« リフォーム工事26:照明購入 | トップページ | リフォーム工事28:壁塗りその2 »

2008年8月29日 (金)

リフォーム工事27:簡易ダクトレール

リフォーム工事26:照明購入の続きです。

■2008年3月16日(日)未明
結婚以来、LDK・DKの照明には、引っかけシーリングに後付けできる、簡易ダクトレールを使ってました。

レールのメリットとしては

  • 位置を移動できる
  • 照明の数を増減できる
  • お店みたいでちょっとおしゃれな感じ

あたりでしょうか。

デメリットとしては

  • 白熱灯のスポットライトは結構熱くなるので、レールだとスポットライトと天井との距離が近い為、焦げたホコリがライト上部の天井に付く事がある

そうです。

新居ではダイニング部分ににレールを使おうと思っています。
レールの造りつけも考えてたんですが、

  • コストダウン
  • 将来飽きた時の為のリスクヘッジ

の2点から、結局天井には引っ掛けシーリングを作って貰うだけにして、今の家で使っている簡易ダクトレールを流用する事にしました。

取り付け位置の確認はしておきたいので、一度レール現物を取り外して持って行かなきゃな、と思ってました。
仕事で徹夜明けでしたが、ちょっと寝て起きたらなんだかやけにテンション上って来たんで、夜中に取り外しましたw

んで、仕舞ってあった、元々付いてた照明を付けようとしたけど。。

ん?なんか付かないぞ。。

記憶が蘇って来ました。。

コレ元々は直付けだったのを、電気屋に引っかけシーリング付けてもらったんでした。。

じゃあまずは引っかけシーリング外さなきゃ。
木ネジ外して。。

と、ここで思い出しました。

これ以上は電気工事の資格が必要な工事じゃなかったっけかww
コッソリやっちまってもいいけど、天井の強度とかも自信ないしなあ。
でも今から工事頼むにしても明日は出かけるしなあ。

と悩みましたが。。。まあ何とかなりました。

リフォーム工事28:壁塗りその2へ続きます)

« リフォーム工事26:照明購入 | トップページ | リフォーム工事28:壁塗りその2 »

リフォーム」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487701

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム工事27:簡易ダクトレール:

« リフォーム工事26:照明購入 | トップページ | リフォーム工事28:壁塗りその2 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト