インデックス

カテゴリーだけだと、時系列で頭からまとめて読むのめんどくさい気がしてたので、インデックス作ってみました。

» 続きを読む

2019年5月15日 (水)

受験ブログ引越し

なんのブログか分かんなくなってきたので、受験関係は引っ越す事にしました。


https://ameblo.jp/hiroksoe/

SAPIXのテスト

 SAPIXでは毎月のようにテストがあって、テストによっては再度学力別にクラスが組分けされます。
(組分けと関係のない復習テストも存在します)
テストのない月もありますが、組分けテストと復習テストの2回テストがある月もあるので、平均したら大体毎月何かしらのテストがある感じです。
テスト慣れも必要ですし、私が子供の頃行ってた塾は1週間自宅学習して日曜日だけ行ってテストを受ける方式だったので、それに比べたら少ないし、これぐらい大変てことはないと思ってます。

テスト翌日には答案がスキャンされてWebで確認でき、その数日後には採点された答案と点数がアップされ、追って順位や偏差値などもWebにアップされ、その後組分けのボーダーが発表されます。
なかなかのスピード感だと思います。

息子は国語は得意なのですが、算数は比較的弱い。
と言っても入塾テストでは算数も平均点よりは上だったのですが、3月に初めて受けた国語・算数2科目の組分けテスト(2月は実施されず)では、国語も奮わなかったけど算数が偏差値50切った(49.1)のが足を引っ張って偏差値54.7、順位も2,400番台となり、2番目のクラスに落ちてしまいました。
宿題を見ていて算数も伸びてきたと思っていたのですが、他の子も頑張っているようです。
もちろん息子のミスもあったのですが。

3月組分けテスト2週間後の4科目の復習テストではそこそこ(偏差値61.6、600番台)で、その成績なら1番目のクラスだったと思うんですが、まあまだこの時期で一喜一憂してもしょうがないですね。

4月組分けテストでは4科目で偏差値59.5、順位1,600番台。
国語の偏差値70.1、入塾テスト以来の2桁順位は立派でしたが、前回の復習テストで好調だった理科・社会が足を引っ張った(特に社会は偏差値50切り)のは、春期講習行かずに家族で台湾旅行行ってため、習ってないトコが出たのでしょう。
春期講習行ってないのにそんなに悪くなかったのは凄い。
ギリギリでなんとか一番上のクラスに返り咲きました。

2019年5月14日 (火)

SAPIXの長期休みと講習

 SAPIXでは春休みには通常授業はなく、春期講習があります。日程的には春休みの前半くらいです。
料金は授業とは別料金になります。

夏休みはまた通常授業の代わりに夏期講習があり、最初の週とお盆の週と最終週はお休みで、前半は2日の休みを挟みながら10日(期間は12日)、後半は1日休みを挟んで4日間(期間は5日)の予定です。
冬休みはまだ分からないので、分かったらまた書きます。

今年は入塾前に春休みに旅行の計画を入れていたので春期講習はお休みしましたが、休むとその分の授業内容はスキップされてしまうことになります。
次の復習テストは春期講習の内容も出題範囲になりますので、不利になります。
今後は長期休み中の泊りがけ旅行は日程が限られるようになりました。

旅行先にSAPIXがあればそちらに行く事も出来ると聞いた気がしますが、私の実家である宮崎にはSAPIX無いんですよね。。
私の夏休みはSAPIXの休みに合わせて取る事になりそうです。
 

2019年5月13日 (月)

SAPIXの宿題

事前に聞いてはいましたが、宿題(復習)の量は結構多いです
が、これは正しいと私は思います。
学生時代の塾講師や家庭教師のアルバイトの経験上、週7日付きっ切りで教えて貰うのでない限り、塾に居る時間よりも家庭学習の時間の方がどうしたって長い。
もしも、塾に居る間だけの勉強で成績何とかしようなんて考えてる人が居るとしたら、それは甘いと考えています。
家庭で如何に学習するかこそが最も重要なのだと思います。

逆に、週7日付きっ切りで教えて貰って合格したところで、入学後の授業に付いて行けなくて、学校の授業に付いていく為の塾通いをする事になるのではないでしょうか。
自宅で学習する習慣を付けること、教えて貰う受け身の体制ではなく、主体的に学習する姿勢を身に付ける事が大事なんだと思います。
勉強する事が苦にならなくなれば、むしろそれこそが受験で得られる一番の財産になるように思います。

SAPIXのある日は宿題をやる時間はないので、残りの5日間で宿題をこなすことになりますが、国語・算数・理科・社会の4教科で毎日合計2時間以上掛かっています。
集中してやればもっと短縮できそうなもんですが、まだそんなに集中力が続かないようです。
まだ自分で時間管理やペース配分が出来ないので、時間割を作ってやり、平日2P週末3Pといった感じでペース配分も指示しました。
宿題の答え合わせをして解説もしてやろうとすると、親も時間取られます。分からないと質問されたりもするし。
私がいつも見てやれればいいのですが、平日は時間的に厳しいので、妻に見てもらってます。
妻は家事しながらになるので、負担かけてしまってます。
経験者は分かると思うのですが、中学受験の算数は特殊で、方程式使えば簡単に出せる答えを方程式を使わずに解いたり、三平方の定理使えばすぐ解ける問題を補助線一発で解いたりなど、閃きを要求されるようなところがあります。
中学受験未経験の妻では教えきれない場合もあるようで、そういう場合は私が補足します。

息子の通う小学校は公立なのに名門と呼ばれてる歴史のある学校で、その為か宿題も多いんです。
漢字や計算のドリルだけでなく、音読・読書・体育の宿題などもあるので、SAPIXの宿題もあることを考えると宿題が多くてちょっと可哀そうにも思いますが、だからと言って「学校の宿題はやらなくて良い」という訳にも行きませんのでね。。
もしもこの先、息子にとってあまりにレベルの低い宿題が大量に出るような事があれば、先生に相談するかも知れませんが。。

2019年5月12日 (日)

通塾について

学年や校舎により異なるかも知れませんが、息子の場合は授業は水・金の17時~20時、授業前の30分は任意参加のテストがあります。
3年生の間はちょうど水・金は学校の授業が5時限しかないので、帰宅して15時半、それから車で駅に送って電車で向かえば16時半に間に合っていました。
4年生からは水金も6時限になり一旦帰宅していると間に合わないため、妻に車で学校に迎えに行ってそのまま駅に向かって貰っています。

塾のある駅は私の通勤路なので、帰りは塾まで迎えに行きます。
仕事の都合で迎えに行けない時は、妻に車で迎えに行ってもらっています。車だと片道1時間ほどです。途中踏切で必ず混むところがあるので、電車の方が早いんですね。
ある程度大きくなったら一人で通ってもらうことも検討しますが、とりあえず今はこの体制です。

ちなみに、行きは駅から塾までにある横断歩道には、SAPIXで雇った警備員のおじいちゃんが立ってくれてます。
帰りは先生が集団で駅までは連れてってくれるようです。

20時に授業が終わると、帰宅するのは基本21時前になります。
妻が車で迎えに行った場合は21時を過ぎます。
それからご飯とお風呂になるので、就寝時間は22時が目標です。しばしば過ぎてしまいますが。
これまでは21時を就寝時間としていたので、曜日限定とはいえ生活サイクルが変わってしまいました。
(SAPIXの無い日はやはり21時就寝としています)

2019年5月11日 (土)

塾選び3(SAPIXに決定、入塾)

SAPIXの説明会に参加してみて。

授業の内容をDVDで見て、一方的に教えられるのではなく双方向で興味を引き出してくれる授業内容が、普段から積極的に発言したがる息子には向いているように思われました。
加えて、もっと小さい年次からクラスはあって、3年生までは学校の学年を超えた内容はやってなかったけど4年生からは上の学年の内容に進んでいく事。(4年からSAPIX行ってないと、後で苦労するのではないか)
(後から調べたら、5年までで6年過程終了するらしい)
新学年の授業が2月から始まる事など。
話を聞いていて、指導方針も共感できるように思われました。

これらの理由から、渋る妻子を説得してすぐに行われた入塾テストを受けさせると、息子は問題なくクリア。
在校生の学力別クラス分けも兼ねているので、在校生も含めたテストだったと思います。
算数・国語の2教科で偏差値63.6、順位は全体の400番台、学力別クラス編成4組(1クラス20名)の一番上のDクラスに入ることになりました。
というか、4月時点でまだこの時の偏差値・順位を更新できていませんがw
国語の偏差値68.2、2桁順位は褒めてあげました。
(大雑把に言って、息子の通う校舎の同学年人数は全体の1%程度です)

ちなみに4年生以上は当該校舎の生徒数が増えて5クラス以上になると、一番上のクラスはαクラスというのになるらしいです。
人数の多い校舎ではさらにα1・α2とかになるんだとか。
入れ替えがあるということは、クラス間で進度の差は無いんじゃないかと思いますが、噂によると深度が違うみたいですね。
塾側もαクラスの指導に力を入れているので、αを目指してキープする、というのがまず目標とされているようです。
毎月のように再組分けされますが、いきなり2クラス上がったり下がったりということはなく、1クラス上下するだけの様です。
深度が違うから下位のクラスからαに上がっていくのは難しいと言われているらしく、この4年の最初の組分けでαクラス目指して対策してくる内部生もいるみたいです。
息子の校舎も早く生徒増えて5クラスにならないかな~。

検索してみると、SAPIXの授業に付いていく、クラスアップする為の塾とかもあるみたいですね。
塾の塾まで行ってやっと入れるような学校行っても、入学してから授業付いていけないんじゃないかと思うけどな。。
中学合格はゴールじゃないですからね
大学の合格も。
環境が人を作る部分もあるけど、度を過ぎると不幸な気がするな。

2019年5月10日 (金)

塾選び2(SAPIX?)

3年の年末時点までは、市内にある日能研か早稲田アカデミーのどちらかに通わせるつもりで、この2校の短期講習とかに参加させていました。
しかし、いざちゃんと調べてみると関東のいわゆる難関校への合格実績では今はSAPIXが圧倒的です。

2019年実績(在籍者数 5516名) 
筑駒:73人(定員120人、合格者129人)
 1次選考:1/16 2次選考2/3 合格発表:2/5 入学手続説明会:2/11 入学手続き2/14~2/15
開成:273人(定員300人、合格者396人、入学者308人)
 試験日:2/1 合格発表:2/3 入学手続き:2/4 合格者説明会:2/11
麻布:183人(定員300人、合格者376人)
 試験日:2/1 合格発表:2/3 入学許可者説明会:2/11
武蔵:55人(定員160人、合格者186人、入学者176人)
 試験日:2/1 合格発表:2/3 入学手続き:2/3~2/5 入学前説明会:2/11
 
(灘に関しては31名と少ないですが、SAPIXが関西進出してまだ年数が浅く現時点で関西には4校しかない為と思われます。灘では浜学園が圧倒的です。)
 
塾によってはテスト受けただけの人数も計上してる所もよくあるみたいですが、SAPIXの数字は「内部生手続きを行い、継続的かつ2019年1月まで在籍した生徒のみ」とのことです。
説明会で聞いた時の数字は上位難関校ではダブルカウント(同じ生徒が複数の学校に合格する)も省いているという話でしたが、HPには記載がないのでこれは不明です。
しかし、開成・麻布・武蔵て試験日同じなのね。。併願できないのか、キツいなあ。
 
SAPIXは授業料だけ比べると他塾より高いのですが、他塾は教材代が別になってたりするみたいで、実際はそれほど差は無いようです。
それでも若干高めかとは思いますが。
 
しかし、問題は私の住む川越にはSAPIXがない。。埼玉で人口3位なのに。。(1位はさいたま市、2位は川口市、所沢に抜かれた事はありますが今は川越が3位)
川越から近い校舎は大宮か所沢でどちらも電車で30分程度ですが、授業終わりの時間が20時になるので、小3・小4では一人で電車で塾に通わせるのは不安です。
 
一旦は市内の塾に入れて、もう少し大きくなってからSAPIXに移るという案も考えました。
 
そんな中、息子が小3の1月にSAPIXの説明会がある事を知り、行ってみました。

2019年5月 9日 (木)

塾選び1

2009年生まれ、現時点(2019年度)で小学4年生の息子の中学受験について、記録していきます。

ずっと前から、息子は中学受験するんだろうと思ってました。
私自身中学受験して、当時西日本では灘に次ぐ2番手と言われていた中高一貫校に行きましたが、それというのも小5の時に公立の授業の進みの遅さがストレスで学校行かなくなった時期があり、中学受験用の塾に行き始めて広い世界を知ってまた学校に行けるようになった、という経緯があったのでした。
以前から息子には勉強の習慣をつけさせる為に公文の国語と算数をやらせていましたが、算数は繰り返し計算問題やるのが苦痛みたいで1学年進んだ程度だったものの、国語は小3で中学過程まで進んでましたので、やはり私と同じ道を辿って、いずれ公立では授業の進みの遅さがストレスになるんだろうと思っています。
小4になったばかりの息子は、まだ「地元の公立でも良いじゃないか」と思ってるみたいですが。

ベネッセのデータによると、1987年から2008年までの私立中学進学人口と受験率は、90年代に若干減少しているもののほぼ右肩上がり。
エデュナビというサイトのデータによると、受験率は2008年をピークに2015年までは減少していますが、その後はまた右肩上がり。
私の頃(80年代)と比べて受験率は倍増して競争激化しているみたいなので、いざ受験したいと言い出した時に手遅れになってないよう、私の時より1年早く小4(正確には小3の三学期)から中学受験用の塾を真剣に検討し始めました。

スポーツやらせても続かず、音楽教室は続いてたけど言われないと積極的に練習しない息子に、ただ漫然とゲームしたり動画見たりして過ごすだけではなく「これは負けない」「これは頑張った」と言えるものを持たせたい、という思いもあります。
スポーツでも音楽でも自分で一生懸命になれるものが見つかるんならそれはそれで応援するけど、無いんなら勉強でもしとけと。
何かを頑張った経験は、いつか壁にぶつかった時に「俺まだ頑張れる」という源になると思いますので。

2018年7月15日 (日)

素麺流しBBQ

宮崎鹿児島あたりでは、「流し素麺」ではなく「素麺流し」と呼びます。
宮崎出身で中高鹿児島なので、「素麺流し」です(*≧∀≦*)

息子が幼稚園の頃から毎年やってる、息子の親友宅での素麺流し。
今年は海の日三連休の初日にやってました。

僕はBBQ係で10時から現地入りして準備してましたが、9時前にもう「暑くて動きたく無い」と思う程ヤバイ暑さでしたw

鳥の丸焼きは、前夜にハーブスパイス塩刷り込んでスモークしてあります。

焼けるのに2時間位かかるので、先に焼き始めます。

2018071501

» 続きを読む

2018年4月 9日 (月)

葉桜見BBQ

花見BBQのつもりで企画してたんですが、今年は桜が早かったので、花は残ってなかったですw

家でやる事が多いので、公園でやるのは珍しいです。

2018040901

炭熾しはチムニースターターにお任せ。

2018040902

風があって肌寒かったので、モツ煮作っといて良かったです。
保温鍋で持って行きました。

2018040907

時間の掛かる鳥丸焼きから。
ハーブ塩すりこんでスモークしてあります。

2018040903

マグロのカマも、塩とハーブで味付けしてスモーク済み。

2018040904

フリフリチキンも投入。

2018040905

子供には、餃子の皮のミニピザが鉄板メニュー

2018040906

写真撮ってなかったけど、バーニャカウダ、コールスロー、牛の厚切りステーキなどもやりました。
鳥丸とコールスローでサンドイッチにして食べるのが旨いっす。

«スタッドレス履き替え

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログ村

ブログ村リスト