« 通ってます | トップページ | 授乳期間の注意点を調べてみる(その2) »

2009年7月14日 (火)

授乳期間の注意点を調べてみる(その1)

昨夜は初めて、親子3人川の字で同じ部屋で就寝しました。
といっても真ん中はヨメですが。
前日は夜中に大泣きして結構大変だったそうで、昨日日中はヨメと義父母も昼寝してたそうですが、昨夜は妻子共におりに気を使ってくれたみたいで、夜中に一度起こされただけでした。
朝もちょっとだけいつもより早かったけどw
入院日も退院日も日曜日だったし、手のかからん良い子やな〜^^
(週末出産で金は余計にかかったけどw)

一番つらいのはむしろ、ヨメ実家から出勤すると電車で座れない事ですねえ。
朝の通勤電車で立ってる事って、この10年くらいあんまり無かったです。始業時間が遅かったり、自転車通勤だったり、最寄駅始発の電車使ってたりとかで。

今日は自宅に戻ってから車でヨメ実家往復して、沐浴して来ました。
昨日よりは上手く出来たかな?^^

さてここから今日の本題です。
育児については時代によってセオリーも変わってるみたいで、親世代の常識が今は通用しなかったりするようです。
育児なんて人類が何千年もやってきた事なのに、まだ確定してないんですねえ。
神経質になる必要はないと思うけど、子育てって皆「自分はこれで立派に育てた!」て経験からの自信持ってるから、新米はまず理論武装しないとw

てころで自分なりに調べてみたりしたメモ。

■水分補給
最近は新生児の水分補給は、白湯(湯冷まし)や麦茶などは必要なく、基本的に母乳のみで十分だと言われているみたいです。
といってもこの情報のソースは、近年は授乳教室等でそう教えられる事が多いらしいという口コミ情報のみで、裏づけとなるような公的資料が見つからないんですけど。

基本的には、母乳の約88%は水分なので、他に水分補給は必要ないということみたいです。

昨夜沐浴後に義母が湯冷ましを用意してくれてましたが、白湯は飲ませずに授乳のみにしました。
白湯や麦茶を与えるのに哺乳瓶を使う事で、(哺乳瓶の方が吸いやすいので)母乳を嫌がるようになる、という指摘もあるようです。

・生後一ヶ月,白湯や果汁は与えるな!
http://tamagomama.blogzine.jp/goikenban/2008/08/post_1a0d.html
(育児支援に取り組む大阪市のNPO法人「たまごママネット」代表 新井一令氏のブログ)
「果汁や湯冷ましを与える慣習は、戦後間もないころ、品質の悪いミルクを飲ませていたために必要だった」
「腸管組織の発達から見ても6ヶ月までは母乳やミルクの他には与えない方がよい」
(続く)

« 通ってます | トップページ | 授乳期間の注意点を調べてみる(その2) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487910

この記事へのトラックバック一覧です: 授乳期間の注意点を調べてみる(その1):

« 通ってます | トップページ | 授乳期間の注意点を調べてみる(その2) »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村