« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月26日 (火)

物件探し17:中古物件へ

物件探し16:再開の続きです。

■2007年11月10日(土)
午前中は、晴海デザインセンター(現:住まいづくりナビセンター)に「住まいの計画書作り」の最終回を受けに行きました。
(2回目の記録が残ってないんですが^^;多分10月末くらいに行ってるはずだと思います^^;)
最終回ということで、いろいろまとめの言葉を頂きました。
自分達の志向を簡潔にまとめると、「食と音楽を楽しめる明るい家」という事になるようです。
食と音楽はまあ自覚あったけど、言われてみれば日当たりもかなり重視してるなあと自覚させられました。この後間取りとか考えるのに影響を受けました。
「完成して、さあ住んで下さい、という家よりも住みながら手を入れて行くのが好きなんじゃないですか」という言葉が印象的でした。外溝とか細かい棚とかは後で自分でやればいいか、と思う様になりました^^

午後からは、前回(物件探し16:再開)書いた2つの物件、【中古住宅2】と【中古住宅3】を見に。
この2つを比べると、【中古住宅2】の方が開けたエリアで治安的にも安心感があります。
【中古住宅2】にはまだ売主が住んでいましたが、設計士のNさんと一緒に内覧させてもらいました。
Nさんにあちこちチェックしてもらいました。
外から見た感じでも築年数の割りに綺麗だと思ってましたが、中からみてもかなりしっかりしててフローリングの軋みとか傷も見当たらず、好印象です。

【中古住宅2】は2週間以上前に見つけて内覧は始めてで、結構時間経ってます。
良く「不動産との出会いは結婚みたいなものだ」と言われますが、ビビっと来た訳でもないし、運命的な出会いでもないしw
まあ、嫁との出会いも別にビビっと来てないし、こんなものでしょうかw
ということで、今度はこの物件を第一候補として検討することにしました。

物件探し18:中古物件へ続きます)

2008年2月24日 (日)

物件探し16:再開

物件探し15:断腸の思いの続きです。

■2007年11月8日(木)
平日夜ですが、10日ほど開いてこの日久しぶりに物件を見に車で出かけました。

・【中古住宅2】
駅から2キロくらい(物件探し12:買付証明どうする?2参照)
ここにするなら、中古のままリフォームする方針。

・【中古住宅3】
【中古住宅2】とは駅反対側の比較的暗いエリアだけど、大きな道からちょっと入ったところで、そんなに暗くない。
駅からの距離は2キロと、【中古住宅2】と同じくらい。両隣は家建ってるけど南側の奥は畑になってて開放的なのもと共通。畑越しに大きな店が煌々と光っていてなんとなく夜も安心感がある。
ここにするなら、壊して新築で立て直す方針。。

・【土地8】
【中古住宅2】とは同じ側だけど駅から4キロ。安いから一応行ってみました。
広々として燻製やBBQには良さそうでしたが、さすがに遠すぎ&暗すぎでした^^;

物件探し17:中古物件へへ続きます)

2008年2月20日 (水)

物件探し15:断腸の思い

物件探し14:魅惑の変形地の続きです。

■2007年10月27日(土)
連日、朝から【土地7】へ。
休日昼間の交通量は、私的には全く問題ありません。
今日はちょっとしたお菓子を持って隣の総菜屋さんへ突撃インタビュー。(昨日も顔は出したけど、不動産屋にも相談した上で手ぶらで行ってました)

  • 排気ガスに関しては、洗濯物は普通に干せてる
  • 高圧線について、テレビは共通アンテナから引けるから電波障害とかはない
  • 昼間の交通量は平日は週末より多い

私は平日昼間は家に居ませんが、その時間帯の交通量に関して家内が気になるというなら、まあ折れるべきなのかも知れません。

昼に義父と待ち合わせ、一緒に【土地7】を見てもらいました。
そしたら、予想以上の猛反対を受けました^^;

  • 変形地
  • 交通量

について指摘されました。
川と変形地に関しては、反論しようと思えば出来たんですが、交通量に関しては感覚の問題なので。。
後々気持ち良く遊びに来てもらいたいし、議論にはしたくなかったのでご意見は大事に受け止めてキャンセルする事にしました。
今となってみれば家内は後ろ向きというより嫌がってたかと思いますので、無理に進めずに止めて良かったと思っています。

