« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

害虫と戦う(その4)

害虫と戦う(その3)の続きです。

■その他:鳥の利用を考える
鳥が庭に来ると糞害や植物を荒らされる恐れもあるので、どちらかというと敬遠してましたが、鳥に害虫駆除手伝って貰えないかと考えるようになりました。
てことで最近、小鳥呼んでみようと思ってます。

ヨメが助産師さんに「鳥アレルギーのある子も居るから注意した方がいいかも」と言われたみたいですが、飼う訳じゃないし触れる程には馴れないだろうと思っているので、とりあえずは心配しない事にします。

カエル(鳴き声はうるさいけどw)、カマキリ(益虫も食べるけど^^;)、クモ、テントウムシなどは害虫を捕食してくれるので、これらを食べる鳥は出来れば呼びたくないです。
つまり、カエルを捕食するモズや、カマキリを捕食するヒヨドリ以外の、比較的小型の鳥かな。
ルックス的にも、狙いはシジュウカラやメジロあたりでしょうか。まあ、スズメも来ても良いけどw
当然糞もするので、その掃除の手間も出てきますが、まあシジュウカラやメジロくらいの小型の鳥なら、まだ気分的にはマシかなと思ったり。
まあ家の近くまで来る事はないでしょうし、そんなに問題になる事は無いんじゃないかと楽観視してます。

餌台の工夫と餌の種類で、ある程度は呼ぶ鳥の種類を絞れるみたいです。
で、作った餌台がコレです。

紙パックから作ったもので、大型の鳥は入れないし止まれないはず。
餌は、シジュウカラ向けにヒマワリの種を用意しました。
でも全然減ってないし、来てくれてないみたい。。。

食害に関しては、ウチのハーブで鳥にやられそうなのはルッコラとセージくらいかと思いますが、ルッコラはアブラムシ対策で寒冷紗がかけてあるし、どっちも家に近い場所にプランター置いてあるから、さほど心配要らない気がします。
プチトマトは庭の奥の方なので、こちらは被害が出るようであれば対策を考えます。

2009年7月30日 (木)

害虫と戦う(その3)

害虫と戦う(その2)の続きです。

■ナメクジ
梅雨に入って、見かけるようになりました。
駆除するには、夜間にビールを容器に入れて置いておくのがメジャーです。
おりは普段サワーとかしか飲んでないのに、ビールとは贅沢だなw
ちなみに、発泡酒でも良いという意見と、ビールじゃなきゃ駄目だという意見があるみたいです。麦芽の匂いに誘引されるみたいなので、発泡酒は銘柄によるのかも知れません。
とりあえず、紙皿2つにビール入れて置いてみたら、1晩で1匹取れました。
うーん、微妙な捕獲力w
容器が浅いと飲み逃げされることもあるらしく、ビールに薬や塩を入れとく方法もあるみたいです。

バケツに水張って米糠入れとくと、匂いで誘引されて米糠の油分でよじ登れなくなって溺れ死ぬというので、試してみたんですが全然駄目でした。
高さが高すぎたのかも。も少し小さい容器でまた試してみます。

害虫と戦う(その4)へ続く)

2009年7月29日 (水)

害虫と戦う(その2)

害虫と戦う(その1)の続きです。

■アゲハ
柑橘系にはアゲハの幼虫が付きますが、6月くらいまではウチのライムにも良くついてました。
毎週末チェックしてますが、ココ数週間見かけません。
でもアゲハは年に何度も産卵するらしいなので、油断はできないみたいです。


■ヨトウムシ(夜盗虫)
ヨトウガなどの幼虫で、文字通り昼間は隠れていて、夜になると出てきて葉を食べます。
爪楊枝を根の近くに立てておくと、そっちを食べるので食害を回避できるそうですが、それだけでは駆除にはなりませんね。
駆除方法するには、基本的には夜間や曇りの日に見回って捕獲駆除します。
昼間駆除するには、下記方法があるそうです。

  1. 枯れ葉とかを根元に置いとくと昼間そこに隠れるのでそれを狙う
  2. 土を綺麗にならして水まいておいて、翌日土が荒れてる所を掘る

レモンバームが被害を受けていて、これまでに曇りの日に何匹か駆除しました。
とりあえずの対策として、大量に収穫して風通し・見通しを良くしてみましたが、ヨトウムシは越冬するみたいなので徹底的に駆除したいと思っています。
爪楊枝を立てて夜間見回ってますが、今のところ発見できてません。爪楊枝が齧られてるので、居るには居るみたいです。
薬品の使用も考えてます。デナポン5%ベイトとかオルトラン粒剤とか根元にばら撒く薬なら、葉を食用に収穫するのには影響ないかな、と思ってます。


■オンブバッタ
レモンバームの周りに見かけます。
植物を揺らしたら跳ねるので、すぐ見つかります。
でもまあ、仮面ライダーの親戚なので、こちらは見逃してますw数も多くないし、小さいのしか居ないし。
ヨトウガ対策しても食害が気になるようなら、対策考えるかも。

害虫と戦う(その3)に続く)

2009年7月28日 (火)

害虫と戦う(その1)

チビは良く体をよじったりします。義父母は「もう寝返り出来そう」なんて言ってますが、下半身の発達はまだまだなので、普通は半年位かかるはずw
体の上のパーツから発達していくとか言うみたいですね。
でも先日ヨメが夜中に目を覚ましたら、寝せた時と90度違う形で寝てたそうな。
まだ新生児なのに寝相が悪いとは。。
調べてみると、新生児でも手足をバタバタさせて動くことはあるみたいです。
多少とも動けるとなると、ベビーベッドの横のガードをそろそろ上げないとまずいのかなあ?
幸い夏なので布団はタオルみたいなのしかかけてないから、窒息の心配はないと思うんだけど。

そういや寝てるときに笑ったような顔をすることがあります。
これは「新生児笑い」とか「自発的微笑」とか呼ばれる生理現象で、筋肉が緩んで笑っているように見えるだけだと聞きますが、最近は笑い声みたいな声も一緒に出す事があります。
新生児が笑い声まで出すとは知らなかったw


さて、庭の話。
ウチはハーブ花壇なので、虫避け効果のある植物も幾つかありますから、比較的楽なんだとは思いますが、それでも何種類かの害虫と戦ってます。

■アブラムシ
色んな植物がやられます。
限られた期間だけど羽を持って飛ぶことができ、単為生殖するので、露地で予防するのは困難です。

ビオラやノースポールにはよくアブラムシが付いてました。これらは食用ではないんで、薬かけてました。周りにエディブルな植物もあるので、一応「収穫前日まで使用しても食用に問題ない」という家庭菜園用の薬を使ってたんですが、効き目も弱かった気がします。
その他の食用のハーブ類はアブラムシに強いものが多いんですが、ルッコラにはアブラムシが良く付くので、コイツには寒冷紗をかけて物理的に防御し、それでも入り込んだ場合は無視してます^^;(食べる時にしばらく水に漬けた上で、よく洗って食べるだけ)
チャイブもアブラムシが付く、というか自分がアブラムシを引き寄せて周りの植物をアブラムシから守るくらいの事が書いてあるんですが、ウチのチャイブには全然付いてません。
タイムやラベンダーが周りにあるからかなあ?

薬を使わない一般的なアブラムシ駆除法は、

  1. ガムテープでくっつけて物理的に排除する
  2. 水で薄めた牛乳を霧吹きで吹きかける(或いは原液を吹きかけて乾いてから洗い流す)
  3. ニンニクすりおろして水で薄めたものを霧吹きで吹きかける
  4. 竹酢液を薄めたものを霧吹きで吹きかける

とかでしょうか。
他にも、焼酎に唐辛子を漬け込んだものを吹きかけるとか、水に少量の油と石鹸を入れたもの吹きかけるとか、調べると色々な方法が出てきますが、逆に言うと物理的な方法と薬以外には、セオリーとなるような特出した手段が無いという事かもしれません。
何かを吹きかける方法は、その後臭くなったり、牛乳だと小バエが寄ってきたりする場合もあるみたいだし、油分とか石鹸とかが土壌に悪影響がないのかという点も問題です。

アリとは共生関係にある(アリマキの別名をもち、アリに甘い汁を与える代わりに天敵から守ってもらっている)ので、アリも見つけたら「アリの巣コロリ」を撒くようにしてます。

害虫と戦う(その2)に続く)

2009年7月26日 (日)

体重とか

今日は町内会のラジオ体操の当番でした。
昨夜はヨメ実家に泊まっていたので、5時起きしてラジオ体操へ。
ついでに家によって雑草処理(つかまあ、要は熱湯撒くんですがw)。

チビの体重は先週より500g増で、25パーセンタイルを超えた様です。

ハエの遺伝子が入ってないか心配ですw


ウチのチビは良くこんなポーズをします。

写真とは左右逆の事が多いです。
天上天下唯我独尊のポーズかと思うんですが、お釈迦様の生まれ変わりだったらどうしようかと心配ですw

土曜肉記

昨日は市場の開放日だったので、朝から市場に行って材料を買い込み、昼はヨメ実家で海鮮BBQ。
の前に、肉仕込みました。

■アイスバイン
お宮参りの日の夕食に、お世話になった義父母に振舞おうと思って、作成始めました。
豚の骨付きスネ肉はなかなか手に入らないので、以前はネットで買ったりしたんですが、市場の肉屋が2日前までに注文しとけば入れてくれると言ってたので、今回はココにお願いしました。
基本的にはハムと殆ど同じ作り方です。
レシピはまた、完成時にでも。

■モモベーコン
授乳中は脂の摂取はあまり良くないと言いますんで、脂の少ないモモ肉でベーコン仕込んでみました。

ヨメが実家に帰ってから基本的にウチで飯食ってないんで、冷蔵庫ガラガラなんですが、スネ肉2本と豚モモ 1kg が幅を利かせてますw

昼には、義父母も一緒に市場で買った魚介でBBQにしました。
殻付きホタテ、岩牡蠣、鮎です。
ハラスも買ってたんですが食べきれませんでした。

オークションで落としたバウンサーが届きました。

とりあえず機嫌の良い時を見計らってちょっとずつ慣らしてみてますが、まあ今の所まんざらでもなさそうです^^

夜は新宿で友達と飲み。
お祝い頂きました^^

2009年7月24日 (金)

出産費用後記

チビが一生懸命吸ってくれるおかげで、ヨメが元の体重に戻ったそうですw
授乳することで子宮の収縮が促進されるらしいです。子宮が元のサイズになるのには6週間かかるらしいですけどね。
妊娠中の体重増加が少ない方だったというのはあるでしょうが、3週間で戻るってのはかなり早い方じゃないでしょうか。
もちろん食事制限とかはしてないですが、ウチでの食生活と実家での食生活の違い(和食中心になってる)てのは、関係あるでしょうね〜。

さて、出産費用のまとめ。
帝王切開になったのでその手術料と、個室に変更したのでその差額と、週末だったのでその加算で、7泊8日の入院で合計 700k 超支払いました。
出産一時金の 480k を事前申請していたので、手出しの金は 300k 弱。前金で 100k 入れてたんで、退院日の清算では 200k 弱てトコでした。

基本的に出産は病気ではないので健康保険対象外なんですが、今回のような帝王切開は保険対象ということで、請求書/領収書には 150k 以上が健康保険の自己負担金として記載されてました。
てことは、自己負担限度額を超えてて、高額療養費の対象となるはず。多分。
ウチの健康保険組合は、限度額を超えた分は自動的に3ヵ月後に振り込まれるらしいので、これは特に手続きなし。

他に、生命保険から出るお金があるはず。
電話で問い合わせてみました。
短期入院のオプションが付いてたんで、初日から 5k/日が出るらしい。
更に帝王切開になったことで、女性特有のオプションで、5日目から 5k/日が出るらしい。
他に、手術に対するオプションもあったみたいで、これは金額よう分からんけど、まあ何か出るらしい。
コレに伴う通院があれば、3k/日出るらしいけど、こちらは今んとこは発生してません。
必要書類は郵送してもらいました。
生命保険会社フォーマットの医師の診断書が必要になるということで、先日の2週間健診の時に持っていったんですが、一ヶ月健診を通院として申請できると言われたんで、その時改めてお願いすることにしました。

なんやかんやで、意外と戻ってくるもんですなあ。
あんまアテにしてなかったんだけど。

ちなみに会社への手続きは、メールで名前や生年月日や続柄を連絡しただけ。
健康保険組合への手続きも、扶養の手続きも、それでやってくれたみたいで、保険証はもう届きました。扶養手当は来月からになるみたいです。
小さい会社なんで小回りは効きますな。

後は生命保険の見直しとか積み立てとか考えないとな〜<苦手なジャンルw

2009年7月23日 (木)

バウンサー

ハイローチェアがあるんでまあ被ってるんですが。
ベビービョルンのベビーシッターは非常に評判がよろしいので、導入しようかと思ってます。
赤ちゃんが自分で揺らせるんで、ハマればすごく楽みたいです。
ちょっと起きた姿勢になるので、家事をしてる時にも赤ちゃんはお母さんが見えて安心するらしいですね。
抱いて寝かしつけて、ベッドに寝かせた途端に起きて泣き始める赤ちゃんでも、コレなら泣かずにそのまま寝てくれるという場合もあるみたいです<今ココ重要w

但し懸念点が2つ。

■好き嫌いの個人差がある
ダメな子はダメみたいです。
更に、同じ子でも、月齢によって気に入ったり気に入らなかったりするみたいです。

■使用期間は意外と短いかも
一応3週間から使える事になってますが、自分で足動かしたりしたら揺れるという事を理解する能力と、それを実現できる運動能力が備わってからの方が、赤ちゃん受けが良いという話も聞きます。
かといって月齢が高くなってからだと、またそれはそれで固定されるのを嫌がったりすることもあるみたいです。
また、動けるようになってくるとおとなしく座っててくれず、1歳になるまでは使わなかったという人も多いみたいです。

こうなると普通に新品を買うのが不安になってきました。
新品を普通に購入すると 20k弱ですが、オークション利用すると 12k〜15k くらいが相場っぽいです。
中古のオークション品だとまあ、ピンキリですが 10k は超えない感じかな?
以前 B-Kids も覗いたんですが、あまり状態の良いものはありませんでした。
レンタルだと3ヶ月で 5-6k とまあ、これまた微妙なライン。
ということで、オークションで探してます。


懸念点とは違うんですが、ネットで口コミみてたら、
ある程度大きくなった子が、久しぶりにベビーシッターを見て懐かしがって飛び込んだら、跳ね飛ばされて後ろにすっ飛んだって話がありましたw
幸い後ろにソファーがあって大事には至らなかったそうですが、まあそんだけ丈夫に出来てるという事でしょうw
(普通は歩けるようになったら使わないと思うんで、考慮の必要もないと思いますがw)

2009年7月22日 (水)

ぐずり

ウチのチビはいつも右を向いています。
頭の形と耳の形が歪んで来ましたw
授乳後の脱力状態の時は自由にどちらの方向も向かせられるし、寝てるときはタマに左も向くんですが、起きてる時間の殆どは自分の意思で右を向きたがってるようです。
気にしなくて良いと、知識としては分かってても、気になりますw
いつも寝かせてる体の向きからは、右を向くとリビングの中(皆が居る方)を向く事になるからかな、と思い体の向きを逆(リビングの中を見るには左を向かないといけない)にしてみました。
が、今朝はやはり右を向いて、窓の外ばかり見ていましたw

さて、最近チビのぐずりが始まってます。
午前中だけだったのが、今日は午後になってもぐずってたようです。
(昨夜もぐずっては居たんですが、しゃっくりが出てたせいで寝そびれた為かも知れません)
抱けばおとなしくなるみたいなんですけどね。
起きてる時間が多くなって、刺激に順応する過程の反応、という解釈でイイのかな?

で、対策を考えてみた。

■音楽
まあ特にデメリットもないでしょう
とりあえず、お腹の中に居た頃に聞いてた、スティービーやカーペンターズから試してみようかと。
或いは胎内環境音、もしくはそれに類する換気扇やドライヤーの音も、試してみる価値ありでしょう。

■おしゃぶり
以前から賛否両論あるみたいですが。
http://allabout.co.jp/children/ikujinow/closeup/CU20060126B/
まあ基本的には、「長期使用は歯並びに悪影響がある」という事で落ち着いてるみたいです。
・日本小児歯科学会のサイト
http://www.jspd.or.jp/public/about_pediatrics_04.htm
まあしかし、歯が生えるまでなら構わない、のかな?
但し、母乳の場合は慣れるまで数週間は止めといたほうが良いという話も。。
じゃあとりあえず今はダメじゃん!

■おくるみなど
手足があまり自由になると不安があるそうで、抱く時もぎゅっと抱くと胎内を思い出して落ち着くそうですが。
おくるみで、手足が動かないように包んでやると安心するんだとか。

■抱く
始終抱いてるのはしんどいですが、スリングは首が据わらなくても使えるし、試してみる価値はあるかも。
ていうか、元々試すつもりだったしね。
赤ちゃんによって好き嫌いあるみたいですけども。
気になるのは、新生児の場合股関節脱臼の恐れが指摘されて以来
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2008100302000119.html)、
横抱きではなくコアラ抱っことかになると思うんだけど
http://www.babywearing.jp/netshop/sling/howto/#a_shinseiji
http://www.babywearing.jp/netshop/sling/howto/shinseiji/#a_kihon)、
この場合首に負荷かかりそうに思うんだけども、長時間使って大丈夫なんだろうか。
ベビービョルンのは、新生児は2時間までて制限あったんだけど。
ぐぐってみても、長時間のスリング使用は抱く側の肉体への負担に関する注意しか出てこないなあ。

■添い寝
母親が一緒に添い寝する、或いは母親の(匂いのする)服をかけてあげることで、安心するみたいです。


とりあえず今日買って帰った本
赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ
結構イイかも。

2009年7月21日 (火)

チビの一日

毎日ヨメ実家に通って、夕ご飯もお世話になってます。
平日は1日おきに家に帰ってますが、家から車で往復して顔出してます。

チビは起きている時間が少しずつ長くなって来たようです。
以前はミルク飲んでる時間以外は殆ど寝てるくらいの勢いでしたが、最近は目を開けてる時間が増えてきました。
まだ時間の感覚が出来る時期じゃないと思うんですが、主に起きてるのは昼間で、夜は良く寝てくれるので、とても助かります。

お腹が空いてなくておむつも平気なのに泣く事も増え、いろんな要求が増えてるんだな、成長しているんだな、と感じます。
顔つきも日々変わっていて、次第に赤ちゃんらしいふっくらした顔になってきました。

朝は、無理に起こしたりはしてないんですが、寝てても7時になったらカーテン開けて朝日を入れるようにしてます。明るくなると自然に目を覚ますようです。
朝起きたら授乳します。
このところ午前から昼過ぎまでは1−2時間おきにおっぱいをせがむようです。
夕方の授乳のタイミングを見計らって(授乳前か、30分−1時間後)、沐浴させます。
午後からは授乳間隔は3−4時間になります。
夜はあまり明るくしないようにしてます。
といってもヨメ実家に居て義父母が一緒なので、無理に暗くしたりはしてません。年を取ると明るさの感覚が鈍って同じ明るさでも暗く感じますし、高度成長期を経験した世代は「明るい家」を好む傾向にあるらしいですから。
おりは元々家に居る間はテレビ点けっぱなしな人なんですが、ヨメ実家と言うこともありあまりテレビ見てません。というか、意識してあまり見ないようにしてます。
自分達が就寝するまではリビングのベビーベッドで寝かせてて、自分達の就寝に合わせて寝室に移動してます。
夜中に起こされるのを見越して早めに寝るようにはしてるんですが、それでも22時〜23時くらいでしょうか。
0時頃と3時頃に授乳して、あとは朝までぐっすりです。(稀にもう一回起きます)

以前は夜中の授乳で手こずってミルク併用したりもしましたが、授乳前に乳房と乳頭のマッサージをするようにしたら出が良くなったらしく、ここ数日は完母です。
ただ、夜中に授乳すると腹が減るといって、ヨメは夜中にチョコを一欠け食べてます。

チビのへそから少し出血があるようなので、沐浴やオムツ替えの時にマキロンを綿棒に付けて消毒するようにしました。
まわりが赤く腫れたりという事はないようですのであまり心配はしていませんが、おむつがへそにかかってしまってるのでこすれてるのでしょうかね。
今まで使ってたオムツは、へそにかからないようにしようとすると漏れちゃって駄目だったのですが、お腹のギャザーを折り曲げれば解決することが発覚。
次の土曜までに治らない様なら病院に連れて行こうと思ってます。

2009年7月20日 (月)

赤ちゃんと音楽

今のとこ、ウチのチビはとても良く寝ます。
多分一日の大半寝てます。
夜や午前中はちょっとぐずぐず言ってる時もありますが。

子守唄を決めて繰り返し歌ってやってると、その歌を歌うことで寝やすくなるという話を聞きました。
皆さんはどんな歌を子守唄にしてるんでしょうか?

おりが考えると、まず第一候補はやっぱジョンの「Beautiful Boy」やろうなあ〜。別に日本語じゃなくても良いんだよね?
ヨメが歌う前提だと、チャラの「愛の歌」かなあ。でもリズムがクってるような曲は子守唄向きじゃないのかな?
ライブで歌った中では、キャロル・キングの「So Far Away」もいいかな?
あ、昔「スイートメモリーズ」も歌ってたな、そういえばw

他に、目覚めの音楽を決めて毎朝聞かせる事が、昼夜のリズムを作るのに役立つと、ある本に書いてありまして。
てことで、目ざめのプレイリスト作りましたw

  1. ToTo「Africa」
  2. Chara「やさしい気持ち」
  3. Diana Ross「Touch Me In THe Morning」
  4. CASIOPEA「Asayake」
  5. Dave Grusin「Mountain Dance」
  6. 高中正義「空ド白ソ」
  7. Parachute「Hercules」
  8. 村上"ポンタ"秀一「I Want You Back」(ポンタトリビュートアルバムから、ボーカルNOKKO)
  9. 山下達郎「DONUT SONG」

昼間音楽聞かせてると、スティービーとか落ち着くようです。
お腹に居たときによく嫁が聞かせていたからかも知れません。

何かお勧めありますか?

赤ちゃんグッズとか

●赤ちゃんグッズなど
2週間健診で、嫁は母乳が出すぎだと言われたようです。
無駄に搾乳とかしないように言われたようです。出した分補充するように作るからてことですね。
後、牛乳とかあまり取らないように言われたみたいです。意識して沢山摂ってるって事は無いんですが、牛乳飲んだら母乳出るなんて都市伝説かと思ってましたが、あるんですかね?

さて本題。

■消毒
哺乳瓶などの消毒て、皆さんどうしてるんでしょう。

  1. 煮沸
  2. 消毒液
  3. 電子レンジ

のいずれかですよね。

ウチは、レンジで加熱消毒できるキットを買ってあったんですが、搾乳器がコレで殺菌できるのか分からない。
少なくとも「使える」とは明記してない。
このキット自体の耐熱温度が140度で、殆どのパーツはこれ以上の耐熱温度なのできっと問題なし。
ただ唯一、吸い口(搾乳した後に哺乳瓶に付ける乳首)の耐熱温度が低くて120度。
煮沸なら問題ない耐熱性能だけど、このレンジで水蒸気が何度まで上がるのか分からない。
基本的に水蒸気なりたてはやっぱ100度くらいだろうけど、水蒸気もレンジで更に加熱されるんじゃなかろうか?

結局確証が持てないので、消毒液(ミルトン)買って来ました。
「やってみて溶けなければOK」でも良いのかもしらんが、見た目大丈夫でも何か変な環境ホルモン出てないか心配です。
それに、レンジの方が楽かと思ってたけど、予め漬けといて使う時に取り出すだけの方が楽ですね。
残留消毒液が、気にはなりますが。。


■授乳クッション
大活躍してます^^
中の綿を調節して高さ変えられるものとか、カバー外して洗えるものとかありましたが、ネットに入れれば丸洗いできるってやつを買いました。
でもまあ、1つしかないと洗うタイミング無いんですが。。2つ用意するもんなのかなあ?


■抱っこ紐
ベビービョルンの抱っこ紐
首をガードしてくれるので、首が据わる前から立て抱っこできるし、脱着も簡単です。
生後一週間から使えるって事ですが(但し首が据わる前は連続2時間までと注意書きあり)、こんな時期に長時間外出させる気もないし、まだ使ったことありません。多分デビューは一ヶ月健診後でしょう。
ていうか、よく見たら体重 3.5kg〜て!「平成12年 乳幼児身体発育調査報告書」によれば、日本の赤ちゃんは7日で平均値 3.13kgやがな!w 75パーセンタイルでも 3.39kg。
出生時の赤ちゃんのサイズに人種差はあまりないと読みましたが、スウェーデンの赤ちゃんは巨大なのかな?w
ウチのチビは一ヶ月で3.5kgになるかな〜

2009年7月18日 (土)

体重

ちびの体重管理をしようと思い立ちましたw
日々 10g単位で管理しようという訳じゃありません。
とりあえずは週一で。100g単位で見れればいいと思うんで、ベビースケールとかも用意しません。
自分の体重と抱いた体重の差を取るだけ。相対値(体重の増加量)が分かれば良いので、おむつ着用着衣のままで。

厚生労働省の出してる「平成12年 乳幼児身体発育調査報告書」というデータがあります。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0110/h1024-4.html
ちょっと古いですけどね。
まあ大雑把には、出生時 3kg、1kg増/月 で3ヶ月で出生時の倍、といったところみたいです。

ところが、母乳の場合は事情が違っているようです。WHO/ユニセフの指針てのがありまして。
http://www.juntendo.org/c&m/07/c&m-07-12.php
(順天堂大学静岡病院のHP)
※生後2〜3週までに出生体重に戻る。(注1)
※生後6ヶ月までは1日の体重増加は18〜30g、
1週間の体重増加は125g以上
1ヶ月で500g以上、
生後5〜6ヶ月で出生体重の2倍、
1年で3倍でよいとされています。

注1:生理的体重減少といって、出生後数日で一旦数百g減少します

母乳とミルクで結構違うもんですね。
ウチの場合は、出生後1週間入院の間は母乳とミルク混合で、退院前に出生体重に戻ってます。

退院後はほぼ母乳なので、まあ退院から200g増えてりゃいい方かと思ってたんですが。
今日2週間健診で量ってみたら、なんと退院して6日で330g増加してました。

で、「平成12年 乳幼児身体発育調査報告書」のデータと一緒にチビの体重推移をグラフに出すエクセル作ってみたw

濃い青のラインが50パーセンタイル。
元が小さいから、まだまだ小さいね〜

健診で、へそがちょっと湿ってるて話になったんですが、膿んでる訳でもないし様子みましょうという話になりました。
改善しないようならまた外来で来てくれとのこと。
エフシートの事も相談したんですが、とりあえず注文するのは良いけど、自己判断で使うのは止して、一ヶ月健診で形成外科医に相談してからにしましょうという話になりました。

2009年7月17日 (金)

乾杯

赤ちゃんが音などに反応して、手を宙にビクビクっと出すことがありますが、これはモロー反射の一種だそうで。
昔人類がサルだった頃、お母さんザルにしがみついてた頃の名残らしいです。
この動作が、堪らなくかわいいですww
時々、手のポージングが不思議な時があるんですが、JOJO的、もしくは前衛舞踏・暗黒舞踏的でもありますw

ヨメが、夜中の授乳時にチビが飲み足りなそうにするので、何度も授乳して時間がかかって大変だと言ってました。
母乳の量は一定ではなく時間帯によって異なるという話を聞いていた事を思い出して、夜中は母乳が少ないのではないかと伝えたところ、昨夜ミルクを足してみたら満足して良く寝てくれたそうです。

さて、ヨメは妊娠期間中、当然禁酒してました。
まあ元々おりの様にバカみたいに飲む人じゃないので、そんなに酷く我慢してたって風もないんですが、それでも暑くなってきてからはタマに「ビール飲みたい」て言ってました。
産まれてから義父とは乾杯しましたが、ヨメはまだです。

母乳へのアルコール移行について、産婦人科医になった同級生に聞いてみました。
「毎日はだめですが、一杯くらい大丈夫です。
 母乳への移行が心配なら授乳する直前に飲んで、飲んだ後の1回目だけ母乳を搾乳破棄すれば大丈夫です。」
とのこと。
なるほど、飲む前に授乳しとけば良いのかと思ってたんですが、そうじゃなくて逆に一度搾乳破棄すれば良いんですね。
で、その一回はミルクか事前に搾乳しといた母乳を与えれば良いですね。

帝王切開の傷に障らないかとの質問には
「たまにであれば、帝王切開の傷にビール1杯くらいは大丈夫。
 術後1カ月までは、週1回くらいで我慢してもらってください。」
とのこと。
さっそく今週末にでも、ビールで乾杯したいと思います^^
産まれたら飲もうと取ってたワインもあるんで、来週末も再来週末も乾杯だなw

他に、傷についても助言もらいました。
「術後1カ月くらいから傷がケロイド状になってきます。
 心配であれば富士薬品のホームページからエフシートという商品を通販で購入できます。
 届くのに2−3週間かかるかもしれないから早めに注文して、早めに貼って下さい。
 シートは2枚ひと組で洗えば2か月は持ちますから、僕は患者さんに最大で6か月つけてもらっています。」
ほほ〜う、なるほど。
一応明日の2週間健診なので、そのときの医師にも相談してみましょう^^
子供の健診なんで専門は小児科医でしょうが(産まれた病院に小児科と皮膚科・形成外科もあります)、相談は出来るでしょう。

感謝!

あ、そうそう
「甘やかしちゃだめですよ。
 ちなみに3歳までの愛情の注ぎ方で人格形成の基本が決まるそうです。」
だそうですが、甘やかさないのは難しいすなあw

2009年7月16日 (木)

授乳期間の注意点を調べてみる(その3)

あんまりおりがチビを見つめるので、穴が開くんじゃないかとヨメが心配していますw

書き忘れてましたが、昨日(11日目)へその緒が取れたみたいです。
1週間から2週間くらいで取れるもんらしいんで、順調ですな^^
特にジュクジュクしてる様子もないみたいです。

さて、授乳期の母親の食事について心がけるべき事を、調べてみました。
授乳期間は妊娠中に比べれば、食べちゃいけないものは少ない様に思います。
カフェインやアルコールの取りすぎは、当然駄目ですけど。
一般には、脂っぽいものは乳腺が詰まるから良くないと言われてるみたいです。
脂は平気だという意見もあるみたいですが、別に積極的に脂を取る理由もないので、避けといた方が良いでしょう。
http://allabout.co.jp/gs/medicalfood/closeup/CU20080129A/

逆に食べた方が良いてのもあまり無くて、炭水化物とたんぱく質を大目にするくらいで、大事なのはバランス良く食べる事だとか。
カルシウムを特に意識して摂取しなくて良いというのは意外でした。
逆に牛乳や卵の過剰摂取が赤ちゃんのアレルギー体質に繋がるという指摘や、乳製品の過剰摂取により乳腺が詰まるという指摘(乳脂肪の取り過ぎが原因?)もあるようです。
まあ、特定のものばかり食べずにバランスよく、という事でしょうね。

しかし食事に関しては、直接的にはおりは無力で、義母に任せっきりです。感謝、感謝です。
せめて週末くらいはおりも何か作ろうかとも思うんですが、義父母の口に合うかどうか、自信がないです^^;
せめて、脂身の少ない豚モモ肉で、ハムとベーコンでも作ってみましょうかね。
2週間かかるけどもw


前にも一度調べたんですが、改めてハーブについて調べてみました。

■妊娠・授乳期間に避けた方が良いハーブについて。
セージ、タラゴン、ペニーロイヤルミント、マジョラム、オレガノ、クローブ、ジュニパーベリー、タイム、バジル、マスタード、レモングラス、ローズマリーなど

うーん、タイムやローズマリーやセージやミントやクローブなど、香りや薬効の強いものは控えるようにしてたけど、レモングラスやバジルは気にしてなかったなあ。。
ていうか、ノンカフェインドリンクとして、レモングラスティーはむしろ積極的にヨメに勧めてました。。^^;授乳期には問題ないみたいですが。
こんなにあると安全なもの探す方が難しいけど、名前が挙がってなくて常用してるものって、レモンバームとルッコラかな。

■授乳期間に良いとされるハーブについて。
逆に良いとされているものは、
ローズヒップ、ネトル、ラズベリーリーフ、フェンネル、ディルなど
こないだ書き忘れてたけど、お七夜に作った鯛の塩釜焼きのお腹には、フェンネルを詰めてました。その時あまったフェンネルは嫁実家に置いて来たんですが。
これからも積極的に持って行こうと思いますw
ローズヒップティーもまだ家に残ってたんじゃないかな?
もちろん、過剰摂取は良くないでしょうけど。

こういったハーブの情報って、精油成分の薬効についてソレっぽく書かれてるものもある(チモールは子宮刺激作用がある、など)けど、明らかに民間伝承の域を出てないもの(中性ヨーロッパではコリアンダーは媚薬として使われていた、など)も混在しており、過信は出来ないです。
実際、レモングラスティーを「ノンカフェインで妊婦向き」と売ってるのを見たことがあるので、玉石混交です。
まあ、常識の範囲の摂取量で、楽しみながらいろいろ試してみたいと思います^^

こうしてみると、薬にもならないけど毒にもならない麦茶って、心配なくガブ飲みできるという意味では、なかなか良い飲み物なんですなあ。

2009年7月15日 (水)

授乳期間の注意点を調べてみる(その2)

またヨメ実家に泊まりに来ています。
今日はヨメと義母が、夕方にチビの沐浴してくれました。
おりがやるとどうしても時間が遅くなってしまうので。
会社から直接ヨメ実家に行ったとして20時、自宅経由して行くと早くて20時半、で授乳前のタイミングを見計らって、てやってて昨夜は結局22時になってしまいました。

授乳前に沐浴して沐浴後に授乳してあげれば、沐浴好きになる動機付けになるかとか、その後も良く寝るんじゃないかと思ったんですが、授乳直後だけ避けて授乳後30分〜1時間後に沐浴した方が、赤ちゃんの機嫌が良くて沐浴が楽で良いとか。

沐浴の時間帯ですが、調べてみると10時〜15時が良いみたいです。
でもまあ、時間帯にはそんなに拘らなくてもいいのかな、と思ってます。
但し、同じ時間帯に入れるようにして、リズムを作ってやる事が大事みたいです。

まあいずれにせよ、おりが自分でやりたいという事ではなく、結果的にチビやヨメや義父母が楽なようになれば良いかと思ってます。
週末は積極的にやろうと思いますが^^

■果汁
ちょっと前までは、離乳食(5〜6ヶ月目くらいから開始)以前に果汁を与えるのが、セオリーだったんだと思います。
主な理由は「ミルク以外の味に慣れさせる」「スプーンに慣れさせる」の2つかな?
昨日引用したブログにもちょっと書いてありましたが、現在は「離乳食前に果汁を与えるべきでない」と言われています。
甘い味に慣れるとご飯食べなくなるとか、或いは虫歯のリスクについても指摘されているみたいですが、何より厚生労働省のガイドに記載されています。

・厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について(2007年)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/s0314-17.html
「離乳の開始前に果汁を与えることについては、果汁の摂取によって乳汁の摂取量が減少すること、たんぱく質、脂質、ビタミン類や鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル類の摂取量低下が危惧されること、また乳幼児以降における果汁の過剰摂取と低栄養や発育障害との関連が報告されており、栄養学的な意義は認められていない。」
「スプーン等の使用は離乳の開始以降でよい。」

・赤ちゃんに6ヶ月までは果汁を与えるな
http://tamagomama.blogzine.jp/goikenban/2007/11/post_6e43.html
(昨日も引用した「たまごママネット」代表 新井一令氏のブログの別エントリ)
 アメリカ小児科学会の専門委員会の勧告てのが転記されてます。
「果汁は生後6ヵ月未満の児に飲ませるべきではない。」
「果汁摂取量は1-6歳の小児では1日当たり4-6オンス(約110-170 mL)に制限すべきである。7-18歳の小児では1日あたり8-12オンス(約220-340 mL)または2盛り(サービング)に制限すべきである。」

早くいろんなもの飲食させてみたいと考えがちだけど、離乳までは乳飲ませてろって事みたいですね。
まあ確かに、それが自然な姿なんでしょう。
しかし、「小学校上がるまでは1日コップ一杯まで」「高校出るまでは1日350ml缶一本まで」とは厳しすぎる気も。。^^;

(もう一回続く)

2009年7月14日 (火)

授乳期間の注意点を調べてみる(その1)

昨夜は初めて、親子3人川の字で同じ部屋で就寝しました。
といっても真ん中はヨメですが。
前日は夜中に大泣きして結構大変だったそうで、昨日日中はヨメと義父母も昼寝してたそうですが、昨夜は妻子共におりに気を使ってくれたみたいで、夜中に一度起こされただけでした。
朝もちょっとだけいつもより早かったけどw
入院日も退院日も日曜日だったし、手のかからん良い子やな〜^^
(週末出産で金は余計にかかったけどw)

一番つらいのはむしろ、ヨメ実家から出勤すると電車で座れない事ですねえ。
朝の通勤電車で立ってる事って、この10年くらいあんまり無かったです。始業時間が遅かったり、自転車通勤だったり、最寄駅始発の電車使ってたりとかで。

今日は自宅に戻ってから車でヨメ実家往復して、沐浴して来ました。
昨日よりは上手く出来たかな?^^

さてここから今日の本題です。
育児については時代によってセオリーも変わってるみたいで、親世代の常識が今は通用しなかったりするようです。
育児なんて人類が何千年もやってきた事なのに、まだ確定してないんですねえ。
神経質になる必要はないと思うけど、子育てって皆「自分はこれで立派に育てた!」て経験からの自信持ってるから、新米はまず理論武装しないとw

てころで自分なりに調べてみたりしたメモ。

■水分補給
最近は新生児の水分補給は、白湯(湯冷まし)や麦茶などは必要なく、基本的に母乳のみで十分だと言われているみたいです。
といってもこの情報のソースは、近年は授乳教室等でそう教えられる事が多いらしいという口コミ情報のみで、裏づけとなるような公的資料が見つからないんですけど。

基本的には、母乳の約88%は水分なので、他に水分補給は必要ないということみたいです。

昨夜沐浴後に義母が湯冷ましを用意してくれてましたが、白湯は飲ませずに授乳のみにしました。
白湯や麦茶を与えるのに哺乳瓶を使う事で、(哺乳瓶の方が吸いやすいので)母乳を嫌がるようになる、という指摘もあるようです。

・生後一ヶ月,白湯や果汁は与えるな!
http://tamagomama.blogzine.jp/goikenban/2008/08/post_1a0d.html
(育児支援に取り組む大阪市のNPO法人「たまごママネット」代表 新井一令氏のブログ)
「果汁や湯冷ましを与える慣習は、戦後間もないころ、品質の悪いミルクを飲ませていたために必要だった」
「腸管組織の発達から見ても6ヶ月までは母乳やミルクの他には与えない方がよい」
(続く)

2009年7月13日 (月)

通ってます

ヨメはチビ連れてしばらく実家に帰ってます。
1ヶ月くらいのつもりでしたが、産婦人科医になった同級生に、3ヶ月くらい帰らせたらどうかと言われました。
実家に帰って貰うのは、産後体がしんどい時期にただでさえ授乳で睡眠不足でストレスフルになるので、家事から解放してあげようという意味があるのですが、赤ちゃんに昼夜の別がついて生活にリズムが出来てくるのが、3ヶ月後くらいになります。
3ヶ月に延長するかどうか、義父母にも相談してみます。

で、その間毎日ヨメ実家に顔出させてもらって、半分くらいは泊めてもらおうかと思ってます。
てか、今日も来てますw
仕事忙しくない間は、基本的に沐浴はおりがやるつもりで考えてますです。産後のヨメや高齢の義父母には、ちょっとしんどいと思いますので。

チビの様子ですが、入院中は授乳時間は決められていて、4時間おきでした。(2,6,10,14,18,22時)
母体回復を重視している病院で、夜間は赤ちゃんは新生児室に預けられる方針だったので、夜間の授乳は、希望すれば自分で出来たけども、やってもらうことも出来ました。
退院後は、インターバルはそんなに気にしないで、欲しがったらあげれば良いと言われているそうですが、インターバル開きすぎると良くないので、6時間寝たら起こして飲ませるように言われているそうです。
今のインターバルは2時間〜5時間といったところみたいです。

基本母乳オンリーなのですが、哺乳瓶より母乳の方が吸うのが大変らしく、30分かけて飲んだあとは疲れ果ててしまうみたいです。
で、ミルク飲んでる時間とオムツ替えてる時間以外はほぼ寝てますw
なんか夜行性みたいで、夜とか朝方には泣いたりするみたいですが、今のところ昼間しか見てないので、泣いてるとこは少ししかみたことないです。

昨日は、初オムツ替えにも挑戦しました。
今日は初沐浴でした。
まだまだ太もももケツも細っちいです。
はやくムチムチになって欲しいもんですw

2009年7月12日 (日)

退院とお七夜

今日は待ちに待った退院の日。
朝9時くらいに家を出て病院に行き、清算済ませてようやくチビに会えました。
インフルエンザ対策のおかげで、おりがちゃんと会えたのは出産直後以来です。
その後ラウンジでお茶頂いてナースセンターに挨拶し、一旦自宅に戻りました。
ヨメが自分の着替えとかまとめるのを待って、嫁の実家へ。
といっても車で20分くらいですが、これから1か月ほどはヨメとチビがお世話になります。

さて、今日は誕生8日目になりますので1日遅れになりますが、お七夜、誕生祝をやりました。
昨日仕入れておいた鯛は1.7kgで、足を縮めたちびとは体長差があまりありませんw


これに1.5kgの塩、卵3個分の卵白を混ぜて、
まずアルミホイルに塩敷いて
大葉、出汁昆布を敷いて鯛を置き、
また出汁昆布、大葉を敷いて塩を被せ、
これをBBQコンロで1時間半ほど焼きました。


命名書は義母に書いてもらいました。


で、今日はおりだけ帰って来ました。
とりあえず、借りて来てるダークナイトでも観るかw

2009年7月11日 (土)

誕生7日目

今日は朝から市場へ出かけ、明日のお七夜のための鯛を仕入れて来ました。
で、出生届を出して来ました。
これで名前も正式に決まりました^^

午後は病院行ってましたが、姉と姪が見舞というか赤ちゃん見にというか、来てくれました^^


さて、以下は今日の食ログ。

まずは朝ごはん。


昼は、最近やはり野菜が少ない気がしたので、サラダのみ。
トマト買ってきて、冷蔵庫にあったたタマネギと、プランターのルッコラのサラダ。

こういうもんばっか食ってれば血が綺麗になるんだろうなw

夜は病院ディナー。
ヨメが入院してる病院は、退院前夜はコースディナーなんですが、個室の場合は2人分出て個室で一緒に食べれるです。
で、一緒に食べて来ました。




非常に起伏に富んだ食生活でしたw

2009年7月10日 (金)

誕生6日目:名前決定

自分の名前の画数を調べてみたらかなり良い事が分かって、親の想いを有りがたく思うと同時に、自分も負けない想いを込めたいと思いました。
占い的なものは信じてませんが、今回の自分のように、いつか想いが伝わるのではないかと思います。

当初、

  • 読み(音)を決める
  • 漢字を選ぶ
  • 画数を調べてみる

というアプローチでしたが

  • 画数を決める
  • 漢字の候補を探

という方法で考え直してみました。

基本的な名前選びの方針は、

  1. 2人は音楽を通して知り合ったので、出来れば音に関する文字を入れたい。
  2. 名前に子供への願いを込めるとしたら、「健康に育って欲しい」。
  3. 呼びやすい名前にしたい。3音節くらいまでが良いのではないか。
  4. 最後の音の母音は、「い」「え」>「あ」>「う」「お」。
    「い」段や「え」段だと、名前呼ばれて振り向いた時に、呼んだ人の口の形が笑った形に見えるので。

です。

で、画数から考え直して、今回色んな人の意見も聞きつつ再検討した結果、なんとか決まりました。
24時間365日受け付けてるので、明日届けを出すつもりです。

2009年7月 9日 (木)

誕生5日目

今日も仕事後に面会行って来ましたが、特にネタは無し。

あ、今回出産費用は、休日加算と帝王切開加算で、保険適用しても700k超になる見込みらしいす。
どこいら辺に保険が適用されてんのか、明細みてみないと分からんですが。
ああ、BDプレイヤーが遠ざかるw 

2009年7月 8日 (水)

誕生4日目

配偶者出産に伴う特別休暇も明けて、本日より仕事に復帰しています。
仕事中にヨメが携帯から写真付きメールを送ってくれるのが、とても嬉しいです。
定時は18:30で、まっすぐ帰ると20時くらい。面会時間は21時までなので、平日も30分くらいなら面会に行けます。
新生児面会は20時までなんで赤ちゃんは見れないんですけどね。
足のむくみ対策に、結構キツイ靴下を履いているんですが、まだ屈むのが痛そうなので、靴下履かせに行ってます。

昨日は乳の出が悪く、乳房が固いといって冷やしてたので、「桶谷式マッサージてのが良いらしい」と伝えてたんですが、今日は沢山出たみたいです。
でもまだ冷やしてるみたいでした。
また、ひざが伸びないとか言ってたんですが、聞いてみたら腰椎麻酔の影響で力が入りづらいんだそうで、徐々に良くなるらしいです。


これまでヨメの様子についてあまりちゃんと書いてなかった気がするので、ちょっと経過をまとめて書いてみます。

○1日目(出産当日)
手術することに決まってから実際に運ばれるまでは、30分くらいだったでしょうか。早かったです。
その前に看護士さんが来た時に「準備しとく」みたいなことを言ってたのは、恐らく手術の準備だったのでしょう。
車椅子で連れていかれ、おりはテレビドラマの手術シーンみたいに手術室の前で待つでもなく、新生児室のまわりですることも無くただうろうろしてました。
この間に義父母も来てくれました。
赤ちゃんにガラス越しに会えたのは15分後くらい。すぐでした。
正確なデータは、16:15分、2,675g でした。
立会い出産するつもりだったのに、あっけない対面になってしまいました。
最初の甥が生まれた時は、丁度1月2日で帰省していたので、分娩室の前で母と2人で待ってて産声を聞いた時には母と抱き合って泣いたものですが、今回は盛り上がりもなく周りに他人も居たので、泣きそびれました。

ヨメの処置の方が時間がかかるという事で、ヨメに会えたのは更に30分ほど経ってからでした。
ヨメは、体が震えると言ってました。見た目では、あご辺りがぶるぶるしてるようでした。
特に大きなショックを受けているという訳でもなさそうで、手術後には良くある事らしいと聞きました。
医師にも手術は上手く行ったと説明を受け、お礼を言いました。
基本的に回復室は配偶者だけなのですが、ナースセンターでお願いしてみると義父母も入れてくれ、しばらくしたら赤ちゃんも連れてきてくれました。
このときちょっと抱かせてもらいました。
4日目の今日までで、赤ちゃんに触れられたのはこの時だけです。
インフルエンザ警戒態勢でなければ、本来母子同室の時間はおりも一緒に居られるらしいんですけどね。

○2日目
翌日ヨメに会った時には、もう管はつながってませんでしたが、麻酔が切れて辛そうでした。
でもじっとしてると癒着するとかで、積極的に動かないといけないんだそうです。
特に立ち上がる時が辛そうで、歩くのもゆっくりでした。
点滴のスタンドをそのまま借りて、杖代わりというか歩行器代わりというか、掴まって歩いてました。

この日からシャワーが解禁されてました。

個室のサービスで、コーヒー紅茶オレンジジュースくらいの飲み物は、電話一本でなんぼでも持ってきてくれますし、上げ膳下げ膳で、見舞といってもする事ないです。
駄弁ったりDVD見たり名前考えたりするくらい。

ヨメの食事ログはヨメのブログを見てください。(http://tomoko1106.exblog.jp/9951699/
結構すぐに普通の食事になるんですね。
夕食を食べきれないと言って半分くらい残してたので、残りはおりが食いました。

盲腸と一緒で、笑うと痛いしオナラが出ないといけないらしいですね。
自宅から持ってきたDVDはお笑いとか避けたんですが、丁度借りて未見だったので一緒に観たDVDが「クワイエットルームへようこそ」「亀は意外と速く泳ぐ」とコメディ要素の強い2本で、悪い事しました。

○3日目
2日目に比べると随分楽そうで、点滴スタンドなしで歩いてました。まだ歩くのはゆっくりですが、昨日よりは早いです。
痛みどめは飲んでたそうです。

この日の夕食は完食してました。(http://tomoko1106.exblog.jp/9957709/
午前中から説明受けたり授乳したり、そんなに暇ではなさそうです。
本来この日から母子同室なんですが、おりが居ると赤ちゃんは新生児室行きになるので、おりに面会に来られるのもヨメにしたら迷惑かも知れませんw
お腹はまだ見た目そんなに変わったように見えません。(へこんでません)

2009年7月 7日 (火)

誕生3日目

今日も14時から病院へ見舞いに。

ちびりんとは相変わらずガラス越し。
ヨメの授乳訓練のついでに、ちらっと出入り口まで連れて来て貰って、今日は何とか声をかけることはできました。
お触りなしですがw

昨夜あまり寝ずに名前考えました。
ちゃんと画数考えだすと、意外と難しく。
一々漢字考えてから画数調べるのめんどくさいんで、エクセルで数字の組み合わせ作って調べてみました。
2文字の前提で、1画+1画〜20画+20画までの400通り。
私の苗字で私の名前はかなりイイ画数で、同等以上にしようとすると実は同じ画数も含めて3通りくらいしかないことが判明。。
逆に画数から漢字考えてみて、2人が「これならいいかも」と思えるものが一応見つかりました。

ヨメに、授乳の際に本人に聞いてみてもらったんですが、キョトンとしてたみたいですw
本人が決断できないなら決めてあげるしかないかなあw
一応、親にも相談してみようと思ってます。

今朝の庭

日曜ばたばたして書きそびれてましたが、土曜日花壇に花を追加しました。


ビオラを抜いてからどうにも色味が少なくなってしまったウチの花壇ですが、流石にも少し色気があっても良いんじゃねえか、と思う次第でして。
縁取りに使える背の低い、イングリッシュガーデンというテーマから外れない、夏から秋に咲く花を探してます。いやま、花じゃなくても、変わった葉色の植物でも良いんですけどね。

後先考えずにケイトウなんてカラフルなものを植えてしまって、カラーバランスに苦労してます^^;
で、とりあえずこないだは無難に白いクフィアを植えてみた訳です。
本当は青系統の花が涼しげかと思うんですが、鮮やかな暖色系のケイトウと並ぶと、ちょっと対比がドギツイと思います。
まあ一応モノの本によれば、同系統の色でまとめれば無難だけどインパクトに欠ける、補色関係にある色を使うと対比はキツイけど量のバランスをうんと傾ければ成立する、て事みたいですけど。

で、青い花2種、イソトマとブルーサルビアを足してみました。

花壇外には、種蒔いたカモミールが花付けてます。
同じく種蒔いたクリーピングタイムも育ってはいますが、遠目には全然分かりません。

2009年7月 6日 (月)

誕生2日目

ウチの会社は、配偶者の出産で2日の特別休暇が貰えるので、今日明日と休みとってます。

と言っても面会時間は14時からなので、それに合わせて病院へ。
帝王切開になったのでゆっくり静養してもらおうと、個室にしてもらってます。

まだ母子同室は出来ないのですが、午前中には母子スキンシップの時間があったそうです。
でも、インフルエンザの影響で、赤ちゃんには母親以外は新生児室でガラス越しにしか対面できません。。

まあ寝てるか半覚醒くらいなんですが、せっかくお腹の中に居た時から積極的に話しかけてたんで、声だけは聴かせたいんだけどな〜

ヨメの病室にはCDラジカセがあるんですが、AUX INが付いてたんでiPodを接続して、音楽聴けるようにしました。
更に、ウチのカーナビはポータブルなんで取り外してテレビと接続し、DVDを見れるようにして、レンタルしてたDVD一本観て来ましたw

面会時間は21時までですが、冷蔵庫に片付けないといけない食材があったんで、晩飯は作ろうと思って、20時過ぎには病院出ました。

しかし名前が決まりません。。
一応字画みてるんですが、そうすっと流派によって全然違う結果になったりして。
どんな流派でも良くなるようにしようと思ったけど、無理ぽw
「どこでもそこそこ」になるよりは、「どっかの流派で凄くイイ」になった方が良いかなと言う気がしてます。

2009年7月 5日 (日)

続:予定日+1

病院に着いた後、まだ痛みはひどくなさそうだったので、私は椅子をリクライニングして仮眠しました。

この時点ではまだ分娩室でもなく、回復室という6床の相部屋でした。
日曜日出産の場合は、出産後の部屋は個室ではなく相部屋にしようと相談していたので、相部屋でお願いしました。

○11:00
家内が暑がっていたので、10時過ぎに簡易扇風機を買いに100円ショップへ。
家内にはご飯出ますけど私の分は出ないので、ついでに朝昼兼用のご飯を食べました。
で、病院に戻る途中、病院から電話が。痛みが強くなって来てるみたいだから早く戻れとの事。

戻ってみると、家内は酸素マスクしてました。
時々赤ちゃんの脈拍が下がる時があるので、それをカバーするためとのことでした。

義父母にも連絡入れたら病院まで来ちゃいましたけど、回復室には配偶者しか入れないので、義父母は一旦家に帰ってもらいました。

○14:00頃
痛みが強くなって来ました。
間隔は3〜5分。
助産師さんに「良いペース」と言われました。

○15:00前
家内は食事や水分摂取を止めるように言われ、点滴を付けられました。

○15:00過ぎ
やはり赤ちゃんの脈拍が少なくなる時があり、別室でモニターしてた看護師さんが来て、家内の体の向きを直して行きました。

○15:20頃
医師が来て内診

○15:30
・家内に熱があり、子宮内感染症の恐れがある
・赤ちゃんの脈拍が少なくなる時があり、苦しがってると思われる
・子宮口の開きが遅く、このままでは長引きそう
という理由で、帝王切開にした方が良いと言われました。
ほぼリアルライムで、ネットで同級生(医者が複数居ます)にも相談してたんですが、好判断だと言われました。

○16:00頃
手術開始

○16:15頃
第一子、無事に誕生しました。
対面したのは16:30頃。

誕生よりむしろ、その後の家内の縫合などに時間がかかっていたようです。

程なく義父母も来てくれて、17:00前には家内にも対面できました。

帝王切開になったときに、術後の部屋は個室に変更してもらいました。
入院日数が延びるし、ゆっくりできるようにと考えたのです。
でもこの時点ではまだ個室に移って無くて相部屋でしたので、本日は18:00過ぎで帰って来ました。

今日取った赤ちゃんの動画はYoutubeにアップして、九州の実家の父にもメールで知らせました。
便利な時代になったものですね〜

明日は休暇取って14:00からの面会時間に合わせて病院に行くつもりです。
午前中に洗濯とか家事やらなければ^^;;

予定日+1

リビングのソファで寝落ちてたら、3時過ぎに「破水したかも」と起こされ、寝起きの運転で病院に。
内診の結果、やはり破水してると言う事で、そのまま入院になりました。
まだ陣痛も余り無いみたいですが。
今は、ちょっとした忘れ物や片付けをしに、一旦私だけ帰宅しています。
順調に行けば夕方くらいまでに産まれる、と良いな〜

2009年7月 4日 (土)

予定日当日

今日はウチの第一子の予定日でしたが、まだ兆候なしです。

■その1
某所で、「オロナミンC飲んだら陣痛来た」てジンクスが流行ってたんで、買って来ましたw


■その2
同じく、「焼肉食べたら来た」てジンクスがあったんですが、焼き肉って気分でもなかったんで、夕食は庭でプチBBQしました。
肉は豚肉ソテー用を、オレンジ風味にしてコショウ振ってみました。


■その3
題して「天の岩戸作戦」
外界が楽しいと思ってもらうために、お腹の前で「うひょひょひょひょ〜!」と、笑い声を立ててみてますw

2009年7月 3日 (金)

買ったものと買うもの2

○バウンサー
生後3週間から3歳前後まで使えるという話なので、今月中には買うかも。
このジャンルではベビービョルン(こないだ買った抱っこ紐のメーカー)がメジャーみたいですね。
自分で動いたら勝手にゆれるんで、ハイローチェアより楽なはず。
ていうか何より、ハイローチェアより持ち運びが楽。
8/1に義弟の結婚式があるので、母子の具合が悪くなければ3人で参加する予定ですが、基本的にはヨメに出てもらって、おりはチビと親族控え室で待機して、チビの機嫌の良さそうな時だけちょっと顔出させるつもり。
で、控え室にハイローチェアを持ちこむつもりだったんですが、こないだ嫁実家にハイローチェアを運び込んだ時、ウチのマーチにベビーシート載せてハイローチェア載せると、結構スペース的に厳しい事が発覚しまして。。
すぐ必要じゃないと思ってたんで産まれてから考えようと思ってたんですが、最近優先順位が上がって来ました。

○ベビーカー
産まれてから、本人が気に入るのを買うつもり。
国産か外国産か含めまだ機種は決めてませんが、ユースケースとして考えられるのは、

(1)1−2度/週、嫁一人で家からスーパーまで徒歩で押していくケース
コンスタントに発生するケースで、最も頻度が高いと思われる。
ちなみに嫁が子供連れて車で出かけるケース、公共交通機関を使うケースは殆どないと想定。
 (a)玄関から道路への1段の段差
  ->折りたたみ/展開の容易さ、重さがポイントだが、
   公共交通機関に乗る場合ほどではないと思われる
 (b)途中の道路の舗装が痛んで凸凹している部分がある
  ->タイヤの径がポイントか
 (c)買い物カートと2つ押す
  ->ハンドリング性、片手でも扱いやすい事が望ましい

(2)週末3人で出かけるケース
現状のスタイルでは、土日ともにどこにも出かけないケースはレア。
但し、ちょっとした買い物はおり一人だけで行って来るケースが増える事も、想定される。
あちこちハシゴする事はあっても、ショッピングモールやテーマパークなどで何時間も歩き回るようなケースはレア。
 ->長時間乗せる事よりも、乗せたり下ろしたりが楽な事が重要か。
※但し未確定要素として、公園等に散歩に行く機会が増える可能性大。

(3)普段(未使用時)
折りたたんで玄関に置く
玄関付近に収納するスペースは無い。
 ->なるべく小さく折りたため、自立できる事が望ましい

高くて重くて検討外だけど、こんなのもあんのね
http://item.rakuten.co.jp/glv/st9-0000-000/

新進のメーカーでギミックに萌えるけど、ちと重すぎかなw
http://www.katoji-onlineshop.com/155_0_0/list1_shopping.html?id=odn_int_idn

コンビが、持ち手がマクラーレンぽいの出してました
http://www.combi.co.jp/product/product_detail.php?pid=2&cid=3

2009年7月 2日 (木)

買ったものと買うもの

■最近買ったもの

○車の全部座席背面に付ける、ティッシュとかの小物類収納
かっちょ悪いけどしゃーないw
たまひよの通販で買ったんだけど、ちっとも魅力的でないタマちゃんのキャラが付いてると高くなる不思議w
自社宣伝になるんだから、むしろ安くするべきの気がするんだけど、あのキャラクターに魅力を感じる人が居るのだろうか?

○ベビーシートが過度に熱くならないようにする保温カバー
室温が熱くなりゃ熱くなるだろって気がするんで、どのくらい効果があるのか知らんけど。

○窓にはっつける日よけ

■購入予定してるもの
さてここから本題。
消耗品を除いて、この先年内くらいには買う事になりそうなものをリストアップ。
「こういうのが良かったよ」情報があったら教えてください。

○哺乳瓶関係
基本的に母乳の予定ですが、お世話になる事もあるでしょう。
一応ベーシックなのを用意してありますが、本人の好みも大きいジャンルなので、おそらく何種類か試してみる事になるんじゃないかと思ってます。
とりあえず用意したものは下記。

・ビン本体
ガラス製、小容量で吸い口とのインタフェースは一般的なサイズ。
(プラスチック製は、傷が付きやすく雑菌繁殖が怖いので)
(吸い口のインタフェースは、買い換える際の選択肢の広さを考慮)
家用にガラス製、お出かけ用にプラ製(軽い・割れない)と使い分けている方も居るようです。
複数必要だという話も聞きますが、産院で使うのと同じのが良いとか、産院で使ったのを貰える場合もあるというので、とりあえず用意したのは1本だけです。
まあドラッグストアとかですぐ買えるみたいだし。

・吸い口
天然ゴム製。
(シリコン製の方が長持ちするしゴムは匂いもあるけど、感触は天然ゴムの方が本物に近いらしい)
こちらもとりあえず1つだけ用意しました。

・殺菌消毒
薬ではなく、レンジで蒸気で殺菌するキットにしてみました。
薬品の残留とか気にしなくていいし。

・授乳枕
これはまだ買ってないので、今週末にでも見て来ようかと思います。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト