« 続:出産費用(その1) | トップページ | 続:出産費用(その3) »

2009年6月18日 (木)

続:出産費用(その2)

ヨメのお産の時の病室についての続きです。

3人部屋と個室の違いは、まずは設備の差

  • 個室は部屋にトイレやシャワーがあるが、3人部屋の場合はシャワールーム等に行く
  • 個室は部屋にCDラジカセがある

も当然ありますが、その他に

  • 個室は部屋で食事をするが、3人部屋の場合は食堂に行く
  • 個室だと、出産後のご褒美のコースディナーが2人分になり、アロママッサージが全身になる(3人部屋だとディナーは一人分、アロママッサージは部分))
  • 合部屋だと始終誰かの子が泣いてる状態になる

という差もあります。
しかし最も大きいと思われるのは、

  • 個室は部屋で面会できるが、3人部屋の場合は面会室まで出てきて貰わなければいけない
  • 3人部屋の場合、周りの人と良い人間関係が築ければ大きなメリットになると思われるが、逆のリスクもある

の2点です。

基本的には2人ともどっちもどっちだと思ってるんですが、面会の件はちょっと気になるポイントです。

面会と言っても、出産後に限った話になります。
通常は陣痛が始まってから病院に行って、まずは出産準備室に行き、時期が来たら分娩室、という流れです。出産準備室や分娩室には配偶者は入れますから、出産前に面会に行くという機会はありません。
(例外として、予定日を2週間過ぎて生まれない場合は、先に入院して陣痛促進剤を使うことになります。育ちすぎると難産になりやすいためです。中には医師の都合を優先して簡単に促進剤を使う病院もあるみたいですが、この病院は比較的自然分娩に近い考え方です。)

出産日が予定日通り土曜日であれば、出産後はどうせ平日で面会時間には病院に行けないので、私としては正直どっちゃでも良いです。(義父母は行きたがるんでしょうが^^;)
逆に水曜〜金曜の出産であれば、個室の方がゆっくり面会に行けるので嬉しいです。
幸い、どっちにするかは入院時に選べるみたいですので、その時に決めようと思っています。(もっとも部屋の空き状況にもよりますが^^;)

入院中に見る用に、HDレコーダーに録りだめた「水曜どうでしょう」を、そろそろDVDに焼いとこうかな〜w

« 続:出産費用(その1) | トップページ | 続:出産費用(その3) »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、出産が待ち遠しいですね^^。出産前の準備の様子がなんだか懐かしくなってつい書き込んでしまいました。私は1人目は相部屋、2人目は個室の病院で出産しました。相部屋になる人がどんな人になるかで大きく違う部分もあるかもしれませんが^^;一人目の出産の時は相部屋かつ授乳は授乳室だったので同時期にママになった人と知り合いになれたり(ネットで再会して今もちょっとしたつながりがあります)先輩ママさんの貫禄ぶり、その抱き方などを目の前で見れてすごく良かったです。一人だったら不安になったかもしれません。これでいいのかなぁーって。面会も一人目の時は大人しか来ないので相部屋でも特に問題はなかったです^^。二人目の時は、赤ちゃんの扱いもわかってるし上の子のお世話を少し休んでの出産なのでとにかく休ませてーって感じだったので(笑)個室がちょうど良かったです。もー、至福の時間で、たらふく寝ました(笑)。上の子が面会に来ても、他の方に気兼ねなく対応できましたし…。でも、5日くらい入院してましたがトイレも洗面所も個室内にある為他の部屋の方とは一言も話さないまま退院でした…。あ、いや、一回だけ退院後の生活の指導があってそこで10分くらい他のママさんと一緒に説明を受けました。が、それだけでした(笑)。奥様の性格にもよるかと思いますのでどちらが良いのかは一概には言えないことなのですがお二人にとって満足のいく出産入院生活が送れると良いですね^^。

ゆうさん、コメントありがとうございます^^ホント、一長一短で迷いますね〜なるほど、第二子以降は、子供が面会に来る事も考慮必要なんですね。まあこの悩みも、楽しんでやっています^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487884

この記事へのトラックバック一覧です: 続:出産費用(その2):

« 続:出産費用(その1) | トップページ | 続:出産費用(その3) »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村