が、当時内心では不満でしたし、落胆もしました。

この一ヶ月ちょっとの間に随分駆けずり回りましたが、家内にしてみれば急な展開だし、休日殆ど引きずり回されてかなり疲れて居たようです。
ということで、ちょっと一息入れてペースダウンして続けようと話し合いました。
この日は2人だけでプチ打ち上げをしました。

物件探し16:再開へ続きます)

2008年2月17日 (日)

物件探し14:魅惑の変形地

物件探し13:【土地7】の続きです。

■2007年10月26日(金)
現在トップ候補の【土地7】についてのメリット/デメリットは以下の通り。
メリット

  • 変形地
  • 川に面している
  • 坪単価が回りより安い

デメリット

  • 変形地
  • 川に面している
  • 上を高圧線が通っている
  • バス通りに面していて交通量が多い

うーん、こうして書き出してみるとデメリットの方が多いみたいですが^^;
「不動産に掘り出し物はない」と言いますが、「他の人のデメリットが自分にとってデメリットでない」場合、自分にとっては掘り出し物になり得る、と考えています。
この場合、川と変形地ってのが私にとってこれに当たっていると思います。

デメリットの中で最大の問題は、交通量です。
仕事の休みを取って、朝の交通量を確認しに出かけました。
私的には想定の範囲内でしたが、家内にとっては予想以上の交通量だったみたいで、気にしています。
夕方に改めて、K設計事務所のNさんと、取り扱ってる不動産屋と4人で現地を確認しました。
雨が降っているせいもあり、夕方も結構交通量があります。
私は、実家が田舎ながらにバス通り沿いだったのでそんなに抵抗ないんですが、家内はやはり気にしています。

更に、ネットで調べた結果、斜め向かいのコンビニはまもなく閉店する事が分かりました^^;
まあ数百メートル行けば他のコンビニがありますが。

物件探し15:断腸の思いへ続きます)

2008年2月16日 (土)

物件探し13:【土地7】

物件探し12:買付証明どうする?2の続きです。

■2007年10月25日(木)
前回(物件探し12:買付証明どうする?2)書いた【土地7】の買付証明が切れて、交渉権を獲得!
この時点で、【土地7】が私の中で一番上位になりました。
そこで、買付証明を出していた【新築建売1】について、まだ期限には2日ほどありますが、もう夜だったのでとりあえず不動産屋Aさんに丁寧にお断りのメールを出しました。

実は【新築建売1】について一番ネックになっていたのは、共有の私道部分でした。
経験者にもいろいろ話を聞いたりした上で、「お隣が良い人だったら良いけど、変な人が来ちゃったらこういう境界の曖昧なスペースはやっかいな事になるリスクがある」、という考えになりました。
この物件を諦めた時点で、新築建売の線は消えました。逆に言えば、実際それ程迄に気に入って居ました。
私は元々似たような家の並んでる住宅地には抵抗があったのですが、家内は世代の近い人が住んでいるであろうという点で前向きでした。ですが、この物件で共同の私道がネックになった点から、この後の土地探しにおいても新しく造成した宅地はほぼ候補から外れました。
私達の家探しの、大きなターニングポイントでした。

ということで、新しい要望が加わりました。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
・最寄駅は譲れない。駅までは自転車通勤でも構わないので、目当ての駅に2キロまで。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。
・共有の私道のような土地が無いこと

実は前日のウチに、【新築建売1】を紹介してくれていた不動産屋Aさんには正直に迷いが有る旨メールしていました。
その為でしょう。本日のメールを送信したばかりのタイミングで、不動産屋Aさんが上司の方と一緒に私の自宅に来られました。
土地の目星付けてる事は伏せましたが、注文住宅を含めて検討しなおしたいので、キャンセルして一旦白紙に戻したいと腹を割ってお話しました。
買付証明キャンセルでのトラブルって言うのもタマにあるみたいですが、紳士的に話し合いできました。
この後2−3のメールのやりとりはありましたが、直接Aさんに会ったのはこの日が最後になりました。
熱心に物件探しにお付き合い頂いて、今でも感謝しています。

物件探し14:魅惑の変形地へ続きます)

2008年2月14日 (木)

物件探し12:買付証明どうする?2

物件探し11:買付証明どうする?の続きです。

■2007年10月24日(水)
またまた平日なのに夜に車で物件見て来ました。
K設計事務所の設計士Nさんと探した新しい候補2つを、私達2人だけで下見です。
買付証明を出してる【新築建売1】より良い物が見つからなければ、もう【新築建売1】に決めるつもりで、最後のあがきです。

【中古住宅2】
建蔽率50%、容積率80%。築13年。
南側が田んぼになっていて開けています。
ロケーション的にも問題ないです。

【土地7】
建ぺい率50%、容積率200%、古屋あり。第一種中高層住居専用地域。
今の候補の中では駅に一番近いです。
三角形の変形地で南西はバス通りに、南東は川に面しています。
斜め向かいはコンビニです。
後になって気づいたのですが、高圧線が上を通っていました。
変形地なのは上手くすれば面白いと思うし、燻製やBBQやるのに川っぺりというのは非常〜に魅力的です。

川沿いのメリットとしては、
・少なくともそこに他の建物が建って日当たりが悪くなる事はない
・夏に川を渡ってきた風が入れば気持ち良さそう

逆にデメリットとしては
・最大のリスクは増水
・川が綺麗じゃない場合(将来的なリスクも含め)匂いの問題が出る可能性がある
・湿気、地盤に問題が有る可能性がある、というか地盤改良はおそらく必要でしょう

見た感じは結構綺麗な川で匂いは大丈夫そうです。調べた限りでは水が出たことも長い事無さそうです。
この市は治水に今力を入れているみたいですから、悪化する事は無さそうな気がします。
私はかなり惹かれました。
但し、この物件には他の人の買付証明が入っており、期限が明日一杯らしく、結果待ちです。

物件探し13:【土地7】に続きます)

物件探し11:買付証明どうする?

物件探し10:買付証明の続きです。

■2007年10月23日(火)
悩んでいた【土地4】はやはり夜道の暗さと距離がネックとなり、止めることにしました。将来子供が出来た時に夜道が心配だ、という家内の意見に打たれた結果です。
これにより、駅からの距離は2キロまで、と要望が変更になりました。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
・最寄駅は譲れない。駅までは自転車通勤でも構わないので、目当ての駅に2キロまで。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。

一方【新築建売1】については、不動産屋からキッチンやバスが同仕様の建築済物件の内覧が出来ると連絡があり、私は平日は仕事でさすがに無理なので、この日家内が行ってきました。
結果、バスは合格との事でした。
但し、キッチンはやや難あり。ビルトインの機能が無いのはまあ一長一短だから良いとして、トップが薄めの人造大理石でチープ感があるのと、トップとシンクとのつなぎ目が気になってる模様です。
更にマイナス要素として、130平米だと思ったら私道部分が含まれてたので実質はほぼ100平米だという事が判明。まああの辺りの土地でウチの予算では妥当な広さではあるけど、ちと狭い気はします。

物件探し12:買付証明どうする?2へ続きます。)

2008年2月12日 (火)

物件探し10:買付証明

物件探し9:【新築建売1】の続きです。

■2007年10月20日(土)
午前中は、晴海デザインセンター(現:住まいづくりナビセンター)に「住まいの計画書作り」の1回目(全3回)を受けに行きました。

そのまま移動して午後からは不動産屋Aさんに行き、前回(物件探し9:【新築建売1】)書いた【新築建売1】の仕様確認です。
今まで見た建売の中では一番良い部材の様でした。

でもこの時点ではキッチンメーカーのショールームとかも見に行ったりしてたので、目が贅沢になってしまって見劣りするように感じてしまいました^^;
しかし迷いはまだ有るものの、価格ロケーション全て含めて、これまでで一番良い条件の様には思われます。

そこで、ついに買付証明を出しました!
買付証明とは、「ちょっと本気で考えるから、1週間くらいその物件他の人には紹介しないで止めといて」ってものです。金銭的なリスクは無いですが、あまり気軽にやるべきものではありません。
一週間くらいの間に、どうするか結論を出さねばなりません。


■2007年10月21日(日)
買付証明は出したものの、後で後悔しないように出来るだけの事はしておきたいので、まだ物件探しは続けています。
優先順位の一番は【新築建売1】ですが、【土地4】にもまだ未練がありますし。

最初は「何もかも決めないといけない注文住宅はめんどくさい」と思っていたのが、この頃にはすっかり「出来れば何もかも決めたい」と思う様になっていました^^;

この日は夜に少し時間があったので、家内がネットで見つけた物件をアポなしで、ネットに出ているだけの情報を頼りに突撃見学に行きました。
見学時間は終わってましたが、なんとか物件には辿りつけました。
外から見て回っただけですが、立地条件含めて特に目を引くようなポイントはなく、収穫は無かったです。

物件探し11:買付証明どうする?に続きます。)

2008年2月11日 (月)

物件探し9:【新築建売1】

物件探し8:土地探しの続きです。

■2007年10月16日(火)
平日でしたが夜道を確認したくて、仕事の後帰宅してから車を1時間運転して前回(物件探し8:土地探し)書いた【土地4】を見に行きました。
夜道は思ったより暗いです。
それ以外は私は気に入ってるんですが、家内は町並みが暗くてウキウキ度が足りないみたいでした。

その足で、不動産屋Aさんに紹介されていたものの週末に時間が無くて見に行けてなかった、建築中の【新築建売1】を見に行きました。
【土地4】とは駅の反対側で、こちらは夜道も明るい上に距離も2キロほどと近いです。
分筆された4軒の家が同時に建築中でした。
よくある、手前の2軒は公道に面して奥の2軒は旗地になってるパターンで、私達が目をつけたのは奥まった旗地でした。
北側道路ですが、南側隣家はなんか農家の方の小屋かなんかみたいで、平屋で距離も少し離れてます。
西側は2階建てアパートですがこれも少し距離があります。
東側と北側は同時に建築されてる隣家です。
住宅地にありながら、あまり隣家が迫ってなくて、立地条件は申し分ないです。


■2007年10月18日(木)
またもや平日夜に、車で【土地4】を見に行きました。
別のルートで夜道を確認してみたところ、マシではありましたが、やはり暗いには暗いです。

物件探し10:買付証明へ続きます)

2008年2月 8日 (金)

物件探し8:土地探し

物件探し7:【土地2】の続きです。

■2007年10月14日(日)続き
前回(物件探し7:【土地2】)と同じ日の午後に、K設計事務所へ。
設計士のNさんと4つの土地を見て回りました。

【土地3】
建蔽率60%、容積率200%、古屋あり。30坪ちょい。
容積率が200%あるせいか、結構空が狭く町並みもゴチャっとして見えました。
新しい町ならそうでもないんでしょうが、古い住宅街でどんよりした雰囲気なのも気に入りませんでした。

【土地4】
建ぺい率50%、容積率80%、北西道路、古屋あり。40坪弱。
このくらいの建蔽率・容積率だと町も広々とした雰囲気でした。
道向かいが駐車場で、更にその向こうは林になってるのも良かったです。
バスの本数は多かったんですが、駅から3キロとちょっと離れていました。

【土地5】
目当ての駅から2駅、更に20分以上歩くロケーション。50坪。
目当ての駅というのは、急行停車や本数や終電などを考えた上で、基本的に通勤の基点としたいと思っている駅の事です。この物件から目当ての駅までは8キロ以上あるんじゃなかろうかと思われます。乗り換え増えるの嫌だから、ここにするなら原チャリ通勤かなあ?
しかし南東角地で、さすがに広くて安いです。
新しく分筆して造成した住宅地で、周りにも同様に6区画あります。
ちょっと行くと原っぱで、広々とした環境で非常によいです。
何よりも、すぐ近くに公園があって1年おきに花火大会をやってます!(会場が交互に変わるので1年おきになってます)
但し、県道から一本入っただけで、県道は結構交通量あります。
買物は不便そうです。コンビニは数百メートルにあるにはありますが。。

【土地6】
目当ての駅からは1駅、更に徒歩は20分以内。30坪。
目当ての駅からは6キロくらいでしょうか。土地が一番狭いだけあって、今回見た中では金額的にはここが飛びぬけて安いです。
新しく分筆して造成した住宅地で、周りも新しい住宅地で、新しいかわいらしい家ばかり。
車でちょっと行けば店はいろいろあります。
家内は【土地6】に惹かれてました。
新しく造成した土地は、周りに同世代くらいの家族が住んでるというのも魅力だったみたいです。
実は私は【土地5】に惹かれましたが。。
結局、通勤を考えるとやはり両方とも厳しいかな、という結論になりました。

ということで、新しい要望が加わりました。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
・最寄駅は譲れない。駅までは自転車通勤でも構わないので、目当ての駅に2−3キロまで。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。

そして総合的に考えた結果、この時点での最有力候補は【土地4】になりました。
但し、リフォームではなく建替えたいと思ったので、設計士とも話して解体費用として100万の値引きの条件を出して交渉してみることにしました。

物件探し9:【新築建売1】へ続きます)

2008年2月 7日 (木)

物件探し7:【土地2】

物件探し6:【中古住宅1】の続きです。

平日もネットで物件探ししながら、不動産屋Aさんや設計士Nさんとは継続的にメールで密に連絡を取っています。

そんな中、前回(物件探し6:【中古住宅1】)書いた不動産屋Bに紹介された建築条件付き土地を、前回はもう暗かったので、昼間にもう一度見に行きました。

物件を探すときに、色んな時間帯に行ってみる事は重要です。
昼間行く時のチェックポイントは、まずは日当たりですね。天気が良い日なら、近所の人が洗濯物を干しているかどうかもチェックポイントです。大きな道路の側など空気が良くない場合、洗濯物が外に干せない場合があるから、その確認です。
夜では回りの様子がどうなってるか分かりづらいので、そこもチェックポイントですね。高圧電線(気になるならですが)があるか、周りに公園などあるか、など。
夜に行った場合は、夜道の明るさや人通りの多さなどの治安関係が、一番のチェックポイントでしょう。

あいにくの曇天で洗濯物のチェックは出来ませんでしたが、この物件は昼間のチェックも問題なさそうです。
話によると、まだ工事が始まってないので間取りは変えられるという事でした。「フリープラン」という言葉を使っていたと思います。
しかし、建築条件付土地はトラブルになったりする事もあるとか、あまり良くないウワサも聞きます。私はそれが気になっていました。
そこで不動産屋に質問を投げてみました。

  • 建築条件付土地はあくまで土地の取引であり、不動産屋に支払う手数料は土地の値段に対するものであるはず。なのに、建物込みの値段しか提示されないのはどういう訳か。
  • 選択の幅が決まってるとはいえ、フリープランなのに値段が決まっているのはどういう訳か

不動産屋Bの答えは、「本来建売する予定で価格設定しているけど、今なら建てる前だからフリープランにできる」という事でしたが、なんだかスッキリしません。

とりあえず、設備などの仕様についての説明を受けました。
キッチンやバスはタカラでした。実績のある良いメーカーだと思いますが、家内はキッチンにワクワク度が足りない模様。
扉とかも選べる幅が少ないです。
いや、その中にあるものがどうしても全て気に入らないという訳ではなかったんですが、後で「あ〜こうしたかった」と思わない為の、自分なりの納得感てのが欲しかったんですね。
まあそんな話をしていたら、不動産屋Bは、「その年収ならもっと借りれるから予算を増やしてみてはどうか」という提案をしてきました。
これは私にとってはNGワードです(笑)。
買えるギリギリの家を買うつもりはありません。この方にはウチのゆるいライフスタイルを分かってもらう事は出来ないのではないかと思い、お付き合いするのは止めにしました。
という事でこの物件は流れて行きました。

物件探し8:土地探しへ続きます)

2008年2月 6日 (水)

物件探し6:【中古住宅1】

物件探し5:【土地1】の続きです。

■2007年10月8日(月、祝日)
3連休で車で長野旅行に出かけた最終日、帰り道に不動産屋と待ち合わせました。
今振り返ると、もう完全におかしなペースで探してますね^^;
メインの不動産屋Aさんと6軒ほど見て回りましたが、私達二人が納得する物件には出会えませんでした。この日は特に印象に残った家も思い出せません。

更に夕方、ネットで見つけた中古住宅を見に、不動産屋Bと待ち合わせました。
輸入住宅で、階段の手すりやドアノブや窓枠などの造作はなかなかに素敵でした。
が、結構交通量のある道路に面していて、車の出し入れが大変そうという理由で止めました。
後から建築士のNさんに聞いた話では、この物件は歪みが出ている欠陥住宅だという話でした。

不動産屋Bには他に建築条件付き土地【土地2】も紹介されました。
立地条件は申し分なかったので、ちょっと検討してみることにしました。

この間に、他にも気になった輸入中古住宅がありました。
2x6の暖炉付き輸入住宅です(笑)
残念ながら先に買い手が付いてしまって、見れずじまいでした。
一瞬、「暖炉」というキーワードに脳内が染まったのですが(笑)
この頃には完成した家を買うという考えは無くなっており、建売を買うにしても有る程度注文を出したいと思う様になってました。
キッチンやバスタブや換気扇などのカタログを色々と集めたりし始めてます。

家探しを始めた当初にあった要望は、これくらいでした。
○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい。
○共通の要望
・広いLDKが欲しい。
・車があるので、駐車スペースが必要。

これに、更に要望が加わって来ました。
○私の要望
・ちょっとした燻製なら部屋の中でやるので、換気は良くしたい。
○家内の要望
・対面キッチンで、対面の上部に吊戸棚は不要。キッチンからリビングが見渡せるようにしたい。
・オープンキッチンにはしたいがフルフラットではなく、手元が隠れる事。

燻製は庭でやれば良いじゃないかと思われるかも知れませんが、換気扇のフィルターを通した方がまだご近所に迷惑じゃないんじゃないかというのが、私なりのせめてもの気遣いでもあります。他にも、雨の日狙ったり明け方にやったり、一応気をつかってるつもりです。
以前住んでいたアパートはシロッコファンで強弱スイッチが付いてまして、「強」にしとけば問題なく排気できていました。
でも今の家はプロペラファンでオン・オフスイッチしかなくて、「強」ってのが無いので排気能力に難ありなのです。
と言うわけで、人一倍換気には興味がありました。
このあたりの部材の話は、後でまたまとめて書くつもりです。

物件探し7:【土地2】に続きます)

2008年2月 5日 (火)

物件探し5:【土地1】

しばらく燻製ネタを引っ張りましたが、今日からまた時間を戻して物件探しの記録を書いてみます。

物件探し4:設計事務所との出会いの続きです。

■2007年10月1日(月)
起き抜けにネットで物件見ていたら、気になった土地がK設計事務所に近かったので、メールで相談してみたら設計士のNさんがさっそく現地を見に行ってくれました。
動きが軽くてありがたいです。感想は好感触でした。
気になってしょうがないので、会社終わってから、平日だというのに車で見に出かけました。今の家からだと、道の混み具合にもよりますが、車で大体1時間くらいの距離です。
この土地を【土地1】と呼ぶことにします。
【土地1】は交差点に面した変形地でした。潰れた台形のような形です。注文住宅にするんなら、「変形地てむしろ面白いものが出来るんじゃなかろうか」という、漠然とした無責任な考えもあったりして、個人的にはあまりデメリットとは思いませんでした。
その他スペックとしては、建蔽率80%、容積率200%、建築条件なし、市街化地域、近隣商業地域、角地の更地。
90平米超でそんなに広くはない上に計画道路で8平米削られる予定というのはデメリットです。
しかし思ったより繁華街に近く、立地にはかなりのメリットを感じました。
燻製するのにも角地は風通しがよさそうで魅力ですが、県道と市道に面している為に交通量が結構あります。

しかし最初は「注文住宅なんてエネルギー無い」なんて考えていたくせに、平日夜に物件見に行くなんて、ほんの一週間程の間にすっかり変わって、エネルギー満開ですね^^;

■2007年10月3日(水)
【土地1】を断念しました。やはり交通量がネックでした。

・車の出し入れが困難
・洗濯物を干せるのか
・空気は悪くないのか
・騒音問題は気にならないか
・振動は気にならないか

これらのポイントがクリアできませんでした。

この頃から、中古住宅をリフォームする「リノベーション」という考えも視野に入ってきました。
新しく開発した宅地ならともかく、既存の良い土地には既に人が住んでるんですよね。。
家を買おうと思った動機の一つには住宅ローン減税が有るわけで、2008年の年末までには入居しなきゃいけません。もし設計事務所での注文住宅にするなら、逆算すると土地は2007年には見つけないと厳しいです。(大手ハウスメーカーなら早く建ちますが)
という時間的制約もあり、更地に拘らずに探す事にしました。
また、この頃にはハザードマップなどもチェックして住みたいエリアも、次第に決まりつつありました。

物件探し6:【中古住宅1】へ続きます)

2008年2月 4日 (月)

スモーカー

燻製するには、ある程度煙を閉じ込めた方が効率的です。
燻製の基本については燻製についてを参照ください。

これが普段一番良く使っているスモーカーです。
DIYショップで 3,000円くらいだったと思います。

コンロなどで熱しながらチップを使えば熱燻になります。
スモークウッドを使って、扉や蓋の空き具合を調節してやれば、温燻になります。
真冬に野外でスモークウッドを使って蓋全開にすれば、冷燻にならないこともないですが。。ちょっと無理目です。

ちょっとがんばれば運べるので、花見やBBQの時に持って行く事もあります。



実家へ帰る時は飛行機なので、上記のスモーカーは持って帰れません。
そういう時には段ボールでもできます。
空気穴をあけて、中に具材を保持できるように網を固定できるように針金などを通したりすればOKです。

まあでも、何しろ燃える素材なので、燃え上がらないように気を付けてください。
屋内では使わない方が吉です(笑



温度を上げるのは簡単ですが、下げるのは難しいです。
冷燻するには、チップやウッドを燃やす箱と具材を入れる箱を別にして煙突状のもので繋ぐのが一般的です。
世の中には、冷蔵庫を丸ごとスモーカーにしちゃった人も居ますが。
私は、一斗缶で自作しました。一斗缶はケンタッキーで頼めばタダで貰えました。
普通は具材を入れる箱を上に作るのですが、それでは場所を取ってしまうので、横に並べた一斗缶の間をパイプで繋ぎ、PC用の直流ファンを電池で駆動して無理やり煙を回しています。
ひょっとして、いやきっとおそらく世界初のファン付きスモーカーかも知れませんw
パイプはジャバラになって伸びるので、延ばして水冷&箱をアイスノンなどで冷やせば、一応夏でも冷燻が出来ます^^

2008年2月 3日 (日)

簡単燻製レシピ

ちゃんとした燻製は、塩漬け期間などで数日〜数週間かりますが、お手軽な燻製レシピを幾つか紹介してみます。

■アジの開き燻

干物なら何でも良いです。
できれば、あらかじめ冷蔵庫から出して常温にしておくほうがベターかとは思いますが、どうでも良いです。
冷凍の場合は、解凍くらいはしときましょう^^
熱燻1時間、以上です。
和風な燻製で、とってもご飯が進みます^^

■ハンバーグ燻

ハンバーグを用意します。スーパーで焼くだけになった状態の生ハンバーグタネを買ってくれば手軽です。
レトルトのソースに漬かってるウェットなのは向かないと思います。
熱燻で適当に1時間ほど燻します。
油使わないんでヘルシーといえばヘルシーなのかもしれません。
手作りの美味しいハンバーグは普通に焼いた方が美味しいかも知れませんが、出来合いのが安く売ってたらタマには良いかもです。

■ハードスモークサーモン

甘塩のシャケを買って来ます。
熱燻で適当に30分ほど燻します。
ちゃんと本格的なスモークになります^^

■スモークサーモンフレーク

シャケ缶を、手でギュっと絞ります。
アルミ箔で皿を作って、そこに絞ったシャケを乗せてフォークなどでほぐします。
熱燻でも温燻でも良いです。何かほかの物を燻製するときについでに脇に入れとく感じで作る事が多いです。
途中何度かフォークなどで混ぜ返して、全体に香りが付くようにしながら、30分から数時間。ノリでOKです。
タマネギ刻んだのと一緒にマヨネーズで和えると、トーストやクラッカーに乗っけてもいいし、ご飯にも合います^^

2008年2月 2日 (土)

燻製について


物件探しの話が続くとどうしても文字ばかりになってしまいます。買わなかった、他人様の家の写真を勝手にアップするのもどうかと思いますしね^^;
今日は気分を変えて、燻製の事について書いてみます。

■概略
皆さんは燻製というと何を思い浮かべるでしょうか。
イカくん、ササミの燻製、スモークチーズ、スモークサーモン、スモークチキン、スモークオイスターなどは名前になってますから分かりやすいですね。
ベーコン、サラミ、ソーセージ、ハムなども日常的に見かける燻製品です。(生ハムの一部などは燻製しないものもあります)
このほか、鰹節も燻製してますし東北地方の「いぶりがっこ」などはタクアンを燻製にしたものです。
これらのうち一部の安価な大量生産品には、実際には煙はかけずに薫液に浸してフレーバーを付加しただけのものもあります。しかしやはりちゃんと作ったものはまるで別物です。

燻製作りの基本的な流れは、
[塩漬け]→[塩抜き]→[乾燥]→[燻煙]
となります。
一度強めに塩漬けして塩抜きするのは一見無駄にも見えますが、塩漬けは単に塩味をつけるだけではなく、熟成する期間でもあります。生肉と生ハムの違いを考えて貰えれば分かりやすいかと思います。この熟成期間にはある程度以上の塩を使わないと、腐敗の危険が出てきます。
この塩漬けの時に色んなスパイスやハーブを組み合わせるのがまた、面白いです^^
■塩漬けの種類
塩漬けの方法には、大きく分けて2種類あります。
乾塩法(ふり塩法)
 直接塩をすりこみます。
 スパイスを効かせるにはこの乾塩法が適していると思います。
 短期間で出来ますが、ムラができやすいです。

湿塩法(たて塩法、ソミュール法)
 塩水に漬け込みます。
 日本の干物を作るのもこの方法です。

■燻製の温度
煙をかけることで色がついて風味が増すだけでなく、煙に含まれるフェノール類やアルデヒド類による抗酸化作用や抗菌防虫高価が期待できます。
燻煙する温度別に3種類に分けられる事が多いです。

熱燻
 80度以上で、大体1時間以内で燻煙します。燻製と同時に加熱調理することになります。
 干物とかシューマイとか甘塩シャケといった半製品の燻製に良く使います。
 或いは、10分程度の瞬間燻製(別名簡単燻製)でも使います。
 温度管理が楽、というかほとんど管理しないので、非常に楽です。
 保存性は良くないです。ちゃっと作ってすぐに食べるもの向きです。

温燻
 肉や魚を、硬くならない温度で燻煙します。水分もある程度残ります。燻す時間は大体数時間です。
 30度くらいから温燻とよぶみたいですが、雑菌が繁殖しやすい温度を長時間キープするのは、衛生上の気配りが大変かと思います。殺菌効果も狙って60〜75度くらいでやる事が多いです。
 ベーコン、ハム、ソーセージなど、一番メニューも豊富な温度帯です。(ハムやソーセージなどは、燻煙だけでなくボイルもします)
 保存性は中程度で、冷蔵すればソコソコもちます。

冷燻
 30度以下の薫煙を冷燻と呼ぶみたいですが、素材の鮮度の事を考えると一般には20度以下のレシピが多いのではないでしょうか。
 数時間から、モノによっては数日以上燻煙したり熟成させたりを繰り返しながら、燻します。
 火を通したくない生ハム、ソフトスモークサーモン、半熟燻卵などはこの温度帯で燻煙します。
 保存性は一番良いです。

■燻煙材
チップ
 木材をチップ状に粉砕したもので、燻煙にはガスコンロや電気コンロや炭・薪などの外部熱源が必要です。
 熱燻では主にチップを使います。
 袋詰めか、缶詰め(と言っても、缶の中に袋詰めが入ってる)で売ってます。
 火を使う関係上、基本的にそばについている必要があります。
 サーモスタットと電気コンロの組み合わせで温度調節を自動化されている方もいらっしゃいます。

スモークウッド
 木材を粉末状にしたものを棒状に結着したもので、一度着火すれば熱源は不要です。着火剤が塗ってあるものもあります。
 スモークウッドを使うと温度管理が楽になります。特に温度を上げたくない場合には便利です。
 燃え尽きたら自然に消えますし、炎が上がる事もありませんので、そばに付いている必要はないでしょう。
 ただし、スモークウッドはメーカーによって結構差があります。燃焼時間はだいたい2〜4時間になってるようですが、サイズや煙の出方には差があります。
 面倒でなければ、比較的大きなものを購入してノコで切って調節して使うと便利です。
 太さを詰めてやれば煙の量が調節できますし、温度も下げられます。ウッドのコストも半分にできます(笑
 長さを詰めてやれば燃焼時間を調節できますが、そもそも小型スモーカーには大きいウッドは長すぎます。。燃焼時間を延ばしたい時は、ハジを重ねるように複数並べてやると良いです。
 太さ詰めるのには糸ノコが良いですが、長さ詰めるのはカッターでも簡単に出来ます。

詳しいレシピについては、また回を改めて書いてみます^^

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村