188、197例目については、農場の家畜の殺処分まで終了。
・182例目については、殺処分を実施中。
・40、49、55、56、60、79、82、84、85、87、88、92、94、96、98、99、101~107、109、110、112~114、116、117、126~128、130、133~135、137、139、140、142、145、148~152、159~162、165、173~175、179、186、187、190例目については、埋める場所を確保。今後殺処分する予定。
・76、115、120~123、125、129、132、143、144、146、147、155~158、164、167~170、172、176~178、180、181、183~185、189、191~196、198~209例目については、今後埋める場所を確保し、殺処分する予定。
---

49頭の種牛の問題は、難しいですね。。
10km圏内には民間種牛も居ると聞きますが、あっちは残してこっちは残さないって事になると、不公平感が残らないか、とか。
心情的には何とかならんかとは思いますが、感染の可能性は高いと思います。
ただ、処分を後回しにして経過を見るくらいはしても良いんじゃないかとは思います。
10km圏外に移動させるのは、ダメだと思いますが。

日本橋高島屋で宮崎フェアやってるそうです。
(営業時間:午前10時~午後8時)
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event2/index.html

■日向自慢宮崎の味めぐり
期間:5月26日(水)~6月1日(火)
場所:地1階 催会場

2010年5月25日 (火)

口蹄疫8

---農水省のHPより本日確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場3件(合計66頭)、児湯郡都農町の農場1件(3頭)、児湯郡新富町の農場2件(合計620頭)、及び、児湯郡高鍋町の県立高鍋農業高校(334頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

本日は件数・頭数ともに少ないです。
ワクチン接種の成果でしょうか。

ワクチン接種開始後4日ですが、ほぼ接種が終わったようです。
川南地区の飼育頭数 牛7万頭 豚22.6万頭。
うち、発生比率 牛27.3% 豚55.6%とのこと。
すなわち、これ以外の、牛4.4万頭 豚10万頭がワクチン接種されたということですね。

これで収束して欲しい。

---
えびの市を中心に設定されている移動制限区域においては、最終発生例である83例目(5月13日確認)の殺処分が完了した5月13日から、新たな疑い事例は発生していません。このため、移動制限区域解除のための清浄化確認検査を、昨日の鹿児島県域に引き続き、本日より宮崎県域・熊本県域でも開始しました。
---
※えびの地区はワクチン対象になっていません

2010年5月24日 (月)

川南への帰省のこと

元々、もうすぐ11ヶ月になる愛息を、お祝い頂いた親戚とかにお披露目する為に決めた帰省でしたが、ついでに早めの父の喜寿もやろうという事になりまして。

その後口蹄疫の話が出てきた訳ですが。。

非常事態宣言も出ている中帰省していいものか、悩んだりもしたんですが。
自分の目で現状を見てきたいというのもあり。
といってもまあ、実家は商店街の中なので、非常事態宣言の通り畜産家には近寄りませんが。
何より、赤ちゃんみて笑顔にならない人は居ないと思うので、愛息の癒しパワーで少しでも商店街の人を元気づけて来ようと思ってます。
宴会とかきっと皆キャンセルになってるだろうから、なんぼかお金落として来れるしね。

父が電話してきて
「ウィルスとかおるから子供は連れて帰らん方がいいんじゃないか」
て。
川南の人がそんなこと言ってどうするか!
口蹄疫は人には感染しない!

出来れば向こうでいろんな人の話を聞いて、自分に何か出来る事が無いか探して来ようと思っています。

口蹄疫7

---農水省HPより23日確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場8件(合計6,980頭)、児湯郡都農町の農場1件(当該農場242頭)、児湯郡新富町の農場2件(合計339頭)、及び、西都市の農場1件(165頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

幸いなのは、昨日は移動制限区域に変更は無かったとのことです。

■ワクチン接種した後に何故殺処分が必要なのか

動物衛生研究所のHP
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/index.html

に、口蹄疫ウイルスの総説が載っています。
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/FMD/sousetsu1997.html

1997年の資料のようですが。
長い文書ですが、ずっと下のほう
7. 防疫 2) 日本の防疫

---ここから
このため,ほとんどの先進国では,口蹄疫の発生があった場合にも迅速な殺処分を防疫の柱とし,ワクチンの使用は,発生が多く殺処分のみでは防疫が間に合わない場合に一時的に地域を限定して蔓延を防止する,いわゆる周辺ワクチネーション(戦略ワクチン)を実施することにしている5,36,87,94)。この方法は,清浄国に復帰するまでの期間を短縮し,その経過を容易にするためでもある。
---

更にポイントはココ
---
さらに,ワクチンを接種した動物は,ウイルスの感染を隠すため,接種動物は移動を禁止して発生が終息した時点で淘汰する方法がとられる
---ここまで

要は、抗体が出来てしまって発症しなくなった動物は、ウィルスを保持していても分からなくなってしまい、ウィルスを根絶できたかどうか分からなくなってしまう、という事ですね。

■口蹄疫ウィルスのこと
---
口蹄疫ウイルスには,相互にワクチンが全く効かないO,A,C,Asia1,SAT1,SAT2及びSAT3の7種類のタイプ(血清型)がある。
---

今発生してるのは、O型です。

---
口蹄疫ウイルスは,一般的に低温条件ではpH7.0~9.0の中性領域では安定であるが,完全粒子と中空粒子は加熱処理やこのpH域外では最終的に12Sサブユニットに分解し,免疫原性と感染性を失う。このウイルスは,pH4では15秒間で,pH6では2分間で不活化されるが,pH7では数週間生残する。pH7.5で加熱すると,61℃では30秒間で,また55℃では2分間で不活化されるが,4℃では18週間生残する43)。しかし,pHの変動や加熱に対する抵抗性はウイルスのタイプや株によって異なっている。例えば,pHの変動に対しては,Cタイプ(Noville)はAやOタイプのウイルス株に比較して影響を受けやすい。また,加熱に対しては,AとAsia1タイプが最も抵抗性を示し,次いでOとCタイプ,及びSATタイプの順に抵抗性は減弱する30)。なお,口蹄疫ウイルスはエーテルやクロロホルムなどの有機溶媒には抵抗性を示す。口蹄疫が発生したときの消毒薬には,このウイルスのpH易感受性から,安価で大量に調達できる酸や塩基性の薬剤が推奨され,酢酸やクエン酸あるいは水酸化ナトリウムや炭酸ナトリウムなどが使用されている103,115)。
---

口蹄疫ウィルスって、pHや熱への耐性低いんですね。
>pH4では15秒間で

てことは、食酢に15秒漬けときゃ不活化するですね。
万が一経口摂取しても胃酸で簡単に不活化しそうですね。
食酢なら家にあるし、帰省したときにちょっと気になったらすぐできますな。
酢臭くなるのが欠点ですが^^;

一方、低温では長く生残するようで、
>牛の例では,リンパ節,骨髄,血餅中のウイルスは,4℃では3~7ヶ月間不活化されていない

但し筋肉中に関しては、死後硬直に伴う乳酸蓄積によるpH低下によって、早く不活化するようです。
が、低温には強く、冷凍すると長く生残するようです。
>牛肉 4℃ 3日
>牛肉 -20℃ 90日
>牛肉 急速冷凍 240日日
>豚肉 1~7℃ 1日
>豚肉 冷凍 55日

潜伏期間は
>牛6.2日,豚10.6日及びめん羊9.0日である

但し
>各家畜はいずれも水疱形成前からウイルスを排出する。
潜伏期間からウィルス撒き散らす、と。

で、これからの季節気になるのが。。
>口蹄疫ウイルスは,陸上では60km,海上では250kmもの距離を風で伝播すると指摘されている
>しかし,口蹄疫ウイルスの風による伝播には,高湿度,短日照時間,低気温等の一定の気象条件が必要である59)。そのうち,とくに湿度はウイルスの自然環境での生残に重要で,湿度60%以上ではウイルスは数時間は生残して,風による伝播を助長する

この、気温が乱高下する異常な気象の状態で梅雨に入るのは、怖いです。
とにかく一刻も早いワクチン接種及び殺処分、それと引き続き消毒の徹底を継続することでしょうか。

2010年5月23日 (日)

口蹄疫6

風評被害が、深刻なようです。

農水省---
口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。また、感染畜の肉や牛乳が市場に出回ることはありませんが、感染畜の肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。
---

県内の方のtwitter転載---
全国のみなさまへ お伝えします。事実を知っていただいて、宮崎県の農産物を買っていただくとありがたいです。 (1)口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回りません (2)万が一、摂取しても人体に影響はありません

(3) 市場に出回っている宮崎県産牛肉、豚肉は高品質のままです。 もちろん、鶏肉や野菜・果実等その他の農産物にも全く影響はありません。 ですから、逆に宮崎県産の牛肉や豚肉、その他の農産物を買っていただけないでしょうか?

