« BBQについて | トップページ | 不動産業者を選ぶ »

2008年1月17日 (木)

どんな家に住みたいのか

家を買おうとは思ったものの、決まっているのは「郊外の一軒家」というだけ。
ネットで値段だけで探しても膨大な数がヒットしますので、要望を絞り込まないと、探しようがありません。

■注文住宅か建売か
まず一軒家といっても、その枠の中にも幾つか選択肢があります。
大きくは

  • 新築注文住宅
  • 新築建売
  • 中古住宅

の3つでしょう。
注文住宅は好きに作れる反面、壁紙の色やドアノブやコンセントや、決めないといけないことが沢山あって膨大なエネルギーが必要な印象です。予算も引渡しまでの期間も多めにかかります。
ということで、まずは建売住宅にターゲットを絞りました。

■どんな暮らしがしたいのか
「どんな家に住みたいか」という事も重要ですが、「その家でどんな暮らしをしたいか/できるか」という観点が重要です。
買って終わりなのではなく、そこに住み始める訳ですから。

○私の要望
・BBQしたいので、庭か広いベランダが欲しい。
○家内の要望
・開放的なキッチンにしたい
○共通の要望
・広いLDKが欲しい
・車があるので、駐車スペースが必要

最初はこれくらいだったと思います。
何しろ私がイキナリ突っ走りだしたので、この時点では家内は全く付いて来れてませんでした^^;

■第三者の意見を聞く
基本的に、人間はミスをします。
後で「ここはこうすれば良かった」なんて見落としを減らす為には、第三者の目が必要だと思います。
設計事務所や不動産屋さんは利害が絡むので、利害関係のない人の意見が重要だと考えました。
具体的には、東京晴海にある晴海デザインセンター(現:住まいづくりナビセンター)で、「住まいの計画書作り」というのをやりました。
最初に行って申込して、その後全3回のコースで本来は2万円でしたが、キャンペーン中で5千円でした。有料ですが、設計士さんが相談に乗ってくれます。
私たちは実際には物件探しをしながら平行してこの作業をやりましたが、興味のある方がいらしたら是非早いうちにやってみることをお勧めします。
実際、私と家内の2人だけで話すよりも、第三者を交えて話をすることで、冷静・公平に話もできますし多面的な見方が出来たと思います。

この結果出てきた私たちの家のテーマは「食と音楽を楽しめる明るい家」というものでした。
これはなかなか的を得ていたと思います。
「完成して、さあ住んで下さい、という家よりも住みながら手を入れて行くのが好きなんじゃないですか」と言われたのも印象的でした。
予算や時間には限りがありますから、色んな局面で取捨選択を迫られますが、何がしたいのか分からない家になってしまわない為に、早い時期にテーマを決めるというのはとても良かったと思っています。

更にいろいろと物件を見て行くうちに

  • 駅からは2キロくらいの距離
  • 日当たりと風通しの良い家
  • リビングを見渡せるキッチン

といった条件が次第に加わって、求める家の像が明確になって行きました。

« BBQについて | トップページ | 不動産業者を選ぶ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家探し」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そういう話し合いって必要ですよね。帰ったら聞いてみます。

なかなかに、どちらかが主体となってしまいがちですよね。一緒に住んでると、ぶっちゃけて話合う事って意識してやらないと出来ませんよね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487607

この記事へのトラックバック一覧です: どんな家に住みたいのか:

« BBQについて | トップページ | 不動産業者を選ぶ »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト