« リフォーム工事27:簡易ダクトレール | トップページ | リフォーム工事29:施主支給品 »

2008年9月 2日 (火)

リフォーム工事28:壁塗りその2

リフォーム工事27:簡易ダクトレールの続きです。

■2008年3月16日(日)
この日は休めたので、午前中から現地へ。

まずは駅前の自転車置き場の契約。4月の進入学就職シーズンに入る前にやっとかないと、自転車置き場難民になるのは嫌ですからね。

それから鍵屋へ。2月9日に依頼した見積もりは既に郵送で受け取ってましたが、正式に工事を依頼しました。
引っ越しが4月12日ですから、13日の予定です。

鍵屋の後は現場へ。

外壁は3度塗りするという事で、まだまだ塗ってます。

パントリーはかなり出来上がって来てます。

クローゼットも奇麗に出来てます。

リビングの中に残った柱は、大梁同様周りに薄い柱を貼り合わせて強化されてますが、ダボを使って釘が見えないように奇麗に貼って貰えました。

ごっついボルトが見えててもそれはそれでも良いかな、ぐらいに思ってたんですが、ここは棟梁がこだわって作りこんでくれたみたいで、ありがたいです。

今日は、玄関入ったとこにあるニッチのある壁を、シラス(鹿児島の、火山灰由来の土)入りの塗り壁薩摩中霧島壁で塗ります。
シラスが入ってるだけあって、カラーバリエーションはアースカラー系ばかりで地味ですが、クレイペイントよりグッと本格的に塗り壁っぽいので、派手な色にしようという気にはなりませんでした。

まずは下地処理として、石膏パネルのつなぎ目を網目状のテープでカバーした上で、下塗り剤を2度塗りしました。
その上から、中川さんが練ってくれた薩摩中霧島壁を塗って行きます。
2階につかったクレイペイントに比べると、ボソボソして堅く、ナカナカ塗りづらいです。聞いた話では、普通の珪藻土より塗りにくいんだとか。

で、こんな感じで出来ました^^
均等な模様にはなってませんが、まあ全ては「味」で(以下略w)
調湿とか空気清浄とかの性能は、元々そういうのにあまり敏感じゃないので良く分かりません。が、何となくですが、子供の頃に田舎の農家やってる親戚の家に行った時の、土間の匂いに近い感覚は、ある様な気がします。気のせいかも知れませんが^^;
ワザと凸凹を作って塗ったせいもあると思いますが、結構ボロボロと破片が落ちて、家内に掃除の手間をかけてます。ま、塗り壁には付き物だとは思いますけど。


作業中に畳屋さんと表具屋さんが来てくれました。
畳は表替でイケそうという事になり、襖の張替えと併せて発注しました。

リフォーム工事29:施主支給品へ続きます)

« リフォーム工事27:簡易ダクトレール | トップページ | リフォーム工事29:施主支給品 »

リフォーム」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487702

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム工事28:壁塗りその2:

« リフォーム工事27:簡易ダクトレール | トップページ | リフォーム工事29:施主支給品 »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村