みなさんが500円でも、千円でも、宮崎のお肉を買っていただくことが、宮崎の畜産農家のみなさんへの何よりの力(励み)になるからです。 さらに宮崎の農産物を積極的に買っていただくことは、間接的に宮崎農業の応援(下支え)をして下さることにつながります。
---

宮崎産のものを口に入れて、口蹄疫の影響でどうにかなるなんて事は有り得ません。
どうぞ、宮崎県産のものを消費してください。

口蹄疫5

---農水省のHPより5/21確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場4件(合計1,350頭)、児湯郡高鍋町の農場3件(合計127頭)、児湯郡新富町の農場2件(合計191頭)、児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(884頭)、及び、西都(さいと)市の農場2件(合計201頭)、で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---
西都市と木城町は初。西都市はエース級6頭の移動先の市です。
エース級6頭の内の1頭に陽性反応が出て処分決定、残り5頭は経過観察中です。

5/22にはワクチン接種が始まりました。
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=26618&catid=74&blogid=13
20万5千頭対象で3~4日とは、結構早いですね。

血清と混同してるのか、治療と勘違いしてる人も居るようですが、ワクチンは予防措置です。
で、ワクチン接種後は全頭処分です。あくまで一時的な処理です。

ワクチン接種対象エリア(=発生農場から半径10km。移動制限エリア)はこちら。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/hassei22.pdf
このエリアの中の牛豚は、全て処分です。

マピオンの地図
http://www.mapion.co.jp/map/admi45.html
と合わせてみると、川南だけでなく、都農・高鍋・木城・新富もほぼ全滅ですね。

殺処分はワクチン接種完了後の作業でしょうが、こちらは埋却地がまだ決定してないので、それ次第でしょうか。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100522-OYT1T00168.htm
>埋却場所について、知事は高鍋町の県立農業大学校敷地の活用を表明。山田副大臣は新富町の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地を検討していると述べた。

航空施設のある場所に埋めるのって、防疫の観点からは如何なものか。

--- 農水省のHPより5/22確認分
本日、宮崎県において、児湯(こゆ)郡川南町の農場7件(合計1,182頭)、児湯郡高鍋町の農場2件(合計1,803頭)、及び、児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(合計269頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

5/22発生分の内
>児湯郡木城(きじょう)町の農場1件(合計269頭)
の詳細は
>126例目の農場から南約1km
126例目というのは川南だけど、まあいずれにせよ木城町では、昨日の1件目に続き2例目なので、エリアが拡大したのは間違いないです。

twitterで情報発信してくれてる農水省の方に聞いてみたところ、ワクチン接種対象頭数はやはり増えているとのこと。
ある程度の増加は見込んでいると思いますが、これが予想を超えると、新聞報道にあった「3~4日」というスケジュールがずれ込む可能性もあるので、昨日からの発生情報には特に注目しています。

とりあえず、ふるさと納税ってのをやってみようかと思ってます。
正確には納税ではなく、任意の自治体に寄付すると、確定申告や住民税から控除されるというものらしいですね。
実質的な負担なく万単位の寄付が出来るということみたいです。
出身者じゃなくても出来るらしいですよ。

参考:川南町のふるさと納税説明ページ
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/sogoseisakuka/zaisei/furusatonouzei.jsp

2010年5月21日 (金)

口蹄疫4

ワクチン接種に各市町が合意したそうです。
なんとかこれで食い止めて欲しい。
面積90.27k平米の川南町では、実質全ての豚牛が処分されることになるでしょう。
範囲内で、発症してなかった畜産家の方には、本当に本当に気の毒ですが。。。

---農水省のHPより、5/20確認分
本日、宮崎県児湯(こゆ)郡において、川南町の農場9件(合計3,331頭)、都農町の農場2件(合計22頭)、及び、高鍋町の農場2件(合計1,639頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

署名TVの署名は、問い合わせ殺到のため対応仕切れず、一旦休止しているようです。
JAグループ宮崎で署名やってます。FAXと郵送のみですが。
・トップページ
http://group.ja-miyazaki.jp/index.html
・状況
http://group.ja-miyazaki.jp/cgi-bin/news/SkinView.cgi?mode=1&cid=1&id=69&html=./detail01.html&link=1
・口蹄疫関連情報
http://group.ja-miyazaki.jp/fmd/

募金は、TポイントやYahoo!でも出来るようになりました。
Yahoo!PC版
http://bit.ly/bgF5Uz
Yahoo!モバイル版:
http://bit.ly/cAWJQr

ユニーグループでも募金始まりました。
5月20日~ アピタ・ピアゴ・ユーホーム
5月22日~6月6日サークルKサンクス
http://www.circleksunkus.jp/system/__upfile__/pressrelease/p5481.pdf

ローソンでも、宮崎では始まってましたが、22(土)から全国展開です。

2010年5月20日 (木)

口蹄疫3

毎日こんな日記ばっかですみません。
写真は、実家の父が送ってくれた、宮崎の地方紙です。

10052101

テレビで川南の映像をよく見かけるようになったけど、見る度に泣きそうになります。

ファミマに、口蹄疫の募金に行きました。
募金箱が分かんなくて店員に聞きました。
レジ横の透明な募金箱が、今は口蹄疫の募金になってるらしい。
張り紙とか何もなくて、トテモ分かりにくいのでご注意ください。

昨日の、「10キロ圏の全頭殺処分決定」を受けて「最悪」と評した人が居たが、俺はまだ「最悪」じゃないと思う。

全国に広がって全国の牛や豚が居なくなり、発祥した県として歴史に名が残るのが、最悪だ。

今や、新富町でも続々と確認されているが、10号線沿いに広がっているのは、やはり人や車が運んでいるんだと思う。
であれば、宮崎市に到達してしまうと、一気に感染速度が加速する可能性がある。

今既に、風評被害で宮崎牛は二束三文だという。
空港近くまで行ってしまったら、肉の風評被害だけでは済まないのではないだろうか。
大淀川超えたら、宮崎は大変な事になる。

仮に封じ込めが成功したとしてもそれで終わりじゃない。

---農水省のHPより
1~36、39、41~46、48、53、54、65、66、68、69、72、73、83、108、119例目については、防疫措置(農場の家畜を殺処分して埋め、農場を消毒する)を完了。
37、38、47、50、51、67、71、77、111例目については、農場の家畜の殺処分まで終了。
101例目については、殺処分を実施中。
40、52、56~59、61~64、80、85、87、89、90、124例目については、埋める場所を確保。今後殺処分する予定。
49、55、60、70、74~76、78、79、81、82、84、86、88、91~100、102~107、109、110、112~118、120~123、125~146例目については、今後埋める場所を確保し、殺処分する予定。
---

今も殺処分は追いついていない。
>37、38、47、50、51、67、71、77、111例目については、農場の家畜の殺処分まで終了。

殺処分が終了して、埋める場所がなくて埋められてない牛豚が居る。
これからまだ暑くなるので、害虫害獣疫病のリスクがある。

堆肥が使えないとかで、作付けが出来ず農業にも、既に数カ月先まで影響が出ていると聞く。
更に、これから梅雨になるが、大量に撒かれた石灰が川から海に流れ、漁業に影響が出る可能性もある。
川南には漁港だってあるし、高鍋の岩牡蠣は有名だ。

もちろん、商業や飲食店にも既に影響が出ている。

「10キロ圏の全頭殺処分」はもちろん簡単な事じゃない。
東国原知事の言うように、経済的支援とセットでなければならない。
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10540019967.html
処分した分の保障だけでなく、再開できるまでの支援も必要だ。
大きな畜産家になると従業員だって抱えているし、その給料も必要だ。
仕事や生きがいを失った人達の心のケアも必要だ。

だけど、とにかく今は早く、処理を実行して欲しいと願う。
他に方法はないと思う。

口蹄疫2

10キロ圏の全頭殺処分決定=新たに20万頭、全額補償も―政府、口蹄疫で新対策
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000079-jij-pol

20年前の知識ですが、ウィルスは生物と鉱物の間の存在として習った記憶があります。
細菌との最大の違いは、細菌は栄養などの条件が揃えば自分たちで子孫を作るのに対して、ウィルスは自分たちで子孫を残せないという点。
子供にしても複製にしても、自分たちで作れないんですね、ウィルスって。
じゃあどうやって増えるのかというと、他の生物の細胞に侵入して、細胞の働きを狂わせて、自分の複製を生産させる。
つまり、ウィルスって他の生体が居ないと増殖しないんです。

現在までの移動制限と消毒で封じ込め出来ていない状況で、ここから収束を計るにはドラスティックな方策が必要だと思います。
それには、やはり全頭処分が有効だと思います。
しかし、処分がおいついてない現状では、速やかな全頭処分は現実的ではない。
であれば、ワクチン使用した上での全頭処分しかないだろう、と思ってました。

後は、一刻も早く実行して欲しい。
遅れれば遅れるほど、処分しなければいけない頭数が増えるのだから。。

痛みを伴なうのは間違いないですが、今はとにかく収束させて、それからどうやって再建するかを考えるべきなのではないでしょうか。

---農水省HPより05/19分
本日、宮崎県児湯(こゆ)郡において、川南町の農場9件(合計2,771頭)、都農町の農場2件(175頭)、高鍋町の農場2件(合計2,837頭)、及び、新富町の農場2件(合計1,319頭)で口蹄疫の疑似患畜を確認しました。
---

発症例は出続けています。

情報ソースは確認出来てませんが、最初に口蹄疫発症した畜産家の方が自殺されたという話を読みました。
感染ルートの特定に意味がないとは言いませんが、犯人探しは良くない。
これが連鎖しないことを祈ります。
仕事と生きがいを失った畜産家の方々が、マイナスの感情に飲まれないよう、心のケアも必要だと思います。
お金だけでなく、経営再開までの青写真(スケジュール感、新しく飼う牛や豚の入手ルート確保など)提示も進めて頂きたい。

ファミマに続いて、セブン&アイHLDGS.でも義援金募金活動開始らしいです。

2010年5月18日 (火)

口蹄疫

私は、宮崎県児湯郡川南町出身です。
川南町は、宮崎平野の中程、海沿いの町です。
古い町ではなく、あちこちから人が集まって開拓された町で、「川南合衆国」と称したりします。
人口17,205人(平成18年6月1日現在)。
海もありますが、山もあります。
尾鈴山は美しい山で、、「尾鈴山 山ねこ」て焼酎知ってる人も多いと思います。
尾鈴山にある「矢研の滝」は清々しい滝で、絶好の避暑地です。
町の中心地である商業地帯は「トロントロン」という地名で、カタカナの地名は珍しいと時々テレビで紹介されます。
みかんジュースの工場はありますが、町の基幹産業は、農業・畜産・漁業といった第一次産業です。
クリスマス時期のイルミネーションや、軽トラ市はちょっと話題になっています。

基本的に陽気で呑気で脳天気な宮崎の人たちが、こんなに辛そうにしてるのは、見た記憶がありません。
■「【口蹄疫=養豚場からの投稿(5)】殺処分が始まりました。上手く言葉が出てきません、悲惨です 」
http://www.47news.jp/47topics/e/159730.php
■「口蹄疫、「生き地獄」の現場から」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100517/214459/

●口蹄疫:初動対応「問題ない」 赤松農相
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100518k0000e010050000c.html
「私自身はやってきたことに全く反省、おわびすることはないと思っている」
何をやったというのか?何もしてないじゃないか。

●口蹄疫:3月には感染 被害1市4町に 初動遅れに不満
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100518k0000m040098000c.html?inb=yt
鳩山由紀夫首相「風評が立つと農家が困る状況があった。政府は十分にことを運んできたが感染が拡大し、県民、国民に正確に事実を知っていただくことがより重要だと判断した」

報道規制していたという噂もありますが、事実かどうか良く知りません。
ただ、この数日はニュースで見るようになりましたが、それまでは殆ど宮崎以外では報道されていなかったのは事実で、ネットでの情報がメインでした。
中でも、東国原知事は良く動いてくれていながら Twitterやブログで情報発信してくれていて、一番信頼できる情報ソースでした。
国がその間に何をしてくれたか?
ムッチー牧場の弥永さんは「農政局の獣医師はペーパー獣医師で現場じゃまともに牛に触ることも出来ない、追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。」と書いてます。

Twitterより
・赤松大臣が埋設地は沿岸の国有地を「どうぞ使ってくださいと」言っていました。現場として不都合な点を教えてください。
東国原知事:「国有の防潮林地帯は、地下に海水が有り、難しいです。
・自分はなんとなく分かる気がしますが、なぜ水があるとダメなのかも説明された方がよいのでは?
東国原知事:「地下水汚染や海水汚染による漁業への影響等が懸念されます」

●<口蹄疫>「全頭処分」も検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100518-00000035-mai-pol
全頭処分にせよワクチンにせよ、一刻も早くドラスティックな対策をお願いしたい。

川南にある、ハム・ソーセージとドイツ料理の店ゲシュマックのHPより
http://www.geschmack2002.com/info/index.html
「午前中、長男が目に涙を溜めて「どうしてこんなことに」と言った時は私も言葉がでませんでした。どうしてここまで感染拡大がとめられなかったのか。5月4日の爆発的発生の時から空気感染が始まったとか、自分達は拡大防止のために犠牲になる覚悟は出来ているから早くワクチンを打ってくれとか、色々な要請を言ってきましたが全くの無反応、今となれば全てが空しい10日間でした。」
※ワクチンを打つと予防は出来ますので感染拡大を防ぐ効果はありますが、商品価値は無くなるそうです。

●1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010051700882
国の援助は幾らになるのか、いつになるのか分かりません。

とりあえず、出来る範囲での支援をお願いします。
まずは、風評に惑わされず、宮崎のものを買ってください。
そして、事態が収束したら宮崎に行って、お金を落としてください。

余裕があるなら、義援金もお願いします。

○宮崎県の義援金
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html
・【ゆうちょ銀行でお振り込みされる場合】
 記号:01740-9
 番号:69998
 口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会
・【ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振り込みされる場合】
 金融機関名:ゆうちょ銀行
 店名:一七九店
 店番:179
 預金種目:当座預金
 口座番号:0069998
 口座名:社会福祉法人宮崎県共同募金会

○川南町の義援金
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/soumuka/soumukakari/koho/kouteieki-sien.jsp
口座名は全て、
「川南町口蹄疫対策支援金 川南町長 内野宮 正英」
(カワミナミチョウコウテイエキタイサクシエンキン
  カワミナミチョウチョウ ウチノミヤ マサヨシ)

・尾鈴農業協同組合 本所 普通 口座番号 0088983
・宮崎銀行 川南支店 普通 口座番号 58905
 銀行窓口で「後収等専用」の振込用紙にて振込みをお願いします
・高鍋信用金庫 川南支店 普通 口座番号 1187264

・都農町の義援金
http://www.town.tsuno.miyazaki.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=29
口座名義は全て 「都農町口蹄疫支援本部 代表 河野正和」
           (ツノチョウコウテイエキシエンホンブ ダイヒョウ カワノマサカズ)
・尾鈴農業共同組合 都農支所 普通 口座番号0049251
・宮崎銀行       都農支店 普通 口座番号0041904  
・宮崎太陽銀行    都農支店 普通 口座番号1072107
・高鍋信用金庫    都農支店 普通 口座番号1149076

・新宿南口にある宮崎のアンテナショップ「KONNE」には募金箱があるらしいです。

■フライヤー
<全国向け>
http://www.geocities.jp/fc_net2005/ZENKOKU.pdf

<県内向け>
http://www.geocities.jp/fc_net2005/KENNAI.pdf

■Web署名
【署名プロジェクト名】
「宮崎の畜産を守る」署名運動へのご協力のお願い
【署名プロジェクトURL】
http://www.shomei.tv/project-1542.html

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村