« どんな家に住みたいのか | トップページ | 不動産探しの基礎用語(1) »

2008年1月21日 (月)

不動産業者を選ぶ

家を買うのはもちろん初めてですが、引越し経験だけは人並み以上にあります。
今までの経験で言えば、不動産屋さんにもそれぞれ得意分野があります。
まずは自分の好みの物件を扱っている不動産屋さんを探して、その人に要求を伝えて探してもらうのが良いと思います。
自分の考えを理解してくれる営業さんと巡り合えるかどうかも、非常に重要です。これは運次第のところもありますけども。
基本的にはあちこちに頼むよりも一人の人にじっくり要望を伝えて、「あなたから買います」オーラを出しておく(約束などはしないように気を付けましたが)事で、相手も真剣に探してくれると思います。

時系列が前後してますが、最初の不動産屋さんにアポイントを取ったのはまだ場所が絞り込めてない時期でした。
先に場所が決まっているなら、地元の不動産屋さんに頼むのも良いかも知れません。

そういった事情もあり、私の場合はネットでいろいろ物件を見て回り、自分の琴線に触れる物件を複数扱っていた不動産屋にアポをとりました。

« どんな家に住みたいのか | トップページ | 不動産探しの基礎用語(1) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

家探し」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ネットの物件ってもういっぱいになっているイメージが強いのですが、見つかりやすいですか?

こんにちは。BBQ大好きでここにたどり着きました。これからも拝見させていただきます。宜しくお願いします。

美咲さんBBQネタもぼちぼち書きますね^^よろしくお願いします^^ 健太さん良い物件はネットに流れる前に業者に抑えられる、という話は良く聞きますね。私は素人なので真偽は分かりませんが。住みたい土地が決まってるなら、地元の不動産屋に飛び込んでみるという手は確かにあると思います。でもネットで物件そのものを探すというのではなく、ネットで自分好みの物件を扱ってる不動産屋を探す為にネットで検索してみる、という使い方はあるんじゃないでしょうか。一方「不動産に掘り出し物はない」とも言います。そう割り切れば、ネットで探すというのもありかも知れません。他の人のデメリットが自分には大したデメリットではなく、自分にとってはコストパフォーマンスが良い、という場合もあるかと思うのですが、どうでしょう?^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491554/39487608

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産業者を選ぶ:

« どんな家に住みたいのか | トップページ | 不動産探しの基礎用語(1) »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト