« 部材選び13:暖房3(カーテン) | トップページ | 引っ越し »

2008年4月11日 (金)

部材選び14:暖房4(暖房器具)

部材選び13:暖房3(カーテン)の続きです。

暖房には大きく分けて3つの方式があります。

(1)伝導式:電気カーペットなど、体に直接熱を伝える方式

(2)対流式:エアコン、石油ファンヒーターなど、温風を対流させる方式。
 ストーブなどは自然対流式と呼んで温風式と区別する場合もあるようです。

(3)輻射式:床暖房など、離れたところから熱を輻射する方式。

以下、今まで使ってきた暖房器具の個人的偏見的印象です。中途半端な知識による独断分類付きですw

○石油ストーブ(実家のみ):
 自然対流式、輻射式。
 快適度:中。
 近くと遠くで温度ムラがある。換気が必要。給油が必要。火傷の危険性がある。でも上でおでんをぐつぐつしたり無水鍋で焼き芋作ったりできるw

○こたつ(実家、独身時代のみ):
 輻射式?
 快適度危険。
 こたつの中しか温まらない。ヨメはホコリっぽくなると言って嫌ってる。

○電気ストーブ(独身時代のみ):
 輻射式。
 快適度低。
 前面しか暖まらない。

○灯油・ガスファンヒーター:
 温風式。
 快適度高。
 乾燥しない。逆に結露する可能性がある。換気が必要。灯油だと給油が必要。ガスだとホース引き回しが必要。

○エアコン:
 温風式。
 快適度中。
 乾燥するので加湿器が必要。温度ムラが出来るので扇風機などとの併用も必要。

○オイルヒーター:
 自然対流式兼輻射式。
 快適度高、かなあ。不快度は低い。
 乾燥するので加湿器が必要。温まるのに時間がかかる。

○電気カーペット:
 伝道式兼輻射式。
 快適度中。
 部屋を暖める目的ではない気がする。尻があったまると眠くなる。上に家具など置くのがはばかられる。

これまでランニングコストはあまり気にしてこなかったデス。。

部材選び15:暖房5(暖房器具2)へ続く)

« 部材選び13:暖房3(カーテン) | トップページ | 引っ越し »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

部材選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487659

この記事へのトラックバック一覧です: 部材選び14:暖房4(暖房器具):

« 部材選び13:暖房3(カーテン) | トップページ | 引っ越し »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村