« 花見BBQ | トップページ | 部材選び6:換気扇その2 »

2008年3月31日 (月)

部材選び5:換気扇その1

部材選び4:洗面台の続きです。

換気扇について通常より良い環境にしたいと思ってます。
なんせ燻製やりますからw
庭でやれば良いじゃん!と思われるかもしれないけど、別にものぐさとかではなく、せめてフィルター通そうという、自分なりの回りへの気遣いなのです。
いや、庭でもやりますけどもね。

テレビで、レンジフードつけずに壁に強力な(業務用?)換気扇つけた家を取り上げてました。
調べてみると、業務換気扇になると家庭用の倍とかの風量があるらしいです。(家庭用だと最大でも600m3/h程度、業務用だと強にすると1,000超えるものも。ちなみに一般家庭で普段使いに必要なのは多分300くらい)
それは心強いですが、そうすると給気も当然同じ量必要になるわけで、冬なんか下手すりゃ換気扇回すと部屋が寒いなんて事になりかねないとも思う訳です。
だって、例えば延べ床面積100m2で天井高2.5mとして容量250m3な訳ですから、1時間に2-4回も全とっかえするほどの計算になりますよね。まあ実際にはキッチン換気扇の吸気を他の部屋からは取らないから、キッチンの空気入れ替え頻度はもっと高くなるのでしょう。
ちなみに居住空間としては一般には2時間で空気が入れ替わるくらいの換気が必要らしいです。(http://www010.upp.so-net.ne.jp/onhome/note/kanki.html)(もちろんキッチン換気扇にはこれ以上の性能が必要です。)
ので、やはり寒くなったりはするのかも知れません。

まあ、換気扇は家庭用のにしとく方が無難でしょう。微弱モードみたいのがあれば別ですが。

そこでグリーンハイキのような横引き換気扇が魅力的な訳です。
http://www.greenhaiki.co.jp/
風量を上げずに、より近い場所で吸う事で効率的に排気するてことですね。

でも、設計士の中川さんが横引き換気扇について後ろ向きです。
理由は消防法です。
「クックトップとレンジフードのグリスフィルターの距離が80cm以上1m以下」についてクリアできていないので、消防署の許可が必要だという事です。

グリーンハイキは実際に昭和59年に消防庁に相談をして、その結果いくつかの規制を受けその条件内で「やむを得ないものとして取り扱う」という承諾を得ているらしいです。
合法でもないけど非合法でもない、という扱いだとか。んで各消防署判断になってるらしいです。

まあ実際にダクトに付着した油から火災になった例もあるらしいです。
(参考:http://www2u.biglobe.ne.jp/~g-a/zairyou/TukauZairyo/honki24-141Haikieesu.html
うーん、火災になったとこは油垂れるほど汚れとったんじゃないかという気もしなくもないですがねえ。。家庭用コンロでダクトに吸い込まれるほどに炎が上がる事もあるまい、とも思うのだけど。。

まあしかし実際、使用感などのユーザーレビューは軒並み素晴らしいといって良いです。
ただし、黒田秀雄さん(http://www.kitchendesign.jp/)は否定的です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2142222.html で回答してるau_user さんも黒田さんでしょうかね。

部材選び6:換気扇その2へ続く)

« 花見BBQ | トップページ | 部材選び6:換気扇その2 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

部材選び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487649

この記事へのトラックバック一覧です: 部材選び5:換気扇その1:

« 花見BBQ | トップページ | 部材選び6:換気扇その2 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村