« リフォーム工事12:現場確認 | トップページ | リフォーム工事14:差し入れ »

2008年8月 4日 (月)

リフォーム工事13:着工

リフォーム工事12:現場確認の続きです。

■2008年2月8日(金)
着工前にはキッチンなどの部材の発注をする必要があるという事でした。
ギリギリまで細かいコストのすり合わせをやってましたが、ようやくOKを出して発注してもらいました。

■2008年2月9日(土)
いよいよ着工のこの日、午後からは雪の予報で、朝から非常に寒かったのを覚えています。
中川さんの話では「建築では雪が降っても槍が降っても着工(新築は地縄といいますが)する」のだそうです。
雪道を運転したくなかったので、初めて電車で現場へ。初めて乗る路線で、緊張感と非日常感が高まります。
途中駅のホームにスタバが有ったので、一旦電車を下りて朝ごはんを購入。ちょっとした遠足気分です。
中川さんには到着時間を連絡しておいたので、現地近くの駅まで車で迎えに来てくれていました。

予定通り午前10時に現場に到着すると既に解体作業は始まっていて、1階和室の壁はもうすっかり取り払われてます。

もちろん頭の中では、あの番組のあの曲が流れますw

大工さんに作業してもらいながら、2階で中川さんと打ち合わせ。着工時確認です。
決まってる事と決まってない事を明文化した上で、現時点での最新見積もりを出して来てくれました。

売主はプロパンガスを使用してました。ご近所もプロパンガスですが、ガス会社に確認したら家の前の道まで都市ガスが来ていたので、引き込み工事をしてもらって都市ガスに切り替える事にしました。敷地内の引き込み工事は自己負担ですから初期投資はかかりますが、プロパンガスは単価高いですから、数年でペイできるのではないかという皮算用です。
大地震などの災害があった場合はプロパンガスの方が強いかもとは思いましたが、あまり地震の心配のある土地でもないので、コストを優先しました。

この他にもいろいろ修正があったので全体として見積り金額は前回より若干上がったものの、ガスの引き込み工事が予想より安かったので、プラマイゼロでほぼ予算ぴったりでした。
暖房・照明・クロス・カーテン・タイルは、ある程度概算は出てますが、まだこの時点では決定してないので流動的です。
このうち暖房とクロスは予算に組込んでますが、照明・カーテン・タイルなどは含んでいません。これらは施主支給ということで、こちらの手持ち金から出すことになってます。

打ち合わせの後、顔合わせを兼ねて近くの中華料理店で昼食会を開きました。
棟梁に現金やお酒を渡したりする場合もあるみたいですが、最近では少なくなっているそうです。
事前に中川さんとも相談した結果、この昼食会の食事代をウチが持つ代わりに、現金渡したりはナシという事にしてました。
ウチ(夫婦2人)と中川さんの他、トステム問屋、トステム営業、キッチンコーディネーター、塗装屋、電気屋、水道屋、大工さん達、総勢12名です。
そう、今回の工事では工務店を介してません。中川さんが問屋や職方さんを直接手配してくれてます。
私は個々の業者さんと直接契約してる訳ではないし、スケジュールや進捗の管理もやってる訳ではないので、分離発注とは違うと思います。中川さんが工務店の役割までやってくれている、という感じでしょうか。

中華料理店に着く頃には、予報どおり雪がちらついていました。
問屋の社長はイカにも個人経営者といった風格の方です。
トステム営業は若手です。キッチンコーディネーターは女性で、家内と年も離れてなさそうなので、家内は話しやすそうです。
電気屋、水道屋、大工さんといった各職方の方々は、ベテランの実直そうな方々が揃っています。
塗装屋さんは親子でやってらっしゃるとの事で2人でいらしてました。お父さんの方は大学で化学を学んでたとか。多分この業界では変り種と思われます。ちょっと話しただけで、すぐ可塑剤がどうとかって話をされましたw家内は当然話に付いて来れませんw私は常々、「モノを作る人間はオタクじゃなきゃイカン」と思ってます。拘りを持てない人間に良いモノは作れないと。いや、このオッサンはイイ!ですw
総じて好感触です^^

和やかな食事会の後現場に戻って、工事開始の挨拶としてご近所へタオルを配りました。タオルは中川さんが用意してくれました。
友人の日記で読んだのですが「家建てて喜んどるのは本人だけ」だそうです。近所の人にしてみれば騒音があったり工事車両が停まったり、迷惑があるばっかで何も良い事無い。
これは、ウチの様なリフォームでも同じだと思います。ご迷惑をおかけするのは間違い無いので、どんな奴がやってんのか顔くらいは見せておかないと。

片方のお隣は今住んでないので2軒隣にご挨拶。これからどんな風になるのか興味持ってくれたみたいで、好感触です。良さそうな人で良かった^^
反対側のお隣のご主人はご不在で、息子さんがインターホン越しの応対のみ。こちらにはまた改めて顔出す事にしました。
ホントはもっと沢山回るつもりだったんですが、中川さんが「今日は寒いからこれくらいで止めときましょう」と。外にじっと立ってると震えてくる位の寒さでしたので、止む無しと言ったところです。

夕方からはホームセンターへ行って、施主支給する予定のカウンター材などの下見をしました。

その後、駅近くの鍵屋で鍵交換の見積もり依頼。
鍵のメーカーはカバロイヤルガーディアンに絞り込んで居たので、予めネットで取り扱いのある鍵屋を調べてありました。
実物を見るとロイヤルガーディアンはゴツ過ぎる印象で、財産とかある訳でもないのにこんなゴツイの付けて「ここん家何か良いもんあるんじゃないか」と思われても困る、という分不相応感がありました。
一方、カバには新製品のカバスターネオてのが出ているとのこと。こちらは見た目も大人しくてウチ向きな気がします。
防犯フィルムなどの説明もしてもらいましたが、今回は玄関と1F窓のクレセント錠のみ強化することにして見積もり依頼しました。
見積もりは後で紙で郵送してくれるそうです。

食事してから電車に乗り、地元の駅まで戻った頃にはもうすっかり夜で、雪がざかざか降ってました。

この冬一番の大雪だったと思います。
車で行かなくてホントに良かったです^^;


この後しばらく私の仕事が忙しくなり、午前様だったり徹夜になったり、週末も休めなかったりという日々に突入して行きました。
家内一人で打ち合わせに行ってもらう事が多くなり、苦労をかけました。

リフォーム工事14:差し入れへ続きます)

« リフォーム工事12:現場確認 | トップページ | リフォーム工事14:差し入れ »

リフォーム」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487685

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム工事13:着工:

« リフォーム工事12:現場確認 | トップページ | リフォーム工事14:差し入れ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト