« 使用感4:キッチンその2 | トップページ | 使用感6:キッチンその4 »

2008年11月 4日 (火)

使用感5:キッチンその3

○コンロ
IHにする気は全く無く、最初からガスにするつもりでした。

電磁波とかはあまり気にしない方だと思います。プロ用IHは結構凄いですが、家庭用IHの電磁波を気にしてたら電車にも乗れないと思ってます。(部材選び12参照)
でも炭火熾したり燻製したりするのに火が欲しくて、ガスにこだわりました。テーブルコンロがあれば足りと言えば足りますが。
この先子供ができたら火を扱える子に育って欲しいなと、漠然と思ってるってのもあります。

私が小学生くらいの頃、実家は薪で焚くお風呂で、焚き付けや火の番をやらされる事がありました。昨今ではキャンプにでも行かないとなかなか焚き付ける機会はないですけど、火の楽しさと怖さはちゃんと教えて行きたいと思っています。
「火を家に置かない事で衣服に引火する事故を遠ざける」という考え方もあるみたいですが、むしろそのリスクは老人に対して気をつけるべき問題な気がしてます。子供に関しては、「危険を遠ざける」のではなく「危険であることを教える」事の方が重要なのではないでしょうか。

一方、弱火でコトコト煮込むのにはポータブルなIH調理機が欲しいと、ちょっぴり思ってはいますけども。鍋も対応のにしないといけないし、まあ保温鍋で足りてるっちゃ足りてるし、置き場所も考えないといけないしで、なかなか手が出てません。

オール電化にすればガス基本料金がかからないというコスト面でのメリットは理解できるし、夏に比較的暑くないというのも分かりますけど、オール電化は必ずしもエコじゃない(注)と思ってますし、電気止まったら何もかも止まるというのも、リスクとして考えるとどうなんかなと思いますし。

(注)日本の発電量の半分くらいは火力発電で、結局家庭で燃やすのか火力発電所で燃やすのかという違いかと考えてます。熱で電力起こしてそれをまた熱にするのって、エネルギー効率かなり悪いと思いますし。そこらも考えてトータルでエコなのかどうか調査した資料を探してみたんですが、見つからず。じゃあ火力発電が全て原子力発電に置き換わったらオール電化にするかというと、原子力発電の是非はまた別問題で。風力水力太陽光発電で100%賄えればイイんですけどねえ。

前置きが長くなりましたが、キッチン本体のチョイスとガス選択で、コンロの選択肢はかなり絞られました。

私は魚は焼き網で焼くのが好きだし、家内は「魚焼きグリルは中まで掃除出来ない」というので、魚焼きグリルの付いてないコンロにしたいと思ってました。
ですが、選択できる中にそういうタイプが無くて、結局は普通に魚焼きグリル付きのコンロになってます。
ホントはその分収納にでもなってる方が嬉しいんですけどねえ。

口数は3口になってます。同じ3口でも、以前住んでた賃貸のコンロより間隔がやや開いてて、使いやすいです。
3つ同時には滅多に使いませんけどもね。3っつ目の小さい口は普段はヤカン置き場になってる事が多いです。
普段から3口しょっちゅう使うくらいなら、きっと4口必要になる気がするし、こんなもんかな?と思ってます。

【良かった点】
ガラストップにしたんですが、これはなかなか掃除しやすくてお勧めです。IHほどじゃないんでしょうけど。
右手前のコンロは、色々賢く火力調節してくれます。
例えば湯沸し設定すると、沸騰したらピピっと音出して弱火になったりします。かなりグラグラになるまで感知されませんが。まあこれは無いより有ったほうがイイ位のレベル。
しかし揚げ物の温度を設定できるのは、かーなーり、便利です。やや鈍いのが玉にキズですが。
家内は油が飛び散らないという理由でフライヤー(蓋した状態で揚げられる電気加熱の機械)愛用家ですが、アレ丸洗い出来ないから後片付けが面倒なんですよね。
揚げ物は私がやる事も多いんですが、私は最近フライヤー使ってません。

【悪かった点】
全口にセンサーが付いています。空焚きや油の過熱を感知して火事を未然に防ぐ機能で、最近はコレを売りにしたCMも良く見かけますが、コレがナカナカ曲者です。
左手前のコンロは一応解除できる事になってますが、感知温度が上がるだけで完全には解除できません。
普通にフライパン使ってても、焼き目付けたり表面をパリっとさせたりするためにガーっと強火にすると、センサーが動作する事があります。
一番困るのは燻製してるときや魚焼き網を使ってる時で、すぐ勝手に弱火になってしまったり、しまいには消えたりします。。
燻製はまあともかく、干物などを焼いてて弱火になるのは困ります。
で、どうやって魚焼いてるかと言うと、手前のコンロ2つ使って、五徳からちょっと浮かせた状態で手に持ったまま、交互に移動させながら焼いてます。。
正直、天気と時間さえ許せば、炭熾して七輪で焼いた方が楽です^^;
まあだからといってセンサーの配線切ったりしてみる勇気もなくw
焼き網の底が金属だからイカんのかなあ。石綿みたいになってるの買ってくるかなあ。。

« 使用感4:キッチンその2 | トップページ | 使用感6:キッチンその4 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

使用感」カテゴリの記事

コメント

日本の原子力発電所(の機械)のイニシャルコストのバカ高さ、&交換部品の無意味な高さは犯罪モノです。何しろ。ちょっとした故障を修理するにも部品1個ではなく、その部品を含めたでかいユニットを交換しなくてはならない設計になっています。メンテ手数料を稼ぐために。『エコ』の名目で浮いたお金は、その半分以上を○菱とか○立とかのプラント屋が吸い取っています。で。そいつらが『エコのために』ってタレントを使って宣伝しています。やっぱムダ」な自販機止を撤去するのが一番有効なエコです。

こんばんわー。私も料理だけはガスでないと嫌、派です。(電力会社の言う「エコ」もなんだかなーと思う)確かガスコンロの全口センサーは最近義務づけられたんですよね。。うちもセンサー付きの小径の火元を使うと(全部にセンサーがついてるわけではないけど)鉄釜でご飯を炊くときとかモカポットでコーヒー沸かしてるときとか必ず消えてしまう。。。たまにコーヒー沸かしたままなのを忘れるのでありがたくもありますが。温度感知だけでなくゴトクの真ん中のボタンみたいなものがセンサーでこれを押さえた状態(鍋か何かが乗っている状態)でないと鍋なしとみなして消えてしまうので・・・確かに網焼きは厳しいかも、ですね。。。CMでは「炙り焼き」とかやってたのになー。

臭気判定師匠さん以前浜松に住んでいたのですが、浜岡になぜ原発があるのか理解できませんでした。東海地震はいずれ来るのに、なぜそんな地域に?謎です。。Tatamimiさんセンサーは便利だけど不便ですよね〜楽になってんだかなってないんだか、分かりませんw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487741

この記事へのトラックバック一覧です: 使用感5:キッチンその3:

« 使用感4:キッチンその2 | トップページ | 使用感6:キッチンその4 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト